各業界が取り組むサステナビリティ【第3回】
CO2出しまくり“石油化学業界”に使ってほしいソフトウェアとは?
石油化学工業が排出する温室効果ガスは、世界の排出量の約10分の1を占めるという。そのような中、温室効果ガス削減に取り組む企業が活用するのがソフトウェアだ。どのような機能なのか。(2022/8/17)

ネットワークの新時代思考【前編】
LANでもWANでもない“第三のネットワーク”とは何か?
企業は従来、主に3つのネットワークを管理してきた。その物理的なネットワークが今後も必要であることに変わりはない。だがある転換点に差し掛かっている。今後は何が必要なのか。(2022/8/17)

クラウド移行に踏み切る銀行【前編】
銀行のクラウド移行を長年妨げてきた“ある障壁”とは?
銀行はクラウドサービスへの投資を躊躇(ちゅうちょ)する傾向にあったが、2022年度は変化があった。銀行のクラウドサービス移行を阻んできた原因と、新たに移行対象となり始めたアプリケーションとは。(2022/8/17)

医療業界のDevOps【後編】
医療スタートアップがコロナ禍で直面 “Splunk遅過ぎ”問題はなぜ起きたのか
遠隔モニタリングサービスを提供するAccuhealthは、自社SaaSの中核要素として利用する「Splunk」のパフォーマンス問題に直面していた。なぜ問題は起きたのか。同社が選んだ解決策とは。(2022/8/12)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第4回】
データ保護を語るなら知っておくべき「コンテナ」向けの“あのツール”
中小企業から大企業までさまざまな企業がランサムウェアの標的になる状況が続いている。企業にはどのようなデータ保護が必要なのか。米TechTargetの製品アワードから、注目の製品・サービスを紹介する。(2022/8/10)

日本電気株式会社/ホワイトペーパー
部門の垣根を越えたデータ活用を実現、分散処理技術×スケールアウトNASの実力
社内に点在するあらゆるデータを活用するための基盤の構築は、多くの企業で優先して取り組むべき課題となっている。データのサイロ化や大規模化が進む中、その実現においてはデータ処理の技術とストレージの利用効率と最適化が鍵となる。(2022/8/8)

持ち出しPCのセキュリティも向上
横河電機がテレワークPCの管理性とセキュリティを一挙に高めた“ある選択”とは
テレワークをこれからも続けたい企業にとって、「持ち出しPCの運用管理」と「セキュリティの向上」は喫緊の課題だ。IT部門も一般の従業員も、PCのメンテナンスのために出社せずに済む方法は。(2022/8/10)

各業界が取り組むサステナビリティ【第2回】
サステナブルは苦難の道? 英国が踏み込む“根深い問題”とは?
各業界で温室効果ガス削減への動きが強まり、オフィスビルなど建物の運用に関してもエネルギー消費の効率化が注目されている。環境負荷低減に必要なのは何か。(2022/8/9)

AIOpsツール、あなたはどっち派?【後編】
「プロプライエタリのAIOps」を“怪しいベンダー”から買ってはいけない理由
プロプライエタリソフトウェアの「AIOps」ツールは機能面でOSSより優れているのが利点だ。ただし市場にはベンダーがひしめき、ツール選びは簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/8/9)

AWSの「リージョン」と「アベイラビリティゾーン」(AZ)の基礎知識【後編】
AWS「マルチリージョン」「マルチAZ」を比較 どちらがお得? どちらが簡単?
AWSはワークロードのインフラに複数のデータセンターを利用する「マルチリージョン」「マルチAZ」を構成可能だ。そもそもマルチリージョンとマルチAZの違いとは何か。どちらを選ぶべきなのか。(2022/8/8)

Cernerを買収したOracleの「全米カルテ構想」とは【前編】
OracleがCerner買収で目指す「全米EHR」とは?
Oracleは電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを約283億ドルで買収し、ヘルスケア戦略発表の場で「全米EHR構想」を掲げた。電子カルテの相互運用性は長年の間解決困難だったこともあり、アナリストは悲観的だ。(2022/8/5)

クラウドストレージの無駄に切り込む【第1回】
クラウドコストはなぜ高くなる? 「契約」に潜む落とし穴
クラウドストレージの利用料金が想定以上になってしまう場合がある。そうした事態はなぜ発生してしまうのか。クラウドサービスの契約に特有の注意点を紹介する。(2022/8/4)

腎臓病治療とAI技術【後編】
医療機関が導入「AIが腎臓病の治療方法を提案するツール」は臨床に役立つのか?
医療機関Ascend Clinicalは、AI技術を活用した医療データ分析ツールMedical Renal Modelを導入した。Medical Renal Modelは臨床にどう役立つのか。同機関の見解を紹介する。(2022/8/3)

行政サービスにおけるAI活用【後編】
IT先進国エストニアの「仮想アシスタント」に世界が注目する理由
IT先進国として知られるエストニアは、行政サービスの仮想アシスタントの運用を開始した。他国の注目を集めるこの仮想アシスタント開発の経緯と、今後の課題とは。(2022/8/2)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「PC運用管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/8/1)

挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第1回】
Microsoftが認定資格「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止 その“深い狙い”とは?
ベンダー各社が用意する認定資格は、IT担当者の知識獲得に役立つ。Microsoftは主要な認定資格だった「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止した。その背景には何があるのか。(2022/7/29)

医療業界のDevOps【中編】
健康保険団体の“爆速モバイルアプリ開発”を支えたDevOpsツールとは?
米国の健康保険団体Healthfirstはモバイルアプリ開発に当たってリリース管理自動化ツールなどのDevOpsツール群を導入。リリースの前倒しに成功した。どのようなツールを利用しているのか。(2022/7/29)

IT運用が向かう先は?【前編】
メモリリークで考える「AIOps」の実力 手作業との違いは?
「AIOps」はいったん市場に浸透し始めれば、その後は急速に普及する可能性がある。その理由は、AIOpsは既存のシステム運用と大きくは違わないことと、既存の課題を解消できる可能性があることだ。(2022/7/28)

クラウドベンダー選定の注意点【前編】
クラウドストレージを使ってはいけない“危ないベンダー”の特徴
オンプレミスインフラからクラウドサービスにストレージを移行する際、注意すべき点がある。失敗しないクラウドベンダーの選び方とは。(2022/7/28)

テレワークで変わるストレージ運用【中編】
「テープ」の厄介な問題とは? 大学のIT責任者“嘆き”の理由
テープをバックアップ用として使用することには、メリットもデメリットもある。米国の2年制大学MVCCもテープを使用してきたが、同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープへの不満と怒りが噴出した。(2022/7/27)

Citrix Workspaceのススメ
Citrixに注目すべき理由
Microsoftによるロックインを回避するために苦心する筆者は、Citrixに関心を寄せているという。Windows NT 3.51時代(WinFrame)から現在に至るCitrixの存在に着目する理由とは何か。(2022/7/27)

AIOpsツール、あなたはどっち派?【中編】
希少な「OSSのAIOpsツール」とは? 選びたくなる理由と避けたくなる理由
コストを抑えつつ自由にカスタマイズできるのが、オープンソースソフトウェアの利点だ。「AIOps」ツールもその例外ではない。OSSのAIOpsツールを俎上(そじょう)に乗せる。(2022/7/26)

巧妙化する攻撃にバックアップで対抗【中編】
クラウド使いにこそ「ランサムウェアからの回復力」が求められる理由と対策
クラウドサービスの利用で企業のシステム構成が複雑化しているところに、ランサムウェアの脅威が広がっている。事業を確実に継続するために、企業にはどのような対策が必要なのか。(2022/8/12)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第5回】
医療機関こそBCPが必要な理由 ランサムウェア被害は対岸の火事ではない
コロナ禍をきっかけに、医療業界のIT導入は急速に進んでいます。万が一のシステム停止に備え、病院運営に深刻な被害を出さないために事業継続計画(BCP)策定のポイントを解説します。(2022/7/25)

行政サービスにおけるAI活用【前編】
“デジタル先進国”エストニアの国民向け「仮想アシスタント」開発の裏側
エストニア政府は、行政サービスの仮想アシスタントの運用を開始した。AI技術や音声認識技術を活用した先進的なプロジェクトはどのように開始し、どこまで進んでいるのか。(2022/7/22)

単なる移行で終わらせない
将来のビジネスを支えるITへとつなげる「クラウドリフト」とは
仮想化基盤のクラウド移行は、アプリケーションを改修したり、完全に作り直したり、入念な検証が必要だったり、一筋縄ではいかないものだ。スピーディー、かつ小さな負荷で移行できる方法はないものだろうか。(2022/7/21)

PCとは何が違う?
企業がMacを導入する際に知っておくべきこと
Macを導入する企業が増えている。だが、PCとMacを両方運用するのであればそのための準備が不可欠だ。(2022/7/21)

テレワークで変わるストレージ運用【前編】
大学が「脱テープ」からのクラウド移行を決めた理由とは?
米国の2年制大学MVCCでは、パンデミックを機にテープシステムのある課題が浮き彫りになった。バックアップ用のストレージとしてテープシステムを利用してきた同校は、どう対処したのか。(2022/7/20)

NEWS
ITの消費電力量は“6倍以上”に増大 データセンターに必要な対策は?
「デジタル化が進み、ITの消費電力量は増え続ける」と予測するシュナイダーエレクトリック。サーバの稼働する場所が集約型データセンターから企業の各拠点や店舗へと広がる中で、同社が打ち出す対策とは。(2022/7/19)

医療業界のDevOps【前編】
健康保険団体のアプリ開発“爆速化”をかなえた「リリース管理自動化」のすごさ
医療業界では、COVID-19まん延に伴うオンラインサービスの需要に応えるため、アプリケーション開発を加速させている。米国健康保険団体Healthfirstがモバイルアプリ開発の効率化に向けて導入したツールとは。(2022/7/15)

クラウドベンダーの情報開示が不足?
サステナビリティ軽視のクラウドは使わない――企業の新しい判断基準とは
2025年までに、CO2排出がIT購買における主要な決定要因になるという。サステナビリティ重視の潮流を受け、AWSやGoogle、Microsoftなどのクラウドベンダーはどう動くのか。(2022/7/15)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第2回】
ランサムウェア対策を低コストで 審査員がうなった“あのデータ保護製品”とは
脅威が多様化する一方、データ保護機能の拡充も進んでいる。米TechTargetの製品アワード「Storage Products of the Year」で審査員を驚かせたデータ保護機能とは。(2022/7/13)

AIOpsツール、あなたはどっち派?【前編】
AIOpsを選ぶならOSSかプロプライエタリか? その選定基準とは
自社に最適な「AIOps」ツールを選ぶのは簡単ではない。オープンソースソフトウェアとプロプライエタリソフトウェアがあり、それぞれに長所と短所がある。選定のポイントは何か。(2022/7/12)

株式会社アヴァンザ提供Webキャスト:
動画で解説:書類や備品の管理・棚卸しを効率化するICタグソリューションの実力
重要書類や貸し出し用PC、倉庫の鍵など、社内に保管されている“モノ”の持ち出し・返却管理と棚卸しをいかに効率化し、正確性を高めていくかが大きな課題となっている。その解決策として期待されるICタグソリューションを紹介する。(2022/7/12)

金融企業の事例で分かる
機密情報だらけのファイルサーバ、運用の負荷とコストを圧倒的に下げる方法
ある金融企業は、クラウドに移行できない「重要情報が格納されたファイルサーバ群」を効率よく集約し、運用負荷やコストを大幅に軽減した。その方法とは。(2022/7/13)

鍵はブロックチェーン
Web3が実現する農業のDX
Web3とブロックチェーンは、農業分野のデジタルトランスフォーメーションを実現する可能性がある。想定される応用例を紹介する。(2022/7/11)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【前編】
Salesforceの「NFT Cloud」とは? 社員はなぜ抗議したのか?
NFTの作成と販売のためのクラウドサービス「NFT Cloud」の試験提供を進めるSalesforce。こうした同社のNFT関連事業は、従業員の批判を集めている。NFTが抱える問題点とは。(2022/7/8)

無線に求められる低消費電力の特性
ガラスメーカーが資産追跡に「GPS」ではなく「LPWA」を採用した理由
「LPWA」を使うことで、低消費電力で広域を接続するIoTが可能になる。あるガラスメーカーは、LPWAで配送業務を効率化している。その方法とは。(2022/7/8)

暗号のまま真であることを証明
ポスト量子化時代のための「ゼロ知識証明」
情報を暗号化したまま処理できる「ゼロ知識証明」の重要性が高まっている。ゼロ知識証明とは何か。なぜ重要なのか。その分野の専門家に話を聞いた。(2022/7/7)

よみがえったテープ人気は続くのか【後編】
「テープ」のお祭り騒ぎに“冷や水” LTOの容量増加は無意味なのか?
2021年に発売した「LTO-9」の製品によってテープ市場は息を吹き返した。「LTO-10」以降でもテープの容量増加は続く見通しだ。今後もテープの需要は高まり続けるのか。(2022/7/5)

「Web 3.0」の「3大リスク」【中編】
「Web 3.0」(Web3)で“匿名性”が生むリスクとは? IDを取り巻く問題
具現化し始めた「Web 3.0」を使いこなす上では「匿名性」への対処が必要だ。匿名性にはさまざまなメリットがある一方、リスクも無視してはいけない。そのリスクとは何か。(2022/7/5)

Web会議ツールの相互運用性【前編】
Teams、Zoom、Webex全部入り「スマホのようなWeb会議デバイス」は夢か悪夢か?
Web会議デバイスでもスマートフォンと同様に、Web会議ツールを選択可能にする――。こうした“夢”に向けてMicrosoft、Zoom、Ciscoが相互運用性の向上に着手した。だがこれは夢ではなく“悪夢”だと見る向きもある。(2022/7/4)

分散するデータを価値に変える
BMWの「データ管理」術とは? EVの走行データで新車投入をスピードアップ
BMWグループは全世界の拠点において一貫性のあるデータ管理を目指す。その一環で、同社はデータ管理とデータ分析の新たな仕組みを導入した。その具体的な内容とは。(2022/7/4)

ビジネス向け「Windows 11」の“いろは”【第3回】
「Windows 11」は“管理者泣かせ”のOSなのか? PC更改に潜むリスクとは
「Windows」の入れ替えには作業負担やコストの増加が付きものだ。「Windows 11」の場合はどうなのか。特に注意しなければならない問題を含めて考える。(2022/7/1)

英国政府肝いりの「5G活用」の行方【後編】
Open RANとは? 英国政府「脱2G、3Gからの5G移行」の切り札
「5G」の普及に向けて、英国政府はさまざまな連携や組織の支援に注力している。国を挙げて高速通信のインフラを整えるべく、具体的には何に取り組んでいるのか。(2022/7/1)

クラウドニュースフラッシュ
IBMが「AWS」でSaaS提供の“謎” なぜ競合クラウドを使うのか?
競合サービスである「AWS」を使ってSaaSを提供するIBMの取り組みや、京都大学の「Microsoft Azure」導入事例など、クラウドの主要ニュースを6本紹介する。(2022/6/30)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第1回】
ランサムウェア対策にも使える「データ保護製品」ベンダーの“3強”はこれだ
ランサムウェアなどの脅威に対して、企業はどのようなデータ保護の対策を講じるべきなのか。米TechTargetの製品アワードで上位にランクインした製品を基に、市場のトレンドや注目の機能を紹介する。(2022/6/29)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】
「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?
データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。(2022/6/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
包括的なセキュリティ機能を完備、安全性と生産性を向上させる次世代HCIとは
セキュリティは業務の妨げになると捉えられがちだが、適切なインフラを導入すれば安全性の強化と生産性の向上は両立が可能だ。そうしたソリューションの1つとして、包括的なセキュリティ機能を組み込みで提供するHCIが注目されている。(2022/6/29)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
約30%のコスト削減も、導入/管理のしやすさで選びたいHCIの実力
より洗練されたHCIを求める企業が増える今、選ぶべき製品の要件も高度化している。そこで、約20〜30%のコスト削減や、仮想基盤のレスポンスの大幅な向上を実現した企業の事例を基に、今選びたいHCI製品を取り上げ、その実力を紹介する。(2022/6/29)