エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第4回】
「10進法を16進法に換算する方法」を数学的に説明する
16進法は、10進法とどのような点が異なるのか。10進法の数値を16進法に換算する場合は、どうすればよいのか。10進法の数値と16進法の数値の対応表を基に考える。(2022/5/20)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第4回】
データ分析を阻む「人の問題」と、その解決に役立つ技術
データ分析における根強い問題が「人」に関する問題だ。技術の進化が、問題の解決につながると専門家は指摘する。どのような技術が役立つのか。(2022/5/18)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第3回】
「自動ペネトレーションテストツール」を過信してはいけない 専門家の懸念は?
テスト担当者やセキュリティアナリストの作業の一部を肩代わりする自動ペネトレーションツールには、利点だけでなく欠点もある。導入に先立って企業が把握すべき欠点や専門家の見解を紹介する。(2022/5/13)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第3回】
「16進法の10」と「10進法の10」の違いを数学的に説明する
16進法の「10」と10進法の「10」は異なる数字を指す。16進法とはどのような記数法で、10進法の数値からどう変換すればよいのかを解説する。(2022/5/13)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【前編】
“普通のPaaS”が嫌なら「オープンソースPaaS」製品を使うべき理由
PaaSの課題は「オープンソースPaaS」製品を利用することで解消できる場合がある。オープンソースPaaS製品のメリットと、その一つである「CapRover」を取り上げる。(2022/5/11)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第3回】
「NLP」(神経言語プログラミング)はデータ分析にどう役立つのか?
人の心理を読み解く「神経言語プログラミング」(NLP)が、データ分析をより簡単に、より効率的にする可能性があるという。NLPはデータ分析にどう寄与するのか。(2022/5/11)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

雑誌付録のRaspberry Pi Picoも
写真で見るRaspberry Pi史:ジャンパー線まみれのプロトタイプ・ラズパイ公開
開発段階のプロトタイプラズパイ、雑誌に添付されたラズパイPico、国際宇宙ステーションで超小型衛星に組み込まれたラズパイなど、ラズパイ10年の歴史を写真で振り返る。(2022/5/6)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第2回】
「10進法を2進法に換算する方法」を数学的に説明する
コンピュータの世界ではデータを2進法で表現することが一般的だ。われわれの日常生活ではあまりなじみのない2進法を簡潔に解説しよう。(2022/5/5)

Computer Weeklyリバイバル
自動化しても業務が効率化しない納得の理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/5/1)

エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第1回】
「10進法の500」とは何かを数学的に説明する
コンピュータを利用する上で、2進法や16進法などの記数法を理解しておくことは重要だ。まずは身近な10進法の基礎知識をあらためて整理しよう。(2022/4/30)

「PowerShell」のループ処理に使える4つの構文【後編】
PowerShell「while」「do while」の根本的な違いとスクリプト例
「PowerShell」のループ処理構文を覚えれば、反復実行するタスクの自動化に役立つ。主要な構文のうち「while」「do while」の概要と、これらの違いを整理しよう。(2022/4/13)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【後編】
「Java」こそが“クラウドネイティブ言語”である理由
「Java」は企業のアプリケーション開発を支え続けており、今後も有力な選択肢になり続けると考えられる。「クラウドネイティブ開発」「機能強化」「互換性」の3つの観点から、その理由を説明しよう。(2022/4/8)

「PowerShell」のループ処理に使える4つの構文【前編】
PowerShell「foreach」「ForEach-Object」の根本的な違いとスクリプト例
「PowerShell」のスクリプトでループ処理をしたい場合に、使える構文が幾つかある。主要な構文のうち「foreach」「ForEach-Object」を紹介する。(2022/4/6)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【前編】
「Java」がいまだに使われ続ける“端的な理由”
開発者からの支持を集め続けるプログラミング言語「Java」。根強く利用される背景には何があるのか。Javaの主なメリットを整理する。(2022/4/1)

リーバイスのAI教育【後編】
リーバイスが「AIブートキャンプ」から得た“期待以上の成果”とは?
リーバイスの「AIブートキャンプ」は大人気のAIスキル研修だ。狭き門をくぐり抜けた受講者のその後の活躍ぶりについて、同社責任者が語った。(2022/3/29)

企業でも意外と使える「Raspberry Pi」【後編】
格安・極小PC「Raspberry Pi」驚きの活用方法とその真価
「Raspberry Pi」をビジネスで生かそうとする取り組みが広がっている。どのような用途があるのか。こうした用途の例から見える、Raspberry Piの“本来の生かし方”とは。(2022/3/28)

企業でも意外と使える「Raspberry Pi」【前編】
格安・極小PC「Raspberry Pi」は誰のために生まれたのか?
無駄をそぎ落としたコンピュータとして異彩を放つ「Raspberry Pi」は、一般的なコンピュータの安価な代替品として生まれたわけではない。誕生10周年を迎えたRaspberry Pi。その当初の“使命”を振り返る。(2022/3/27)

「Node.js」と「.NET」を比較する【中編】
いまさら聞けない「.NET」の基礎 「NuGet」とは何か
「.NET」は、さまざまなシステムで稼働するアプリケーションの開発環境を企業に提供する。.NETを使うと、開発者はどのような機能を実装できるのか。開発時に利用できるツールにはどのようなものがあるのか。(2022/3/25)

「VBAマクロ」の抑え込み【後編】
Microsoftの「VBAマクロ」原則ブロックを専門家が称賛 中には“苦言”も
「Microsoft Office」ファイルの標準設定を変更し、VBAマクロを悪用した攻撃を防ごうとするMicrosoftの取り組みを、専門家はどうみているのか。歓迎の声が上がる中、同社を批判する意見もある。(2022/3/22)

iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】
iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?
「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。(2022/3/18)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【前編】
「メタバース」を正しく恐れる 注意すべきセキュリティ問題とは?
メタバースの普及に伴い、企業はよりいっそうセキュリティに注意を払う必要が生じた。従来企業を悩ませたセキュリティ問題に加え、新たな問題が浮上すると専門家は予想する。どのような問題なのか。(2022/3/16)

「VBAマクロ」の抑え込み【中編】
VBAマクロ“原則ブロック”後に「Office」でマクロを実行する方法
ダウンロードした「Microsoft Office」ファイルは有害なマクロを含む可能性がある。対策としてMicrosoftはOfficeファイルのマクロを標準で無効にする。実行が必要なマクロがある場合、企業はどうすればよいのか。(2022/3/15)

「.NET Framework」からの脱却は実現するか【後編】
.NET Frameworkから.NET Coreに移る前に知りたい「.NET 6」の特徴と注意点
Microsoftの「.NET Framework」の後を継ぐ「.NET Core」は、開発者が.NET Frameworkから脱却するに足るものなのか。その判断材料となり得る、.NET Coreのバージョン「.NET 6」を解説する。(2022/3/9)

「VBAマクロ」の抑え込み【前編】
“怪しいVBAマクロ”を原則ブロック 「Office」標準設定変更の狙いは?
企業へのサイバー攻撃に広く使用されてきたVBAマクロの対処に、Microsoftが乗り出した。「Microsoft Office」アプリケーションの標準設定を変更し、VBAマクロを原則ブロックするように決断した背景とは。(2022/3/8)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【前編】
「Microsoft製品のプロ」「Googleサービス職人」を目指す必要がない理由
ソフトウェア開発者は、自分がフリーランスになるかどうかを判断する前に、そもそも「優れたフリーランスエンジニア」はどのような存在であるかを考えるべきだ。専門家の意見を紹介する。(2022/3/5)

聖徳学園の校内SNS活用【後編】
聖徳学園は「保護者に使ってもらえるIT」「生徒の安全なSNS利用」をどう実現したのか
聖徳学園は生徒や保護者との情報共有に「Talknote」を採用している。保護者にTalknoteをはじめとするITツールを使ってもらうためにした工夫と、生徒が安全にITツールを利用できるようにするための秘策は。(2022/3/31)

Computer Weeklyリバイバル
自動化しても業務が効率化しない納得の理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/2/27)

「高度合成数」が鍵
「Bootstrap」のグリッドはなぜ10個ではなく12個なのか その数学的理由
レスポンシブWebサイトの作成で主流のフレームワーク「Bootstrap」は、12カラムのグリッドシステムを採用している。それはなぜなのか。そこには幾つかの数学的な理由がある。(2022/2/25)

「.NET Framework」からの脱却は実現するか【前編】
「.NET Framework」から「.NET Core」への移行が進まない理由
企業は長きにわたって「.NET Framework」を使い続けている。開発元のMicrosoftが.NET Frameworkの後継として「.NET Core」を公開したものの、移行はあまり進んでいない。それはなぜなのか。(2022/2/22)

アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】
面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由
アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。(2022/2/22)

受講者の44%は女性
「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる
英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。(2022/2/16)

TechTarget発 世界のITニュース
SkillsoftがCodecademyを5億2500万ドルで買収へ サービスはどう変わる?
企業向けにオンライン学習サービスを提供するSkillsoftは、個人向けオンライン学習サービスCodecademyを運営するRyzacを買収する。この買収で、利用企業にとって何が変わるのか。(2022/2/14)

プログラマーにうまくアドバイスする心理的テクニック【後編】
プライドの高いプログラマーに穏便に助言するための“心を操る”方法
直接的な要望や文句を提示せず、穏便に問題を解決するためには、プログラマーにどのような形で自分の考えを伝えればよいのか。具体例とともにテクニックを紹介する。(2022/2/10)

教育ITニュースフラッシュ
「オンライン講義」に1日100件超の問い合わせ――立命館大学はどう対処したのか
立命館大学のチャットbot導入事例や、幼稚園の業務効率化事例など教育ITに関する主要ニュースを紹介する。 (2022/2/9)

ペネトレーションテストのためのPython【後編】
「Python」だけじゃなく「JavaScript」「Go」「Ruby」を学ぶべき理由
「Python」はペネトレーションテスト担当者が学ぶのに適したプログラミング言語だと専門家は主張する。Python以外にも目を向けるべきコンピュータ言語や、学習を継続させるために重要なこととは。(2022/2/9)

プログラマーにうまくアドバイスする心理的テクニック【前編】
同僚プログラマーの機嫌を損ねずにミスを指摘できる“魔法の質問”
プログラミングで重視すべき項目や、より良いソースコードをチームで作り上げるこつは何だろうか。エンジニアの実体験を基に解説する。(2022/2/4)

価格だけで選んではいけないローコードツール
「ノーコード/ローコード開発」ツール 失敗しない選択の基準は?
ビジネスニーズの変化に対応するには、アプリケーションの素早い開発、改修が鍵を握る。アプリケーション内製化の手段として浮上している「ノーコード/ローコード開発」ツールは、どのような機能を備えるべきだろうか。(2022/2/3)

AWS、Microsoft、Googleの機械学習認定資格【前編】
“機械学習のプロ”を認める「AWS Certified Machine Learning - Specialty」とは? 合格するには
大手クラウドベンダー3社は、キャリアアップに役立つ機械学習認定資格を用意している。AWSの機械学習資格「AWS Certified Machine Learning - Specialty」を取得するためのお役立ち情報をお届けする。(2022/2/2)

ペネトレーションテストのためのPython【中編】
「Python 3」と「Python 2」の“決定的な違い”とは?
「Python 2」と「Python 3」にはさまざまな違いがある。ペネトレーションテストでの「Python」活用を推奨する有識者が、特筆すべき両者の違いを解説する。(2022/2/2)

「Discord」を襲う脅威【後編】
「Discord」攻撃から見える、「公開リポジトリ」が狙われやすくなった理由
「Discord」ユーザーを狙うマルウェアが見つかったことに際して、セキュリティ専門家はオープンソースソフトウェアのリポジトリを悪用する攻撃への注意を促している。その背景は。(2022/2/1)

ペネトレーションテストのためのPython【前編】
初めてのプログラミングには「Python」を選ぶべき“セキュリティ的な理由”
ペネトレーションテスト担当者にとって、「Python」は優先して習得すべきプログラミング言語だと専門家は推奨する。それはなぜなのか。そもそもPythonは学びやすいのか。(2022/1/26)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【後編】
EdTechユニコーン企業CEOが感じる、教育業界にはびこる“ITへの拒絶感”とは
ユニコーン企業となったEdTechベンダーGoStudentのCEOは「教育業界にはIT活用を阻む障壁がある」と話す。障壁の正体とは何か。障壁が存在する理由とは。(2022/1/19)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【前編】
EdTech業界のユニコーン企業が語る コロナ禍がオンライン教育を難しくした理由
ユニコーン企業であるEdTechベンダーGoStudentは、コロナ禍によりオンライン教育サービスの需要が減少したと明かす。オンライン教育サービスにとって追い風にも思えるコロナ禍が、“逆風”となった理由とは。(2022/1/12)

“開発者エクスペリエンス”を下げないための5つのヒント【後編】
“モチベーションの低い開発者”のやる気を引き出すためのヒント
開発者の満足度を下げないために、どの企業でも共通して「やってはいけない」ことがある。それを避けるためのヒントを3つ紹介する。(2022/1/10)

Computer Weeklyリバイバル
自動化を導入しても業務が効率化しない理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/1)

Computer Weeklyリバイバル
IBM、Microsoft、AWSの量子コンピューティングサービス
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/31)

教育ITニュースフラッシュ
「GIGAスクール構想」がプログラミング教育を遅らせる? 小学校教員が嘆き
小学校教員に対するプログラミング教育の調査結果や、法政大学の「オープンバッジ」導入事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2021/12/28)

“開発者エクスペリエンス”を下げないための5つのヒント【前編】
“開発者の満足度”が低いと顧客満足度も下がる? 快適な職場を用意する方法
企業は“開発者の満足度”を軽視しがちだ。開発者の満足度は製品の品質に影響する。開発者の満足度を高め、質の高い仕事をしてもらうにはどうすればいいか。(2021/12/27)

Rubyを知る【後編】
「Ruby」が“大人気言語”になり切れない原因は?
Webアプリケーション開発用のプログラミング言語として人気を博してきた「Ruby」には幾つかの短所がある。開発者にとってどのような点が問題なのか。(2021/12/24)