「Windows Terminal」の基礎解説【前編】
「コンソール」「シェル」「ターミナル」の基本的な違いとは? 「Windows Terminal」の理解に必須
Microsoftの新しいターミナル「Windows Terminal」は、これまでのコマンドラインツールと何が違うのか。まずは理解に必要な「コンソール」「シェル」「ターミナル」の基本的な違いをおさらいしよう。(2020/10/26)

HCIによる「VDI」設計のポイント【中編】
VDI設計時に忘れてはいけない「3種のテレワーカー」とは?
在宅勤務などのテレワークのために「VDI」を設計する際は、適切なインフラ選びだけではなく、テレワークを実施する従業員の業務特性を踏まえることも欠かせない。どのようなテレワーカーを想定すべきなのか。(2020/10/23)

柔軟なビルド、デプロイを実現
Monorepoの運用を支援する、OSSのキャッシュビルドシステム「Zim」
複数のパッケージを単一リポジトリで管理するMonorepoが注目されている。1つの変更を関連する複数のパッケージに適用できるなどのメリットがあるが、優れたツールがなければ破綻する。(2020/10/22)

モダンなデバイス管理とセキュリティ強化
テレワークが当たり前の時代に――「デジタルオフィス」を実現する一手
ニューノーマル時代を迎え、生産性向上を目的とした一時的なものから事業継続のための永続的な取り組みに変化したテレワーク。「IT管理の自動化と負荷軽減」「セキュリティの強化」を両立させつつ運用するには、どうすればよいのだろうか。(2020/10/20)

WVDを進化させるCitrix Cloud
「Windows Virtual Desktop」を本気で使い倒す機能強化のポイント
テレワーク環境を構築する手段として利用できる仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」を本気で使い倒すためには、他のクラウドサービスとの連携が重要だ。そのメリットや運用管理で考慮すべきポイントを紹介する。(2020/10/22)

IAMに取り組む方法【前編】
多国籍企業のID管理を解決するサービスとしてのIAM
法規制が変化する中、特に多国籍企業ではIDとアクセス権の管理が悩みの種となる。一貫性を確保して適切に管理するにはどうしたらいいのか。サービスとしてのIAMが解決の鍵になるかもしれない。(2020/10/21)

「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【後編】
「Azure」や「GCP」が安くなる主な割引プログラムとは?
クラウドサービスを利用する場合、リソースの利用を確約したり、制限を受け入れたりすることで料金の割引が受けられることがある。「Microsoft Azure」と「Google Cloud Platform」の割引プログラムを紹介する。(2020/10/20)

「運用視点でのインフラ管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/10/13)

データセンター冷却入門【後編】
データセンターを冷却する「機械式冷却システム」主要3種の基礎と運用法
データセンターの冷却効率を高めるには、冷却システムを適切に運用することが欠かせない。代表的な機械式冷却システムの仕組みと、適切に運用するためのポイントを解説する。(2020/10/16)

在宅前提のセキュリティを考える【前編】
自宅=仕事場の「BYOH」に必要なセキュリティ対策は?
在宅勤務などのテレワークやクラウドサービスが浸透した今、従業員が自宅で働き、オフィスの外に業務アプリケーションやデータが存在することは珍しくなくなった。そうした状況で必要なセキュリティ対策とは何か。(2020/10/14)

自社に必要なシステムの見極め
テレワークに必要なのはVDI構築かDaaS利用か、その両方か 選定ポイントは
テレワークが当たり前になると、企業のIT環境は「運用管理の工数削減」「多様な端末利用」「情報漏えいの防止」がますます重要になる。今の時代はVDIを構築するか、またはDaaSを利用するか、それとも両者の組み合わせを選ぶべきか。(2020/10/20)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】
IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。(2020/10/14)

コロナ禍の消費行動を狙う不正ログインに備える
「botとの戦い」の舞台裏 最前線のエンジニアに聞いた業種別の攻撃と対策
新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動がオンラインにシフトし、botによる自動攻撃が金融やEコマース、ゲームなどの業界を襲っている。bot対策は一筋縄にはいかない。日々botと戦う最前線の技術者に、攻撃傾向と対策ポイントを聞いた。(2020/10/12)

RDBMSの運用を容易にするクラウドデータベース
AWSのRDBMSサービス「Amazon RDS」「Aurora Serverless」の基本的な違い
「Amazon RDS」と「Amazon Aurora Serverless」は、どちらもAWSが提供するRDBMSサービスだ。両サービスの機能と制約を整理した上で、自社に適したサービスを選ぶための判断基準を説明する。(2020/10/13)

「RDP」を安全に利用する【後編】
「Remote Desktop Protocol」(RDP)を危険にしないための10カ条
「リモートデスクトップサービス」(RDP)を使って安全なリモートアクセスを実現するためには、何をすればよいのか。10個のベストプラクティスを紹介しよう。(2020/10/13)

新旧ストレージシステムを比較【後編】
「コンポーザブルインフラ」の用途と、“ただの箱”にしないための準備とは
コンポーザブルインフラにはストレージのリソース配分を最適化したり、運用管理を自動化したりできるメリットがある。ただし、ただ導入すればよいわけではない。導入時に考慮すべき点とは。(2020/10/13)

全国4万台の顧客サーバーのサポート品質を向上
「AI」でアラート処理の効率向上と属人化解消を実現した大塚商会 その効果は?
日本全国の企業にサーバーとその監視サービスを提供する株式会社大塚商会は、それらのサーバーから届くアラート処理にかかる手間の削減に苦心していた。解決策として目を付けたのがAI技術だ。導入の背景や効果を担当者に聞いた。(2020/10/20)

充実した開発者サポートが魅力
AWSが提供する量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」
やや旧聞になるが、AWSの量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」を紹介する。さまざまな量子コンピュータへのアクセスや支援ツールに注目だ。(2020/10/12)

コンテナ、Kubernetesにおける不安を解消
クラウドネイティブ技術の採用で企業が直面する3つの課題とその解決策とは
一般企業がクラウドネイティブに向けた取り組みで直面する主な課題に、「既存アプリケーションのモダナイズ」「コンテナやKubernetesの実装」「運用管理体制の維持」がある。どうすれば、これらを一挙に解決できるのだろうか。(2020/10/12)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【前編】
IBMは今なぜ「従量課金型Power Systems」を売るのか
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を導入した。ユーザー企業にとって、どのようなメリットがあるのか。(2020/10/7)

VDIの“誤解”を検証する【後編】
「VDI」で“予想外”のコストがかかる原因と対処法
企業がVDIを導入するとき、当初の見積もりよりも導入や運用にかかるコストが大幅に高額になることがある。それはなぜか。VDIのコスト要因を整理する。(2020/10/6)

新旧ストレージシステムを比較【中編】
「NAS」「SAN」「DAS」と「コンポーザブルインフラ」の基本的な違いとは?
「NAS」「SAN」「DAS」といった従来のストレージアーキテクチャに加え、近年は「コンポーザブルインフラ」が登場した。NAS、SANを紹介した前編に続き、本稿はDASとコンポーザブルインフラを紹介する。(2020/10/6)

「Knative」とは何か【後編】
「Knative」のメリットを“帳消し”にしかねない注意点とは?
「Kubernetes」でイベント駆動型プログラミングを実装するために、「Knative」は良い選択肢になり得るが、注意すべき点も幾つかある。何に注意すべきなのか。(2020/10/6)

どんなに忙しくても優先すべき課題
いまさら聞けない「SLA」の基礎 不履行が起こらないようにするには?
「SLA」(サービスレベル契約)は、製品やサービスの提供者と顧客双方の責任を明確化する上で重要な役割を果たす。SLAの基礎をおさらいした上で、SLAの不履行が起こらないようにするための対策を示す。(2020/10/6)

「RDP」を安全に利用する【前編】
「Remote Desktop Protocol」(RDP)を危険にする脅威とは?
「Windows」の標準機能「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)利用時のセキュリティ確保は、新型コロナウイルス感染症対策でテレワークが続く間は特に重要だ。どのような攻撃に気を付ける必要があるのか。(2020/10/5)

Computer Weekly製品ガイド
最適なDR(災害復旧)方法の選び方
災害復旧の選択肢として利用できるフェイルオーバー、社内および社外施設、クラウドについて検討する。(2020/10/5)

ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【後編】
コニカミノルタ系がSQL Serverから「PostgreSQL」に移行した訳と、直面した壁
Konica Minolta Healthcare Americasは、それまで利用していた「SQL Server」から「PostgreSQL」に移行した。PostgreSQLを選択した理由と、運用時に直面した課題を担当者が説明する。(2020/10/2)

垂直統合型インフラにすみ分けの動き
中小企業が「HCI」を選び、大企業が「コンポーザブルインフラ」を好む理由
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンポーザブルインフラ」といった垂直統合型インフラの選択肢が充実してきた。こうした中、ユーザー企業の規模に応じた選択肢のすみ分けが起こりつつある。(2020/10/1)

新しい遠隔診療の可能性【前編】
病院が実現した「仮想回診」の仕組みとは? 病室カメラとビデオ会議で構築
米国の医療機関Nemours Children's Health SystemはCOVID-19対策として、遠隔で患者を回診する「仮想回診」システムを構築した。このシステムはどのような製品から成り、どのように運用されているのか。(2020/10/1)

クラウド時代のベンダーロックインを考える【後編】
「ベンダーロックインが嫌だからクラウドを利用しない」は賢明か?
ベンダーロックインのリスクと引き換えに、それに見合ったメリットを提供するクラウドベンダーもある。ユーザー企業はクラウドサービスの利用を検討する際、何を重視すべきなのか。(2020/10/1)

テレワークのためのクラウド導入ガイド【前編】
クラウド初心者に贈る「テレワークのためのクラウド導入」のヒント
クラウドサービスは在宅勤務などのテレワークに適した手段だ。クラウドサービス初心者の企業がテレワーク推進のためにクラウドサービスを導入する際のヒントを紹介する。(2020/9/30)

モノづくり業界の新しい働き方
「デザインレビュー」をシステム化する秘策とは? 必要な情報とやりとりを集約
モノづくりの根幹を担う「デザインレビュー」。テレワーク主体になっても参加者の予定調整や資料共有などの手順がアナログなままではプロジェクト全体に悪影響が及ぶこともある。効率化の秘策は。(2020/9/30)

急場しのぎのテレワークからの脱却
恒久的にテレワークを続けるために、IT部門は何をすればよいのか
全社的なテレワークを実施する企業では、IT部門への問い合わせの増加や従業員間のコミュニケーションの困難さが問題になることがある。これらの問題を解決し、長期的にテレワークを続けるには、どのようにITインフラを見直せばよいのか。(2020/9/30)

コロナ禍の大学ERP導入事例【後編】
大規模大学がコロナ禍の「SAP S/4HANA」導入で直面した課題とは?
ペンシルベニア州立大学がERPパッケージ「SAP S/4HANA」の導入により基幹システムを刷新したのは、新型コロナウイルス感染症の流行のさなかだった。同校はどのような課題に直面し、どう対処したのか。(2020/9/30)

VDIの“誤解”を検証する【中編】
“遅くて使えない仮想デスクトップ”を生む2つの原因とは?
VDIの導入後、仮想デスクトップの画面が荒くなったり、入力に対する反応が遅れたりすることがある。こうしたVDIのパフォーマンス問題はなぜ起きるのか。(2020/9/29)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度上半期)
「Windows 10」フリーズの対処法とは? 「Windows 7」が愛された理由は?
「システム運用管理」「システム開発」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度上半期にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/9/28)

「プライベート5G」の基礎【後編】
「ローカル5G」が理想でも「ネットワークスライシング」を選びたくなる理由
企業が「5G」のプライベートネットワークを構築・運用する場合、「ローカル5G」と「ネットワークスライシング」が選択肢になる。セキュリティ重視であればローカル5Gが選ばれそうだが、話はそう単純ではない。(2020/9/28)

「Knative」とは何か【前編】
「Knative」とは? Kubernetesでサーバレスを実現する「FaaS」以外の選択肢
「Kubernetes」ユーザーがイベント駆動型プログラミングによるサーバレスアーキテクチャを実現したい場合、有力な手段となるのが「Knative」だ。クラウドサービスの「FaaS」とは何が違うのか。(2020/9/28)

「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【前編】
「Teams」を単なるWeb会議やチャットの手段だと考えていないか?
「Microsoft Teams」を単なるビジネスチャットツールやWeb会議ツールだとして活用していてはもったいない。Teamsはコラボレーションに役立つ豊富な機能を備えているからだ。(2020/9/27)

ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【前編】
IKEAはプロプライエタリDBMSから「PostgreSQL」にどう乗り換えたのか
小売業大手のIKEAはオープンソースRDBMS「PostgreSQL」を活用している。数あるRDBMSの中からPostgreSQLを選択するに至ったプロセスと理由を担当者が語る。(2020/9/25)

「当たり前化」ではなく「発展の途上」
「攻め」につながる、HCIを活用したデータマネジメントとは
ユーザー、ITリセラー双方にとってHCIは珍しい存在ではなくなったが、データマネジメントの観点で考えると全く異なる姿が見えてくる。本稿ではNutanix×Veeamの先進性、優位性を説明し、それらを詳細に記したホワイトペーパーも案内する。(2020/9/30)

クラウドデータベースの選び方【第4回】
レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法
オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。(2020/9/25)

クラウド時代のベンダーロックインを考える【中編】
クラウド選びで「ベンダーロックイン」が問題にならない“これだけの根拠”
クラウドサービスを選ぶとき、ユーザー企業はベンダーロックインを気にしなくなりつつあると同時に、クラウドベンダーもベンダーロックインの不安を解消するために工夫をしている。(2020/9/24)

Computer Weekly製品ガイド
サービスとしての災害復旧(DRaaS)の主な選択肢
災害復旧の構築に際して、完全なセルフサービス型かアシスト型かマネージド型かの選択は、何を守る必要があるのか、そしてどんな社内リソースがあるのかにかかっている。(2020/9/24)

医療ITの課題は、業界そのものの課題
医療機関CIOが新型コロナで直面する「最大の課題」とは?
新型コロナウイルス感染症は米国の医療業界にどのような影響を及ぼしたのか。医療機関のCIOが優先して対処すべき課題は何なのか。専門家に話を聞いた。(2020/9/23)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
AWSのプロから見た、パブリッククラウド向け外部サービスの使いどころ
パブリッククラウドのデータ保護機能拡充が活発化している。ただ、オンプレミスと同じ可用性の担保には多様な作り込みや技術の習熟時間、パブリッククラウド特有の不要なコストの増加など課題も多い。うまく補完する仕組みはないだろうか。(2020/9/23)

“緊急”から“通常”へ移行するために
急いでテレワーク導入、でも運用は従来のまま――多様なリスクを解消するには
新型コロナ禍で幅広い企業がテレワーク導入を迫られた。緊急的に導入した企業ではデバイスをセキュリティ管理やIT資産管理の対象外のまま運用しているケースもあるという。テレワークに対応した管理、運用のために必要なものは何だろうか。(2020/9/24)

コロナ禍の大学ERP導入事例【中編】
「SAP S/4HANA」導入大学のSIer選びと“脱オンプレミス”の決め手とは?
「SAP S/4HANA」を活用して基幹システムの刷新に取り組んだペンシルベニア州立大学。システムインテグレーターやインフラの選定をどう進めたのか。その決め手は。(2020/9/23)

テレワークの課題をトータルに解決
「テレワーク」を安く、安全に、快適に進める方法とは?
企業がテレワーク環境を整備し柔軟な働き方を実現するには、さまざまな課題が立ちはだかる。課題を解決し、安全で従業員の生産性向上に寄与するテレワーク環境を実現するには、どのようなアプローチを取ればよいのだろうか。(2020/9/16)

「AIOps」とは何か【第4回】
「MLOps」ツールの機能とは? 使える機械学習モデルを生み出す
「AIOps」に似た言葉として「MLOps」がある。機械学習モデルの開発における課題を解消することがその目的だ。MLOpsツールが持つ役割を紹介する。(2020/9/23)