技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】

人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。

2024年03月05日 05時00分 公開
[Pratima HarigunaniTechTarget]

関連キーワード

AMD | 人工知能 | CPU


 プロセッサベンダーAdvanced Micro Devices(AMD)は、4億ドル(約590億円)を投資し、インドのバンガロールに同社最大の設計センターを開設した。半導体の設計や人工知能(AI)技術を専門とする技術者を集める。AMD最高技術責任者(CTO)のマーク・ペーパーマスター氏に、なぜインドの技術者を集め、何を開発するのかを具体的に聞いた。

インドの技術者を大量採用 AMDが進める半導体開発とは?

―― インドに積極的に投資している背景や狙いを教えてください。

ペーパーマスター氏 インドにAMD最大の設計センターを開設できたことをとてもうれしく思っている。当社がインドに拠点を置いて20年近くになる。インドはAMDのグローバル戦略において不可欠な国だ。当社の製品全体で開発に深く関与している。今回の新しい設計センターでは、2028年末までに4億ドルの投資を実施する。インド全域から約3000人の技術者を新たに雇用することを計画している。

 今回、当社がインドに大規模な開発拠点を置くことにしたのは、現地で優秀な人材を獲得しやすいと考えたからだ。新しい設計センターは約4万6450平方メートルの広さを持つ。ここではCPU(中央処理装置)やGPU(グラフィックス処理装置)はもちろん、機械学習を含めてAI技術の研究開発に注力する。AMDは2022年、同業のXilinxとPensando Systemsを買収し、事業と従業員の基盤強化につなげた。「人」に投資してAI分野での成長を図りたい。

―― Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftといったクラウドベンダーが、自社で独自に開発したプロセッサを取り入れる動きがあります。これをどう捉えていますか。

ペーパーマスター氏 AI技術は急速に進化しており、さまざまな業界に浸透しつつある。そうした中で、AI技術を利用しやすくするためのさまざまなハードウェアの需要が高まっている。1種類のプロセッサでAI技術をフル活用できるわけではない。ほとんどの場合はCPUやGPUの他、現場でプログラム可能な集積回路「FPGA」(Field Programmable Gate Array)や、特定用途向け集積回路「ASIC」(Application Specific Integrated Circuit)などを組み合わせて使う必要がある。

 特定のアルゴリズムにおいては、独自設計のプロセッサの方が経済的になることがある。アルゴリズムにさらなるプログラマビリティー(プログラム可能な特性)が必要な場合は、CPUやGPU、FPGAが必要になる。

―― AMDは2023年12月、GPU「Instinct MI300」シリーズを発表しました。この製品はどのような面でAI技術利用に最適化していますか。

ペーパーマスター氏 Instinct MI300シリーズはAI分野で用いるGPUとして、トップクラスの性能を誇ると自負している。高度なプログラミング機能や、AI処理を想定したソフトウェア「AMD ROCm」を採用し、ユーザー企業にとって「生成AI」(エンドユーザーの指示を基にテキストや画像、音声などのデータを生成するAI技術)などを利用しやすくしている。


 中編はAMDの製品をより詳細に解説しつつ、AI分野における同社の戦略を取り上げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。