デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「サーバは3年で更新」が最適解? 新製品のメリットを旧製品と比較・検証
あるレポートによると、データセンターのサーバは3年で更新するのがベストであると指摘されている。実際、新しいサーバへの更新でどれ程のメリットが得られるのか、レガシーサーバとの比較を通じて検証した。(2024/4/3)

あの大手も続々採用
AMD「NVIDIAに勝つ」は大げさではない? 攻めに出るGPU“永遠の二番手”
NVIDIAの競合となる半導体ベンダーAMDが、GPU製品を拡充するなど攻めに出ている。AI技術を活用するための半導体製品として、AMD製品を採用する動きも活発だ。AMD製品に対する評価とは。(2024/3/21)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【後編】
「AIチップはどう進化するのか」を決めるのはムーアの法則じゃない"あの法則"
AI技術用の半導体製品は、これからどう進化するのか。半導体の進化をけん引してきたムーアの法則は、今後の半導体の進化にも当てはまるのか。AMDのCTOに聞いた。(2024/3/19)

ネットワークを中心に広がる“買収の余波”
HPEによる「Juniper買収」で何がどうなる? 製品への影響とユーザーの反応
HPEは2024年1月にJuniper Networksの買収を発表した。両社には競合してきた事業領域もあれば、そうでない部分もある。買収の狙いと、それが製品群やユーザーにもたらす影響とは。(2024/3/12)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【中編】
「GPU」でも「APU」でも勝負 AMDが目指す“NVIDIAとの違い”
AI技術が台頭する中で一段と注目を集めるようになったのが、GPUを手掛けるプロセッサベンダーの動向だ。AMDはAI分野の動向をどう見ていて、どのようなプロセッサ製品を提供するのか。(2024/3/11)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】
技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは
人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。(2024/3/5)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【後編】
GoogleはマルチモーダルAI「Gemini」で“シェア拡大”となるか?
Googleは2023年末に発表した生成AI「Gemini」を発表。市場シェア拡大につなげる大きなチャンスとアナリストは見る。同社の戦略を解説する。(2024/2/21)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】
デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由
AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/2/14)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【後編】
LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー
生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。(2024/2/14)

抽選でノートPC、Amazonギフトカードが当たる
「2024年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名にLenovo ThinkPad X13 Gen4(AMD)(ノートPC)、10名に「Amazonギフトカード(3000円分)」をプレゼントいたします。(2024/2/16)

AppleやAMD、Qualcommも発想は同じ
実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?
IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/2/8)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【前編】
NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?
プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/2/7)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【前編】
GoogleのAIモデル「Gemini」は“まずコストとプロセッサが特徴的”と言える訳
2023年末にGoogleが発表したAIモデル「Gemini」。Googleの製品にはどのような変化をもたらすのか。GPUではなくGoogle独自プロセッサを利用することで期待できるメリットとは。(2024/2/6)

DPUを丸分かり解説【後編】
「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理
「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。(2024/2/2)

パススルーと仮想GPU【第4回】
仮想マシンで「GPU」を無駄なく使うためのモニタリング方法
「GPU」の貴重なコンピューティングリソースをできるだけ無駄なく使うには、その使用状況を適切に把握することが欠かせない。仮想マシンでGPUを使う場合のパフォーマンス測定方法とは。(2024/1/18)

「AI向けプロセッサ」の競争激化【後編】
Google「Gemini」やAMD「APU」は後発ではなくAI戦国時代の“予兆”では?
GoogleはAIモデルの「Gemini」や最新「TPU」を発表し、AMDはAI向けの最新プロセッサを発表するなど、AI市場の競争が本格化しようとしている。AI技術とプロセッサを取り巻く今後の行方は。(2024/1/15)

生成AIとLLMとNVIDIA【後編】
スパコンでも“快進撃”のNVIDIA その野望は続くのか、終わるのか?
NVIDIAは同社の製品がスーパーコンピュータ「JUPITER」に採用されたと発表した。これはどのような製品で、AI分野で使う場合にはどのような利点があるのか。NVIDIAの今後を含めて展望する。(2024/1/12)

パススルーと仮想GPU【第3回】
「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?
仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。(2024/1/11)

「AI向けプロセッサ」の競争激化【前編】
GPUより「APU」「TPU」こそ面白い理由とは? Geminiだけじゃなかった
AI向けのプロセッサ市場で支配的な立ち位置を築いてきた半導体ベンダーはNVIDIAだ。そこにAdvanced Micro Devices(AMD)とGoogleが、新たなプロセッサを携えてやって来る。その影響とは。(2024/1/7)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第1回】
全然壊れない「頑丈ノートPC」が存在する理由 なぜ普通は“きゃしゃ”なのか?
乱暴に扱われても壊れにくい「頑丈ノートPC」が存在する。なぜベンダーは全てのデバイスを頑丈に作らないのか。頑丈ノートPCが使われるのは、どのような用途なのか。(2023/12/31)

パススルーと仮想GPU【第2回】
複数VMで共有する「仮想GPU」とは? パススルーとの違いは?
GPUは、大量の計算処理やグラフィックスの処理を得意とする。これを仮想マシンに割り当てて使用する方法には主に2通りある。GPUのリソースを共有する方法を中心に紹介しよう。(2023/12/27)

パススルーと仮想GPU【第1回】
「GPU」を「仮想マシン」で使う その理由と割り当て方法
企業のインフラでは、従来使われてきたCPUに加えて「GPU」の役割が重要になりつつある。同じくインフラにおいて重要な仮想マシン(VM)でGPUを使う理由とは。具体的な方法と併せて解説する。(2023/12/21)

AMDの調査結果から読み解く
AIが使われない理由は「GPUがないから」とは限らない?
AMDがITリーダーを対象に実施した調査から、企業はAI技術に期待を抱いていても、必ずしも導入に踏み切っているわけではないことが分かった。企業がAIツールの導入をためらってしまう理由とは。(2023/12/5)

Windows用プロセッサ「今後の行方」【前編】
「Windows端末」にIntelではなくArmプロセッサ? NVIDIAの思惑とは
MicrosoftのOS「Windows」向けのプロセッサとしてはIntelのCPUが広く知られている。その状況にNVIDIAが挑戦状を出す。Windows端末やプロセッサ分野に与える影響とは。(2023/12/3)

AI市場で勝負するAMD【後編】
AMDがNVIDIAの「GPU独壇場」をぶち壊す単純なシナリオ
人工知能(AI)技術の市場で注目を集めるGPUベンダーNVIDIAに対して、同業AMDが対抗するための軸はオープンさになる可能性がある。猛追するAMDに勝算はあるのか。(2023/11/27)

AI市場で勝負するAMD【中編】
AMDが“NVIDIA猛追”にようやく動いた? 本格化する「GPU」覇権争い
GPUなどの半導体製品を提供するAMDは、AI開発に関連するソフトウェアを手掛ける企業を買収すると発表した。AI分野で注目を集めつつある競合NVIDIAに、AMDはどのような戦略で挑むのか。(2023/11/23)

AI市場で勝負するAMD【前編】
AMDのAIスタートアップ買収は“競合NVIDIA”への対抗になるか
半導体製品ベンダーAMDは、AI分野のスタートアップ買収を発表した。半導体製品を主軸にするAMDに、この買収はどのような影響をもたらすのか。その狙いとは。(2023/11/19)

コンピュテーショナルストレージへの期待【第3回】
SSDと違うコンピュテーショナルストレージの顔ぶれ どんな記憶装置なのか?
コンピュテーショナルストレージは、データ保管の役割を担うことは一般的なストレージと同じだ。違いはどこにあるのか。主要ベンダーと併せて紹介する。(2023/10/22)

CPU脆弱性「Downfall」の危険性と対策【第4回】
Skylake登場から8年 Intel製CPUの脆弱性「Downfall」の発見が遅れたのはなぜ?
Intel製CPUに脆弱性「Downfall」が見つかった。他ベンダーのCPUにも同様の脆弱性があるのだろうか。2015年に製品化したCPUの脆弱性の発見が、2023年まで掛かったのはなぜなのか。Google研究者の見方は。(2023/10/18)

コンピュテーショナルストレージへの期待【第2回】
「こんなSSDが欲しかった」に応える注目のコンピュテーショナルストレージ
SSDにデータ処理機能を組み込んだコンピュテーショナルストレージには幾つかの種類があり、さまざまな製品が登場してきている状況だ。注目製品と、コンピュテーショナルストレージの種類を紹介しよう。(2023/10/15)

コロナ禍の収束で見直すべき業務用PC【第4回】
「Intel vPro」や「AMD PRO」のノートPCを“あえて選ぶ”理由とは?
企業における働き方にさまざまな変化がある中で、業務の必需品となった「ノートPC」に求められる機能や、管理方法にも変化がある。企業が重宝する可能性のあるノートPCの一例を紹介する。(2023/9/28)

コロナ禍の収束で見直すべき業務用PC【第3回】
「ノートPC選びのプロ」だけが知っている“うれしいセキュリティ機能”とは?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックを経て、従業員の働き方は大きく変わった。業務の実態に合わせてノートPCを選定する場合、セキュリティ面ではどういった機能を考慮すべきなのか。(2023/9/25)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「デスクトップPC・ノートPC」についてのアンケート
アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名にLenovo ThinkPad X13 Gen4(AMD)(ノートPC)、10名に「Amazonギフトカード(3000円分)」をプレゼントいたします。(2023/8/23)

Appleの新SoC「M2 Ultra」とは【後編】
IntelやAMDのプロセッサとApple「M2 Ultra」の比較に“意味がない”のはなぜ?
Appleは「M2 Ultra」をはじめとする独自プロセッサの開発を続けている。IntelやAMDといった専業ベンダーのプロセッサとAppleのプロセッサは、実際のところ何が違うのか。そもそも両者の比較に意味はあるのか。(2023/7/29)

プロセッサ2大巨頭が異例の発表【前編】
IntelとNVIDIAが「ワークステーション」でまさかの協業 その本当の狙いは?
「CPU」や「GPU」の市場で競合することのあるIntelとNVIDIAは、共同でワークステーションを発表するという異例の動きに出た。両社の狙いは、本当に新型ワークステーションの発表だけなのか。(2023/7/24)

Appleの新SoC「M2 Ultra」とは【前編】
Apple「M2 Ultra」のすごい中身とは? 「M2 Max」×2の“変態”プロセッサ
「M2 Ultra」は、Appleの技術がぎっしり詰まったSoCだ。先代の「M1 Ultra」から着実に進化した、M2 Ultraのスペックを見てみよう。(2023/7/22)

Intel創業者ムーア氏の半生【後編】
Intelが共同創業者の故ムーア氏から受け継いだものとは?
Intel創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、自身もCEOを務め、Intelおよび半導体産業の成長に寄与した。Intelには今もムーア氏の考えが根付いているという。(2023/7/21)

Intel創業者ムーア氏の半生【前編】
「ムーアの法則」とIntel創業者の半生を振り返る
半導体ベンダーIntelの生みの親にして、半導体の進化の指標となった「ムーアの法則」を提唱したゴードン・ムーア氏が逝去した。ムーアの法則が生まれた背景を、同氏の半生と共に解説する。(2023/7/14)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「エンドポイントセキュリティ/EDR」に関するアンケート
アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名にLenovo ThinkPad X13 Gen3(AMD)(ノートPC)、10名に「Amazonギフトカード(3000円分)」をプレゼントいたします。(2023/4/28)

APACのCIOが重視するIT分野【第4回】
「AI技術」の“これだけは外せない”用途は? IDC調査から探る
APAC(アジア太平洋地域)のCIOは、人工知能(AI)技術をどのような用途に使おうと考えているのか。主要な用途をIDCの調査結果から探る。(2023/4/19)

APACのCIOが重視するIT分野【第3回】
「脱パブリッククラウド」を引き起こす“あの問題”とは
パブリッククラウドのシステムを別のインフラに移行させる動きがアジア太平洋地域(APAC)で起きていることが、IDCの調査で分かった。企業がインフラを選定する際に、何が問題になっているのか。(2023/4/12)

APACのCIOが重視するIT分野【第2回】
「脱パブリッククラウド」が当然のように起きている“意外な理由”
調査会社IDCの調査によれば、アジア太平洋地域の企業がパブリッククラウドから従来のデータセンターへとシステムを戻す傾向があることが分かった。何が理由なのか。(2023/4/5)

APACのCIOが重視するIT分野【第1回】
アジア太平洋のCIOが考える「懸念」と「重点分野」は? IDCが調査
調査会社IDCがアジア太平洋地域(APAC)のCIOとIT意思決定者を対象に、IT分野の優先順位に関する調査を実施。APACで懸念点や関心事になっていることとは。(2023/3/29)

IntelのノートPC新世代プロセッサ【後編】
“売れないPC”とIntel「高速チップ」の見えない未来
Intelが新たに提供するプロセッサ群は、PC市場全体が振るわない中でどのような影響を生むのか。「Windows」の利用において“ある利点”が出るという見方がある。(2023/3/28)

Fungible買収でMicrosoftが狙うのは【後編】
Microsoftが買収した“謎”のDPUベンダー「Fungible」の正体
Microsoftが買収したDPUベンダーFungibleは、業績が急速に悪化していた。ベンチャーキャピタルも期待していたFungibleが抱えていた課題とは。(2023/3/22)

IntelのノートPC新世代プロセッサ【中編】
第13世代Core「世界最速」で“Intel新時代”の幕開けか
第13世代「Intel Core」のノートPC向けを発表したIntel。業界関係者は「最大クロック周波数」を引き上げた製品群に一定の評価を示す。だがIntelの今後は別問題だ。(2023/3/22)

IntelのノートPC新世代プロセッサ【前編】
「世界最速」を“あのIntel”がわざわざ語る本当の意味
IntelはノートPC向けの高速プロセッサを発表した。プロセッサ市場でさまざまな動きがある中、この製品投入が、プロセッサ市場や同社の立ち位置に与える影響とは。(2023/3/13)

「2023年度のIT投資動向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にノートPC、10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/10)

Google Cloud Next 2022で見えたGoogle「次の一手」【後編】
Googleクラウドの“爆速”VM(仮想マシン)「C3」シリーズとは?
HPCや大規模なアプリケーションに適した仮想マシンタイプとして、Googleが用意するのが「C3」シリーズだ。C3シリーズの特徴を簡潔に紹介する。(2022/12/21)