ERP導入にかかる高額費用 「こんなはずじゃなかった」はなぜ起こるのかERP導入で発生する「目に見えない費用」【前編】

ERPを導入して実装するまでの過程で、当初想定していなかった高額な費用が発生する場合がある。なぜそうした費用が生まれるのか。

2024年05月21日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

ERP


 新たにERP(統合基幹業務システム)を導入する最高情報責任者(CIO)が、導入プロジェクトの設計から導入、運用までを指揮する中で予想外の費用を請求されて驚く場合があるという。

 想定外の費用が生じるとCIOが考えている場合、ERPの導入に付随する作業を過小評価したり見落としたりしている可能性がある。「デジタルトランスフォーメーション」(DX)とERPに関するコンサルティング企業Panorama Consulting Groupの年次調査レポート「The 2023 ERP Report」によると、ERP導入に際して当初想定していた予算を超過したと答えた企業は47%だった。同レポートは2021年11月〜2022年8月、183人の労働者を対象に実施した調査に基づく。

ERP導入費はなぜ高額になるのか

 レポートによると、回答した人が所属する企業のERP導入費用の中央値は62.5万ドル、年間売上高の中央値は15億ドルだった。

 導入費用が高額になるのは、ERPが複雑なシステムだからだ。ERPは経理や財務、人事、カスタマーサービス、調達、サプライチェーンといった多様な分野をカバーするモジュールで構成されている。モジュールにひも付くさまざまな部門のデータや業務プロセスをERPに取り込むには、ERPと他のシステムを接続し、データをシームレスに移動できるようにしなければならない。

 企業はERPを導入する際の費用として、ソフトウェアの価格に加えて以下の作業にかかる費用を見積もる必要がある。

  • 従業員のニーズ把握
  • 他システムとの接続
  • ERPで使用するデータの整理
  • 従業員トレーニング

 コンサルティング企業WithumSmith+Brownでクラウドテクノロジーリーダーを務めるウォーリー・マーカス氏は、「十分な計画を前もって立てられない企業は、目に見えない費用や予算超過に遭遇しやすい」と指摘する。


 後編は、ITの専門家が挙げる、目に見えない費用9つを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...