「MDR」を理解する【後編】
「MEDR」「MNDR」「MXDR」とは? MDRの主要3タイプを比較
脅威検出やインシデント対処に役立つマネージドサービスが「MDR」だ。MDRは大きく「MEDR」「MNDR」「MXDR」の3種に分けられる。それぞれは何が違うのか。何に着目して選定すればよいのか。(2021/7/27)

ネットワーク帯域幅の求め方【前編】
「帯域幅」と「スループット」を混同してはいけない“納得の理由”
ネットワークをスムーズに運用するためには、帯域幅の要件を計算できるようにすることが重要だ。計算をする前に知っておくべき帯域幅やスループットの基本を理解しておこう。(2021/7/27)

コンテナ基盤をSaaSモデルで容易にエッジ展開
エッジコンピューティング最前線、アプリ配布やセキュリティを一元管理する方法
エッジコンピューティングをより一層活用しようとすると、さまざまな課題が噴出する。デバイス管理やネットワーク、セキュリティ、アプリケーション配布などの運用が難しくなるからだ。効率的な運用管理を実現するにはどうしたらよいのか。(2021/7/26)

「Windows 365」先取りチェック【後編】
「Windows 365」の2021年登場は“必然”? 専門家が「タイムリー」と評する訳
Microsoftはなぜ今、新たなDaaS「Windows 365」を提供するのか。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う“ある変化”があると専門家はみる。(2021/7/23)

見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【前編】
数学のプロが「データサイエンティスト」になれるとは限らない“当然の理由”
AI技術を扱う人材の需要は飛躍的に高まっている。そもそもそうした「AI人材」にはどのような仕事があるのか。キャリアを築く上でのポイントは何か。(2021/7/20)

「端末と関連IT環境の構築・運用管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/20)

「MDR」を理解する【前編】
いまさら聞けない「MDR」の基礎 サービスの中身は? 利用するメリットは?
「MDR」の利用を検討している企業は、自社のニーズに合うサービスを探すためにMDRとは何かをよく理解する必要がある。MDRが果たす役割を整理しよう。(2021/7/16)

サヨナラ、制約だらけのHCI
より柔軟で動的なノードの変更を可能に 常識破りのHCIとは
HCIは導入や管理がしやすいというメリットがあるが、システムの拡張や運用の統合が課題に挙がることが多い。柔軟なシステム構成と最適化された運用支援を併せ持ち、この課題を解消する製品は従来とは何が異なるのか。(2021/7/16)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第1回】
「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか? IT人材の理想と現実の差が生む問題
企業がITを生かすには、相応のITスキルを持つ人材が不可欠だ。理想的なIT人材と、既存のIT人材の間にスキルの差が生じることは珍しくない。こうした「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。5つの要因を整理する。(2021/7/15)

開発者とインフラ管理者で異なる意識を技術でつなぐ
コンテナが「欲しい」開発者と「怖い」インフラ管理者の溝を埋めるには
変化の激しい時代に即応できる開発環境としてコンテナが注目を集める。しかし学習コストやインフラ管理の課題から導入が難しい例があるという。本番環境でコンテナを活用して迅速なアプリ開発を可能にするために、何をすべきか。(2021/7/16)

VMの割り当て方式に注目
テレワーク長期化でかさむDaaSのコストを最適化する「次の一手」
DaaSは手軽に利用できるものの、長く使うほどランニングコストや運用管理工数の高止まりが顕在化する場合がある。短期的には気付きにくいDaaSのメリットとデメリットを理解し、自社ニーズに適したDaaSを選ぶこつとは。(2021/7/15)

AWSとAzure、GCPの「無料枠」を活用する【後編】
クラウドサービスの「無料枠」に潜む危険とは? 思わぬ出費を避けるポイント
クラウドサービスの「無料枠」は、複数のクラウドサービスを比較検討する際に大いに役立つ。ただし落とし穴もある。それは何なのか。クラウドサービスの無料枠利用時の注意点を説明する。(2021/7/14)

Oracle Cloud Infrastructureの無料プラン「Always Free」とは【前編】
常に無料のOCI「Always Free」の基礎 何が使える? AWS無料プランとの違いは?
「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)は無料プランの「Always Free」を充実させている。「Always Free」の特徴と、大手ベンダーAWSの無料プランとの違いを説明する。(2021/7/13)

AI市場に押し寄せるM&Aの波【後編】
MicrosoftがApple「Siri」の開発元を買収 「AI企業買収」なぜ活発化?
AI分野でベンダー買収が活発化している。その背景には何があるのか。直近の買収傾向とアナリストの見解から読み解く。(2021/7/13)

数万〜数十万台規模のデバイスをまとめて管理
「見えない」部分を生まないエンドポイント管理でガバナンスを強化するには?
海外拠点やグループ企業を含めた包括的なエンドポイント管理は、ガバナンス統制のためには不可欠だ。だが全ての拠点にも目を配り、セキュリティ運用を統合するのは容易ではない。どのような体制で、どのような機能を活用すべきか。(2021/7/13)

「テレワーク」のリスクと対策
SaaSで実現するウィズコロナ時代のエンドポイントのセキュリティ管理とは
ウィズコロナ時代において、企業はテレワークの環境整備を急速に進める中でさまざまな問題に直面する。特に難しいのがエンドポイントのセキュリティ対策だ。シンプルでありながら万全のセキュリティ対策を講じる方法とは。(2021/7/13)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【後編】
「リモートアクセスセキュリティ」に成功する企業、そうでない企業の違い
リモートアクセスのセキュリティ対策は、どの技術を採用するかに加え、それらの技術をどのチームが管理すべきかも重要になる。調査結果から、セキュリティ技術をうまく活用するためのヒントを学ぼう。(2021/7/8)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

「ローカル5G」活用の可能性を探る【前編】
無線LANと根本的に違う「ローカル5G」 その差を埋めるO-RANの役割
企業にとって「ローカル5G」は新たなIT領域だ。無線LANのような広く使われてきたネットワークとは根本的に異なる。活用に向けた道筋を探る。(2021/7/20)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウドサービスを比較【後編】
「Azure Stack」「Azure Arc」とは? Microsoftのハイブリッドクラウド製品
Microsoftは「Microsoft Azure」のサービス群を複数のインフラで実行できるようにするために、「Azure Stack」と「Azure Arc」を提供する。これらはそれぞれ何に役立つのか。(2021/7/6)

IT運用チームと「NoOps」【後編】
「NoOps」はクラウド移行だけで実現するのか?
「NoOps」によって運用チームの業務がなくなるわけではない。ではNoOpsで企業の運用業務はどう変わるのだろうか。クラウドサービスとの関係と併せて解説する。(2021/7/2)

Googleに聞く「Professional Cloud Architect」に合格するこつ【中編】
Google資格が認定する「クラウドアーキテクト」は「エンジニア」と何が違うのか
Googleの認定資格「Professional Cloud Architect」が定義するクラウドアーキテクトとエンジニアの違いとは何か。クラウドアーキテクトに必要な心構えとは。同社の担当者に聞いた。(2021/7/2)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【後編】
“アラート疲れ”を解消する方法とは? ネットワーク運用のプロに聞く
企業は、さまざまなログの収集と分析に追われている。ログ収集・分析作業を効率化するヒントや注意すべき点とはどのようなものか。(2021/7/1)

セキュリティ人材不足に「自動化」で対処
DX時代のゼロトラストセキュリティ、今から考えたい「運用の効率化」
ゼロトラストセキュリティの実現に向けて、アクセス制御や認証、エンドポイント、ネットワークなどの運用を管理しようと思うと膨大な業務が発生する。セキュリティ人材の確保が難しい中、脅威検出から対処までを効率化する秘策は。(2021/7/1)

運用開始後に起きるトラブルをどう防ぐか
「マスターOS」がVDI/DaaS活用の成否を分ける――成功のためのポイントとは
働く環境や場所の制約を受けない働き方を実現するために注目が集まるVDI/DaaS。だが、理解が浅いまま進めてしまうと運用開始後のトラブルにつながるリスクがあるという。一体どうすればよいのか。(2021/6/29)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【前編】
リモートアクセスセキュリティの“勝ち組企業”を見分ける「SIPI」とは?
リモートアクセスのセキュリティ対策の“成功企業”を見分ける指標があるという。それは何なのか。調査会社Nemertes ResearchのCEOが説明する。(2021/6/30)

「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第2回】
「Amazon VPC」は何に使えるのか? ネットワーク制御機能と監視機能を整理
AWSの仮想ネットワークサービス「Amazon VPC」は、どのような目的で利用できるのか。Amazon VPCの主な機能を説明する。(2021/6/29)

ネットワークの重点投資分野【前編】
ネットワーク分野の投資家が語る「クラウド」の重要性と慎重論
ONUGのオンラインイベントで、複数の専門家が注目すべきITの投資分野を語った。「クラウド」に対しては重要だとの認識で一致しつつ、慎重論も目立った。(2021/6/29)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
Windows 10の更新問題や無料の性能向上術、ミニPCの実力など 新規会員の注目は
「システム運用管理」「仮想化」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【中編】
プログラミング言語「Go」は熱心な開発者ほど学習しにくい? その理由とは
エンジニアがプログラミング言語「Go」を学ぶ上での難しさとは何か。Goを用いたログ取得、分析の課題とは。専門家に聞いた。(2021/6/25)

IT運用チームと「NoOps」【前編】
Netflixに学ぶ「NoOps」が目指すべき姿とは?
「NoOps」の目標は運用をなくすことではなく、運用のプロセスを改善することにある。NoOpsとは具体的に何を意味するのか、具体例を交えて紹介する。(2021/6/25)

Googleに聞く「Professional Cloud Architect」に合格するこつ【前編】
Googleのクラウド資格「Professional Cloud Architect」を取得すべき人とは?
Googleの「Professional Cloud Architect」はどのタイミングで受けるべきか。GCPの経験はどのくらい必要なのか。同資格の試験ガイドを執筆したGoogleの担当者に聞いた。(2021/6/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【中編】
「AWS Outposts」の機能と注意点とは? AWSのクラウドアプライアンス
AWSのアプライアンス「AWS Outposts」は、AWSサービスをオンプレミスインフラで実行する。AWS Outpostsで実行できるAWSサービスとは何か。「VMware Cloud on AWS Outpost」との違いや、利用時の注意点は。(2021/6/23)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【後編】
「Microsoft 365」データ保持の限界は? バックアップの購入は必要か?
「Microsoft 365」が備えるデータ保持の標準機能には一定の制約がある。サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使えばデータ保護を強化できる。標準機能でできること、できないことを見極めるポイントは。(2021/6/23)

セキュリティで比較する「5G」と「無線LAN」【前編】
「5G」と「無線LAN」のどちらが安全か? そもそも判断できない?
無線ネットワークとして「5G」と「無線LAN」のどちらを選ぶかを検討する際、重要な要素となるのがセキュリティだ。どちらのセキュリティがより高いのかを判断することは、決して簡単ではない。それはなぜなのか。(2021/6/20)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】
「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか
ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。(2021/6/18)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【中編】
“次世代「SD-WAN」”の理解に欠かせない「SASE」「SD-Branch」とは?
ベンダーはSD-WAN製品の機能強化を継続的に進めているため、企業がSD-WAN製品に関して知っておくべき事柄も多様になっている。「SASE」や「SD-Branch」との関係を紹介する。(2021/6/17)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【前編】
Google「Anthos」とは? マルチクラウドでKubernetesコンテナを実行
GoogleとAWS、Microsoftは、自社のクラウドサービスの機能を複数のクラウドサービスまたはオンプレミスのインフラで実行するための製品群を提供する。その中から、Googleの「Anthos」を説明する。(2021/6/16)

「SASE」の3大実装パターン【後編】
SASEの本命は「ネイティブSASE」か? “SD-WANだけ”の製品にはない魅力
GartnerによるSASEの提唱を受けてベンダー各社が生み出したのが「ネイティブSASE」だ。既存製品の寄せ集めとは何が違うのか。(2021/6/16)

「PCの管理と運用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ThinkPad X1 Carbon(ノートPC)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/16)

「Chromebookは学校用」という常識を覆す
「Chromebook」がテレワーク用デバイスに向いている、これだけの理由
セキュリティや管理性、起動速度、価格といった観点で評価すると「Chromebook」はテレワーク用デバイスとして十分な可能性を秘めていることが分かる。Chromebookがなぜビジネス用途に適しているのかを考察する。(2021/6/16)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【後編】
コミュニケーションツールをどうしても統一できない企業がツール乱立を防ぐ方法
円滑な共同作業のために、複数のコミュニケーションツールを併用することを許容するのも一つの考え方だ。互換性の確保やツール間連携など、従業員の生産性を高めるためにIT部門が貢献できることをまとめた。(2021/6/16)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

ゼロトラストセキュリティの実現を見据え
テレワークやクラウドシフトで変わるエンドポイントセキュリティ対策とは
企業への導入が拡大する「テレワーク」には多くの利点がある。だが、管理者には、これまで目の届く範囲にあったPCをはじめとするエンドポイントの管理が難しくなる課題をもたらした。この課題に対する抜本的な解決策はあるのか。(2021/6/14)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【前編】
コロナ禍で「SD-WAN」に起きた進化 注目のリモートアクセス機能とは?
企業のSD-WANに対するニーズは、今後も継続するだろう。これに伴い、ベンダー各社はSD-WANに関連する各種の機能を追加している。今後注目すべき動向を紹介する。(2021/6/11)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【中編】
コミュニケーションツールを1つにしたい人、自由に選びたい人、それぞれの事情
複数のコミュニケーションツールを使い分けるにせよ、統一するにせよ、どちらにも運用管理の限界がある。IT部門と従業員で優先したいニーズが異なる中、ツールの利用方針をどう立てればよいのか。(2021/6/9)

「Amazon WorkSpaces」の活用事例
「Amazon WorkSpaces」でセキュアなテレワークを実現する方法
セキュアかつ短期間にテレワークへのシフトを実現する方法の一つとして、DaaS(Desktop as a Service)がある。国内企業の「Amazon WorkSpaces」導入事例を通して、DaaSをテレワークに活用するための具体的な方法を説明する。(2021/6/11)

「ハイブリッドワーク」時代のデバイス管理方法
「デバイス管理のサイロ化」という落とし穴 UEM製品を見極める7つの視点とは
テレワークとオフィスワークが混在する職場のデバイス管理において課題になりがちなのが、スマートフォンや「Windows 10」を搭載したノートPCなど多種多様なモバイルデバイスの管理だ。社内外のデバイスを一元管理する効率的な方法は。(2021/6/8)