「脱クラウド」した方が“安くなる”のか、そうではないのか「脱クラウド」よりもやるべき最適化【前編】

「脱クラウド」に向けてかじを切るより、利用中のクラウドストレージの改善を図る方が適切な場合がある。脱クラウドすべきか、クラウドストレージを最適化すべきかの判断方法とは。

2024年05月22日 07時00分 公開
[Paul KirvanTechTarget]

 料金やセキュリティ面の懸念を理由に、クラウドストレージからオンプレミスストレージにデータを戻す「脱クラウド」は、一部の企業にとっては有用な選択肢だ。だが、その選択が全ての企業に適しているわけではない。脱クラウドよりも、運用中のクラウドストレージを最適化する方が適切な場合もある。本連載はクラウドストレージの状態を分析する方法と、最適化する方法を解説する。

自社のクラウドストレージの状態を見極めるには

 脱クラウドとクラウドストレージ最適化のどちらが自社にとって適切かを判断する上では、以下に挙げる作業が役に立つ。

  • クラウドストレージに移行した当初の理由をあらためて確認し、当時からの変化を見極める
  • クラウドベンダーが、容量や可用性、伝送速度といったストレージの要件に対して、どのような料金体系を設けているのかを確認する
  • パフォーマンスログ、ストレージの監視データ、ストレージ料金の推移、クラウドベンダーの料金体系の変遷を確認し、発生している料金の実態を分析する
  • サービス契約を見直していることをクラウドベンダーに伝え、クラウドベンダーが見直し作業に協力してくれるかどうか、どのようなサポートが可能かを確認する。クラウドベンダーの回答を、クラウドストレージの利用継続の判断材料にする
  • クラウドストレージと自社システムのパフォーマンスデータやログを調べ、パフォーマンスに問題があった期間や問題の詳細、原因を特定し、クラウドベンダーに改善を要求するための根拠となる情報を作成する
  • オンプレミスストレージに戻すと料金がどのように変化するかを考察し、脱クラウドによる経済的メリットの有無を見極める
  • オンプレミスストレージに戻す場合にはストレージラックを設置する追加のスペースが必要になることがあるので、物理スペースへの影響を確認する
  • オンプレミスストレージに戻す場合には人材の補充が必要になることがあるので、IT担当者への影響を確認する

 こうした分析をすることで、クラウドストレージとオンプレミスストレージを組み合わせた「ハイブリッドクラウドストレージ」という新たな選択肢に行き着くこともある。

 クラウドストレージの最適化プロジェクトを立ち上げる際は、上層部の承認を得ることを忘れてはいけない。このとき、1年間で削減できる金額と、業務効率の向上の許容レベルを定義することが必要だ。IT運用における他の変更と同様に、計画と提案に関する根拠を上層部と確認する。


 次回は、クラウドストレージを最適化するためのベストプラクティスを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...