AMDのAIスタートアップ買収は“競合NVIDIA”への対抗になるかAI市場で勝負するAMD【前編】

半導体製品ベンダーAMDは、AI分野のスタートアップ買収を発表した。半導体製品を主軸にするAMDに、この買収はどのような影響をもたらすのか。その狙いとは。

2023年11月19日 15時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | AMD


 半導体製品ベンダーのAdvanced Micro Devices(AMD)は2023年10月10日(現地時間)、AI(人工知能)開発関連のソフトウェアを手掛けるNod.aiを買収することを発表した。半導体製品を主軸にしてきた同社が、この買収に打って出た狙いはどこにあるのか。

AMDの視野にはNVIDIA? その狙いとは

 AMDはNod.aiの買収によって、AI関連の技術力強化を目指す。Nod.aiは、機械学習の技術開発を目的に、2013年に米カリフォルニア州サンタクララで設立し、「SHARK」というソフトウェアで知られるようになった。SHARKは、手作業の最適化作業を減らし、AIモデルの開発時間を短縮することに役立つ。

 コンサルティング会社J. Gold Associatesでアナリストとして働くジャック・ゴールド氏によると、Nod.aiの買収は、AMDがAI最適化の分野への進出を目指している証左だという。

 AMDの競合である半導体製品ベンダーNVIDIAは、AI関連事業を強化している。「Nod.aiの買収は、AMDがNVIDIAと競争するための重要な一歩になる」とゴールド氏は述べる。特にAMDが重視しているのは、同社の半導体製品に最適化されたAI関連のソフトウェアを提供することだと同氏は指摘する。


 次回は、今回の買収に先立ってAMDが発表していたAI関連の計画を踏まえて、同社の今後の方針を分析する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...