生成AIで変わるコーディング【前編】
AIコーディングと「コード補完」「ローコード」「静的解析」の違いとは?
コーディング支援ツールはAI技術を活用することで、どのように進化してきたのか。「コード補完」「ローコード」「静的解析」などとの違いを踏まえて解説する。(2024/7/12)

STEM分野における女性活躍の現状【第3回】
COBOL誕生に“あの通信技術”まで? 女性エンジニアがつくったITの歴史
企業のシステムを支えるCOBOLや通信技術が誕生した背景には、女性エンジニアたちの活躍があった。ITの常識として知っておきたい女性エンジニアを紹介する。(2024/7/12)

CIプロセスを22分から5分に短縮
数百の開発チームでDevOpsを実現 航空会社があの「CI/CDツール」を選んだ理由
新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けたユナイテッド航空は、旅行需要の変動に柔軟に対処できるよう開発体制を見直した。同社が新しく導入したCI/CDツールとは。(2024/7/5)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第2回】
「サーバレス」で見落としがちな“5つのデメリット”とは?
サーバレスアーキテクチャの導入を検討する組織は、その欠点を理解しておく必要がある。主なデメリットと、導入前に考えるべきポイントを紹介する。(2024/7/1)

ちょっとしたJavaの質問を深く考察する【後編】
「Java」の“引っ掛け問題”からエンジニアが得るべき教訓とは
「Java」や「Eclipse IDE」に関する“引っ掛け問題”は、Javaに関する知識を問うだけではない、さまざまな役割を備える。エンジニアがそこから学べることとは。(2024/6/28)

生成AIベンダーOpenAIの正体
OpenAIとは何者なのか? ChatGPT開発企業のサービスと歴史を解説
「ChatGPT」や「Dall-E」などのAIサービスやAIモデルの開発を手掛けるOpenAIとはどのような企業なのか。同社の歴史や事業内容、抱えている課題を詳しく説明する。(2024/6/27)

生成AI×金融の最前線
“脱COBOL”にも着手 金融4社が語る「生成AIを使い倒す戦略」とは
北國銀行、SBIホールディングス、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険の生成AI活用事例を、課題や解決策と併せて解説する。(2024/6/24)

ちょっとしたJavaの質問を深く考察する【前編】
「Java」の一見簡単そうな質問の“本当の答え”とは?
「Java」エンジニアが求人面接でJavaや「Eclipse IDE」に関する質問をされたとき、それまでの経験や知識だけで乗り切ることが正しい選択ではない場合がある。ある“奥深い問題”を例に考えてみよう。(2024/6/21)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
Pythonの“謎”構文「if __name__ == “__main__”」の正体
「Python」のソースコードで見かける「if __name__ == “__main__”」構文は、何のために存在し、どのような役割を持つのか。具体例を通じて学ぼう。(2024/6/19)

役立つクラウド認定資格11選【第2回】
開発エンジニアなら挑戦したいGoogleとAWSの「クラウド認定資格」とは?
IT管理者が自身のITスキルを証明するための方法の一つが、クラウド認定資格を取得することだ。本稿はDevOpsやアプリケーション開発に関するクラウド管理中級者向けの資格を紹介する。(2024/6/5)

それぞれの角度から見るメインフレーム【前編】
なぜ「メインフレーム」はいつも“時代遅れ”だと見なされるのか
メインフレームの“独特の話題”には、熟練の筆者でさえも動揺してしまうことがある。その話題は、メインフレームが「時代遅れだ」と批判される状況にも関係している。メインフレームが誤解される理由を説明する。(2024/6/3)

開発者が知っておくべき「かっこ」の違い【後編】
プログラミングにおける3種類のかっこ、()[]{}の混同しがちな使い方
エンジニアがソースコードでよく目にする「丸かっこ」「角かっこ」「波かっこ」には、それぞれどのような役割があるのか。実際のソースコードを例に挙げて、主要な役割を解説する。(2024/5/31)

開発者が知っておくべき「かっこ」の違い【前編】
いまさら聞けない、ソースコードでよく見る「3種類のかっこ」の違い
ソースコードにはさまざまな種類のかっこが登場する。その中から、エンジニアが知っておくべき3種類のかっこを取り上げる。名前や役割など、それぞれの基礎情報を学ぼう。(2024/5/24)

仕事に役立つ「AI」資格10選【後編】
「AIの基本から応用」までをマスターできる“学習コース”5選
AI技術関連の認定資格を持っておくと、今後のビジネス開発やキャリア形成に役立つ可能性がある。AI関連の知識とスキルを習得できる学習プログラムを5つ紹介する。(2024/5/21)

ハイブリッドクラウドのトレンド10選【後編】
ハイブリッドクラウドユーザーの本音「プログラミング言語に依存したくない」
「ハイブリッドクラウド」のインフラやツールが進化している。ハイブリッドクラウドを採用することで得られるメリットや、ハイブリッドクラウドのトレンドを紹介する。(2024/5/20)

仕事に役立つ「AI」資格10選【中編】
「AI」のエキスパートになるなら、どの知識とスキルを極めるべき?
ビジネスにおけるAI技術活用が進む中で、ますます重要になっているのがAI技術関連の知識やスキルだ。大学などの教育機関が提供する5つのAIコースを紹介する。(2024/5/14)

XMLとYAMLの基礎【前編】
「XML」と「YAML」の違いとは? 意外と身近なデータシリアライズ言語
異なるアプリケーション間でデータを転送する際は、「XML」や「YAML」のような「データシリアライズ言語」が役に立つ。それぞれにはどのような特徴があり、どのような場面で活用できるのか。(2024/5/10)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「Java」が“死んだ言語”にならない納得の根拠
「Java」は歴史のあるプログラミング言語でありながら、今なお開発者から熱く支持されている。Javaを単なる“枯れた言語”以上の存在にし続けているのは、何なのか。(2024/5/8)

生成AIで変化する開発【第4回】
生成AIが「開発者のキャリアと給与」にもたらす希望と“残酷な結末”
組織の規模にかかわらず、開発業務に欠かせない存在となりつつある「生成AI」。一方で開発者には、このような状況を歓迎できない理由がある。生成AIが開発にもたらす変化と併せて解説する。(2024/4/24)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【後編】
なぜ「Mac」は“業務用マシン”として扱いにくいのか
企業で「macOS」搭載デバイスを使う際、IT管理者にはクライアントデバイスやOSを適切に管理することが求められる。macOSを導入する場合は、そうした運用面での“ある問題”に向き合わなければならない。(2024/4/13)

蔵出しブックレット
C++の後継? 謎のプログラミング言語「Carbon」を徹底解説
「C++」の後継として、Googleは「Carbon」というプログラミング言語を開発しています。CarbonとC++の関係や、C++の後継が必要な理由を詳しく解説します。(2024/4/11)

生成AIで変化する開発【第2回】
なぜ開発者は「ソースコード自動生成」を素直に喜べないのか?
開発分野における生成AI導入が広がっている。生成AIツールを使うことで開発が効率化することが期待できる一方で、開発者がそれを素直に喜べない事情もある。どういうことなのか。(2024/4/10)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
“バグの出にくい”プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の基礎知識
堅牢性や再利用性を高め、よりバグの少ないソースコードを作成したいならば、関数型プログラミングの利用を検討しよう。主要な関数型プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の概要を紹介する。(2024/4/10)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【後編】
Pythonのサンプルプログラムで分かる「if __name__ == “__main__”」の使い方
「Python」のプログラミングで使われる「if __name__ == “__main__”」という構文は、何のためのものなのか。どう役立つのか。サンプルプログラムを使いながら、使うべき場面とそうではない場面を解説する。(2024/4/5)

AIによるモダナイゼーションの可能性【中編】
生成AIで脱「COBOL」も? メインフレームは再び注目されるのか、それとも……
生成AIを動かすインフラとして、メインフレームは今後再び注目を集めることになるのか。企業によるモダナイゼーションに向けた動きと併せて解説する。(2024/4/4)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【前編】
Macセキュリティ管理「mSCP」で“あの危ない機能”の無効化も その方法とは?
「macOS」の運用は、OSのアップデートや自社のセキュリティ要件を考慮したセキュリティ対策に手間が掛かりやすい。この問題を解決するプロジェクト「mSCP」は、IT管理者をどう支援するのか。(2024/3/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
C++が嫌われ、JavaScriptが人気の訳は? 使えるプログラミング言語の見極め方
初心者に適したプログラミング言語とは何なのか。「JavaScript」が人気を維持する一方で、「C++」が“嫌われる”理由とは。プログラミングをこれから学ぼうとする人も、学び続ける人も押さえるべき情報をまとめた。(2024/3/30)

ベンダーは値上げを継続【前編】
あの時クラウド移行した企業を苦しめる「値上げだけじゃないコスト」の正体
政府やITベンダーの調査を分析すると、クラウドサービスの値上げはしばらく継続する可能性がある。ただし、企業がコスト増に悩む理由はベンダーの値上げだけではない。(2024/3/29)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【中編】
Pythonの謎構文「if __name__ == “__main__”」には何の意味があるのか
「if __name__ == “__main__”」という構文は、「Python」のプログラミングでしばしば目にする構文だ。この構文が意味するところを、例を挙げながら説明する。(2024/3/29)

AGI(汎用人工知能)とは何か?
「AGI」は「AI」と何が違う? AGIが人間を超える日は来るか
AGI(汎用人工知能)は人間の思考や知能をシステムで再現するための技術だ。従来のAI技術とは何が違うのか。(2024/3/28)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【後編】
Java経験者が「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由
プログラミング言語「Java」の代替言語に位置付けられる「Kotlin」。開発者がJavaではなくKotlinを使いたくなるのはなぜか。Java にはないKotlinの利点や魅力を解説する。(2024/3/26)

GPTカスタマイズの可能性【前編】
“独自ChatGPT”を作れて稼げる「GPT Store」にはどんなアプリがある?
OpenAIが提供を開始したアプリケーションストア「GPT Store」は、ChatGPTのLLM「GPT」の活用方法を大きく変える可能性がある。何ができるのか。(2024/3/23)

生成AI×開発の可能性
住友ゴムは“生成AI”「Gemini」をなぜ選択し、開発をどう変えたのか?
住友ゴムの開発部門は、生成AIツールを活用して開発業務における課題解決を図った。「Gemini」を選定した理由や活用方法、今後の展望について解説する。(2024/3/28)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【前編】
Pythonで目にする“謎”の構文「if __name__ == “__main__”」とは?
「Python」のプログラミングでは、「if __name__ == “__main__”」という構文を目にすることがある。この構文が持つ役割は何か。どのような場面で用いるのか。簡単な例を挙げて解説する。(2024/3/22)

あの大手も続々採用
AMD「NVIDIAに勝つ」は大げさではない? 攻めに出るGPU“永遠の二番手”
NVIDIAの競合となる半導体ベンダーAMDが、GPU製品を拡充するなど攻めに出ている。AI技術を活用するための半導体製品として、AMD製品を採用する動きも活発だ。AMD製品に対する評価とは。(2024/3/21)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【前編】
もうJavaには戻れない? 開発者が「Kotlin」を好きになる5つの理由
幅広い開発に使えるプログラミング言語「Kotlin」は、「Java」に代わる選択肢になる。JavaではなくKotlinを使う理由は何か。その魅力を解説する。(2024/3/19)

Linuxディストリビューションの選択肢【後編】
CentOS後継争い「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝負は“あれ”で決まる
Red Hatが「CentOS Linux」を廃止したことで、企業は「RHEL」の代わりとして利用できる安定したディストリビューションを探すことになった。「Rocky Linux」「AlmaLinux」のどちらが選ばれるのか。(2024/3/19)

メインフレームは生き残るのか?【前編】
「メインフレーム脱却」を拒み続ける“亡霊”の正体
終わりが近いとささやかれてきた「メインフレーム」は、依然として現役で企業ITの中心的な役割を担っている。企業が“脱メインフレーム”に踏み切らない背景には、何があるのか。(2024/3/15)

蔵出しブックレット
令和になっても「COBOL」から離れられない“理由”
プログラミング言語「COBOL」で書かれた古いプログラムを使用し続けている企業では、継続利用の理由が必ずしもポジティブではないことがあります。本ブックレットはその理由を解説します。(2024/3/14)

Javaの10個のメリット【第5回】
なぜ今こそ「Java」なのか? 使いやすい言語な訳
アプリケーション開発で企業が使いやすいプログラミング言語は幾つか存在し、その一つがJavaだ。Javaを使うことで得られるメリットについて、言語的な特性から見た2点を紹介する。(2024/3/13)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【中編】
「GPU」でも「APU」でも勝負 AMDが目指す“NVIDIAとの違い”
AI技術が台頭する中で一段と注目を集めるようになったのが、GPUを手掛けるプロセッサベンダーの動向だ。AMDはAI分野の動向をどう見ていて、どのようなプロセッサ製品を提供するのか。(2024/3/11)

Javaの10個のメリット【第4回】
「Java」とはどんな言語で、なぜ魅力的なのか?
「Java」は型を明示する「静的型付け」言語であり、オブジェクトを中心に据えた「オブジェクト指向」言語でもある。これらの特性はどのようなメリットをもたらすのか。(2024/3/6)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】
技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは
人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。(2024/3/5)

Javaの10個のメリット【第3回】
人気言語「Java」が進化をやめない裏には“あの人”がいた
企業がアプリケーション開発に「Java」を選択すべき理由は幾つかある。Javaを支える専門家の功労と、機能の実装スピードは、Javaを利用する上でどのように有効なのか。(2024/2/28)

プロンプトエンジニアリングツール7選【後編】
プロンプト作成を助けてくれる「Prompter」「PROMPTMETHEUS」「FusionAI」とは
生成AIの中でも、テキストを生成するAIからより良い答えを引き出すための技法を「プロンプトエンジニアリング」と呼ぶ。そのために活用できる3つのツールとは。(2024/2/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか?
メインフレームからオープンシステムへの移行など、コンピュータの常識が変わるのに合わせて「プログラミング」は絶えず変化してきた。「過去」と「現在」のプログラミングには、どのような違いがあるのか。(2024/2/22)

Javaの10個のメリット【第2回】
「Java」は学びやすいって本当? 使われる納得の訳
「Java」は企業におけるアプリケーション開発の中心的存在だ。Javaのさまざまなメリットのうち、「性能」「習得難易度」の2つを取り上げる。(2024/2/21)

蔵出しブックレット
初心者がまず学ぶべきは「Java」でも「C」でもない“あの2大言語”だ
初心者にとって、どのプログラミング言語から学び始めるかを選択することは容易ではありません。専門家が推奨する、初心者が最初に学ぶべきお薦めのプログラミング言語は“あの2つ”です。(2024/2/15)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

11個のクールな技術用語とスラング【第5回】
「#」はシャープじゃないし「@」はあれじゃない 呼称が“謎”のIT用語
IT業界の独特な技術用語やスラングは、知らないまま目にすると何を表すのか理解しづらいことがある。「モンキーテール」「バグスプラット」「オクトソープ」と呼ばれるものは、それぞれ何を指すのか。(2024/2/13)