Javaの10個のメリット【第3回】
人気言語「Java」が進化をやめない裏には“あの人”がいた
企業がアプリケーション開発に「Java」を選択すべき理由は幾つかある。Javaを支える専門家の功労と、機能の実装スピードは、Javaを利用する上でどのように有効なのか。(2024/2/28)

プロンプトエンジニアリングツール7選【後編】
プロンプト作成を助けてくれる「Prompter」「PROMPTMETHEUS」「FusionAI」とは
生成AIの中でも、テキストを生成するAIからより良い答えを引き出すための技法を「プロンプトエンジニアリング」と呼ぶ。そのために活用できる3つのツールとは。(2024/2/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか?
メインフレームからオープンシステムへの移行など、コンピュータの常識が変わるのに合わせて「プログラミング」は絶えず変化してきた。「過去」と「現在」のプログラミングには、どのような違いがあるのか。(2024/2/22)

Javaの10個のメリット【第2回】
「Java」は学びやすいって本当? 使われる納得の訳
「Java」は企業におけるアプリケーション開発の中心的存在だ。Javaのさまざまなメリットのうち、「性能」「習得難易度」の2つを取り上げる。(2024/2/21)

蔵出しブックレット
初心者がまず学ぶべきは「Java」でも「C」でもない“あの2大言語”だ
初心者にとって、どのプログラミング言語から学び始めるかを選択することは容易ではありません。専門家が推奨する、初心者が最初に学ぶべきお薦めのプログラミング言語は“あの2つ”です。(2024/2/15)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

11個のクールな技術用語とスラング【第5回】
「#」はシャープじゃないし「@」はあれじゃない 呼称が“謎”のIT用語
IT業界の独特な技術用語やスラングは、知らないまま目にすると何を表すのか理解しづらいことがある。「モンキーテール」「バグスプラット」「オクトソープ」と呼ばれるものは、それぞれ何を指すのか。(2024/2/13)

11個のクールな技術用語とスラング【第4回】
「論理否定演算子」「シェバン」は何を指す? “あの記号”のなるほどの意味
IT業界における技術用語やスラングは、独特な響きを持っている。ソフトウェアエンジニアがよく使う専門用語の中から、「論理否定演算子」「シェバン」の意味と利用方法を説明する。(2024/2/6)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第2回】
「ローコード」には限界が……それでも“市民開発”が期待される理由
ローコード/ノーコード開発ツールに対する期待は高まる一方で、「限界がある」という意見も存在する。実際のところ何に役立ち、どのようなリスクを抱えているのか。“市民開発”に踏み切る企業の理由とは。(2024/1/30)

11個のクールな技術用語とスラング【第3回】
「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」とは? 知っておくと便利なIT用語
IT業界には幾つもの独特な技術用語やスラングがある。プログラミングにおいて、「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」はどのような場合に用いることができるのか。(2024/1/30)

HaskellとPureScript【後編】
「PureScript」が「JavaScript」より優れる点、劣る点 開発に役立つのは?
「PureScript」は「JavaScript」に変換されることを目的としたプログラミング言語だ。強力な型システムや型推論といった、PureScriptが備える特徴と、活躍する場面を紹介する。(2024/1/27)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
C++でもRustでもないプログラミング言語「Carbon」とは?
「Carbon」は、Googleが開発したプログラミング言語だ。その目的は「C++」が抱える問題を解消することにある。CarbonはC++やその他のプログラミング言語と何が違い、どのような場面で役立つ可能性があるのか。(2024/1/25)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第1回】
「ローコード開発」にやってくる幻滅期 “悲しい末路”を避けるには?
開発者の人材不足に対処する方法として、企業はローコード/ノーコード開発に期待を寄せている。ただしローコード/ノーコード開発ツールを使う際は、幾つかのリスクに注意を払わなければいけない。それは何か。(2024/1/23)

11個のクールな技術用語とスラング【第2回】
「Null条件演算子」「エルビス演算子」とは? IT用語になぜエルビス?
IT業界の技術用語やスラングは独特だ。「Null条件演算子」「エルビス演算子」はどのような演算子を指し、どのような場合に用いることができるのかを解説する。(2024/1/23)

HaskellとPureScript【前編】
「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは
「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。(2024/1/20)

補完し合う「生成AI」と「クラウド」
マッキンゼーが語る「生成AI」にはオンプレミスより「クラウド」を使うべき理由
生成AIとクラウドサービスは、互いの利点を引き出す相互補完的な関係にある。例えば、生成AIを活用することで、アプリケーションのクラウド移行期間を短縮できる。(2024/1/17)

11個のクールな技術用語とスラング【第1回】
「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは? “謎のIT用語”の正体
さまざまな独特の用語であふれているIT業界。その用語のうち「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは何かを解説する。(2024/1/16)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【前編】
「脱メインフレーム」で“40年の歴史”を終わらせる 米特許機関の決断
米国特許商標庁(USPTO)が2018年に着手したデジタル変革は、システムの不具合が発端だった。さまざまなハードルを乗り越え、USPTOが脱メインフレームを成功させた方法とは。(2024/1/12)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
iPhoneは監視されている? パスワード不要の認証「パスキー」のすごさは?
「セキュリティ」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「sudo」は須藤とは読まない JavaでもCでもない「初心者が学ぶべき言語」は?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

コンピュテーショナルストレージの可能性【前編】
いまさら聞けない「コンピュテーショナルストレージ」とは? なぜ必要?
ストレージと演算処理機能を1つにまとめた「コンピュテーショナルストレージ」は、それぞれが独立していた従来のストレージシステムと何が違うのか。コンピュテーショナルストレージの概要を解説する。(2023/12/27)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「Javaはやめとけ」はガチなのか、ガセなのか? 11個の誤解と真実
「Java」は広く支持され続けてきた一方で、さまざまな誤解を生んできたプログラミング言語だ。事実ではないにもかかわらず信じられてきた11個の誤解と、その裏にある真実を解き明かす。(2023/12/21)

NaaS(Network as a Service)の現在地【前編】
クラウドが人気でも注目されない「NaaS」とはそもそも何?
ネットワークをサブスクリプション形式で利用するNaaSを使うことで、ネットワーク管理者には面倒なメンテナンスから解放される。その利用はまだ広がっていない。NaaSの現状とは。(2023/12/20)

Linuxでの「Vim」の使い方【第4回】
「Vim」が根強く愛されるエディタである理由
「Vim」は初心者にとってはとっつきにくいテキストエディタだが、設定のカスタマイズや拡張機能の追加をすることで、使い勝手の良いツールになる。Vimが根強く使われるのはなぜなのか。利点を改めて考える。(2023/12/16)

C++からの移行先になる?【後編】
プログラミング言語「Carbon」がC++ともRustとも違う点はこれだ
「Carbon」は、「C++」の特徴を受け継ぐプログラミング言語として開発されており、「Rust」とも対比されることがある。Carbonは「C++」や「Rust」とは何が違うのか。(2023/12/13)

Linuxでの「Vim」の使い方【第3回】
Vimが「やっぱり人気エディタ」だと納得できる“奥深い世界”
「Vim」は一見するととっつきにくいテキストエディタだが、使い方を知り、自分の目的に合った設定や拡張機能を追加することで、便利なツールになる。Vimを使いこなすための設定を解説する。(2023/12/10)

C++からの移行先になる?【前編】
プログラミング言語「Carbon」は「C++」より何が優れているのか
「Carbon」は、「C++」を基盤とした実験的なプログラミング言語だ。C++から進化した特徴や、現時点での制限など、Carbonの概要を紹介する。(2023/12/8)

AIでローコード/ノーコード開発ツールはどう変わるか【後編】
「AI」で便利になるローコード/ノーコード開発ツール 何ができる?
ローコード/ノーコード開発ツールは、開発者ではないエンドユーザーでもアプリケーション開発を可能にする。さらにAI技術を組み込むことで、そのメリットはどう広がるのか。(2023/12/8)

Linuxでの「Vim」の使い方【第2回】
「Vim」は使ってみれば怖くない? サンプルで学ぶ“基本の基”
「Linux」の標準テキストエディタである「Vim」は、初心者にとってはあまりなじみのない使い方をするツールだ。サンプルスクリプトを使いながら、Vimの基本操作を解説する。(2023/12/3)

“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第2回】
FinTech企業が「役に立たないデータ」を使い倒せるようになった方法とは
複数のSaaSを利用していると、データ連携に掛かる時間やコストが増大する可能性がある。こうした問題を解決し、データ活用を容易にする方法とは。決済システムベンダーのVitesse PSPの事例を基に説明する。(2023/11/27)

AI市場で勝負するAMD【後編】
AMDがNVIDIAの「GPU独壇場」をぶち壊す単純なシナリオ
人工知能(AI)技術の市場で注目を集めるGPUベンダーNVIDIAに対して、同業AMDが対抗するための軸はオープンさになる可能性がある。猛追するAMDに勝算はあるのか。(2023/11/27)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
CでもC++でもなく「Go」「Rust」を使いたくなる理由
プログラミング言語「Go」「Rust」には、開発分野で昔から使われている「C」「C++」といったプログラミング言語にはない、さまざまな機能がある。GoとRustそれぞれの機能と利点、欠点をまとめた。(2023/11/23)

APIを危険にさらす「5大リスク」とは【中編】
APIを狙う「インジェクション攻撃」から個人情報を守るには?
APIを巡るさまざまなセキュリティリスクの一つが、インジェクション攻撃だ。どうすればこの攻撃を防ぐことができるのか。そもそもどのような手法なのかを含めて解説する。(2023/11/15)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【中編】
「ネットワークエンジニア」「ソフトウェアエンジニア」の基礎スキルの違い
ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは、同じITエンジニアであってもさまざまな領域で異なる。求められるスキルセットの違いを解説する(2023/11/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
JavaScriptの代わりでも後継でもない「TypeScript」の“真の役割”
「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。両者の共通点や違い、お互いに対する役割とは何か。(2023/11/9)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第1回】
サポート切れの「vSphere」はなぜ危険なのか? “安定稼働”に油断できない訳
「VMware vSphere」のバージョン6.5と6.7のテクニカルガイダンスが2023年11月に終了する。一見安定稼働しているように見えても、サポート切れのvSphereを使い続けることにはリスクが伴う。そのリスクとは何か。(2023/11/21)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「Python」と「Go」を徹底比較 どちらのプログラミング言語を学ぶべき?
近年急速に利用が広がっているプログラミング言語が「Python」と「Go」だ。両者の主な違いを、文法や仕組みといった複数の観点から、サンプルコードを用いて比較する。(2023/10/26)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第3回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」をデプロイ機能で比較 何が違う?
Kubernetesクラスタの運用管理ツールは、操作の自動化や一元管理などによる省力化が可能だ。アプリケーションのデプロイや管理において「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」はどう違うのか。(2023/10/25)

プログラミングのこれまでとこれから【第3回】
人気のプログラミング言語「7種」の特徴とそれぞれの違い
プログラミング言語にはどのような種類があり、それぞれどのような特徴や歴史を持つのか。7つの主要プログラミング言語とその基礎知識を紹介する。(2023/10/23)

研究開発で分かるSSDの挑戦【第3回】
永続メモリ「Optane」は死んでいなかった? 「MS-SSD」が示した可能性とは
Intelが提供していた永続メモリ「Intel Optane」のために、さまざまな技術が開発されていた。その取り組みは無駄ではなかった。Samsung Electronicsの「MS-SSD」が示した可能性とは。(2023/10/20)

プログラミングのこれまでとこれから【第2回】
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか? 新時代をもたらす劇的変化
プログラミングは半世紀以上を経る中で、どのように変わってきたのか。プログラミングの高速化に追い付くために知っておくべき手段とは。(2023/10/16)

スクラムとカンバンの違い【第1回】
いまさら聞けない「スクラム」と「カンバン」の違い アジャイル開発の2大手法
「スクラム」と「カンバン」は、アジャイル型開発を実現する開発手法だ。それぞれの特徴や、スクラムの進め方を大まかに解説する。(2023/10/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
“プログラミング言語はどれも同じ”論者もうなずく「違い一覧」
誤解から生まれたさまざまな“神話”が、ソフトウェア開発業界にはあふれている。どのような神話が根付いているのか。本当のところはどうなのか。(2023/10/12)

プログラミングのこれまでとこれから【第1回】
不況でも稼げるプログラマーが知っている「プログラミング」の基本はこれだ
プログラマーの雇用市場は活況を呈している。雇用市場の概況から特に需要のある分野を見つつ、プログラミングの基礎知識をおさらいする。(2023/10/11)

メインフレームと生成AI【後編】
「COBOL」のプログラムを「Java」に高速変換 IBMの一押しツールとは
メインフレームで稼働する「COBOL」のプログラムを「Java」に移行する際、生成AIの活用が効果的だとIBMは説明する。具体的にはどういったツールを使うことになるのか。事例と共に紹介する。(2023/10/5)

メインフレームと生成AI【前編】
「COBOL」を楽に脱却できれば“メインフレーム最新化”は進むのか
企業は今後のビジネス戦略において、メインフレームをどのように位置付けているのか。メインフレームを最新化するにはどうすればいいのか。IBMの調査を基に紹介する。(2023/10/4)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第15回】
事務員志望から大学の名誉教授に――IT業界に貢献する女性たち
英国のIT業界で活躍する女性を表彰している英Computer Weekly。表彰者の中で殿堂入りを果たした人物の、特筆すべき活動を紹介する。(2023/10/3)

研究開発で分かるSSDの挑戦【第1回】
SSDの新たな挑戦「CXL接続」はストレージの希望なのか?
CXL接続SSDはまだ研究開発段階にあるに過ぎないが、それが実現した場合にはストレージの設計やコンピューティング在り方を大きく変える可能性がある。どのようなものなのか。(2023/10/2)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第14回】
コーディングをカード1枚、1日で教える――IT業界に貢献する女性たち
英Computer WeeklyがIT業界で活躍する女性を表彰している「Most Influential Women in UK Technology」。企業で活躍し、殿堂入りを果たした女性を紹介する。(2023/9/30)