コンピューティングと女子の関係【中編】
女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”
2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。(2021/10/24)

Javaが愛され続ける5つの理由【前編】
「Java」を学びたくなるシンプルな理由
「Java」はモバイルアプリケーションからサーバサイドアプリケーションまで、さまざまな開発に利用できるプログラミング言語だ。開発者が支持する理由を解説する。(2021/10/21)

クラウドでパイプラインを統合
JetBrainsがCI/CD用SaaS「TeamCity Cloud」をリリース
Kotlinを開発した企業でもあるJetBrainsが、CI/CDのためのクラウドサービスをリリースした。(2021/10/20)

コンピューティングと女子の関係【前編】
女子は男子よりも「コンピュータ」をうまく使える? 英国試験が示す事実
コンピューティングは女子の方が男子よりも得意――。2021年夏の英国GCE A Level試験で、こうした状況が明らかになった。数字上は男女問わず前年から成績が向上したが、この見方には慎重論もある。(2021/10/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
「COBOL」がいまだに動き続ける“切実な理由”
昔のCOBOLプログラムが古いインフラで今でも動いている――。こうした企業は決して珍しくない。その背景には何があるのか。さまざまな理由で古いCOBOLプログラムを使い続ける必要がある企業は、何をすればよいのか。(2021/10/15)

大学が企業向けIT製品を教える訳【後編】
大学の「RPA」「BI」講義に学生からは高評価 その納得の理由
大学やベンダーが業務自動化ツールやデータ分析ツールなどの使い方を教える講義を開講し始めている。実際に講義を受けた学生の評価は。(2021/10/13)

「Microsoft Power Apps」を使いこなす6つのヒント【後編】
「Power Apps」でのローコード開発でつまずかないために確認すべき「SLDC」とは
「Microsoft Power Apps」でアプリケーションを開発する際は、設計から運用までのベストプラクティスに従うことが重要だ。3つのベストプラクティスを取り上げる。(2021/10/7)

大学が企業向けIT製品を教える訳【前編】
UiPath、Power BI、Tableauを講義で勉強――大学が「RPA」「BI」を教える理由
カリフォルニア州立大学フラトン校が、会計学の講義の一つとして「RPA」ツールや「BI」ツールを扱う講義を開講した。これらのツールの使い方を実践的に教える講義は、大学や学生にどのような効果をもたらすのか。(2021/10/6)

クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【後編】
「キューベースの負荷平準化」「スロットリング」が役立つクラウドアプリは?
クラウドベースアプリケーションの停止を避けるには、どのデザインパターンを選ぶのかが重要になる。有力な候補は「キューベースの負荷平準化」「スロットリング」だ。これらを採用したアプリケーションの特徴とは。(2021/10/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Visual Studio Code」大人気の訳 新世代のEmacsか
Microsoftが無料で提供するソースコードエディタ「Visual Studio Code」の利用が、なぜ急速に広がっているのか。「新しい世代の『Emacs』だ」との声もある、Visual Studio Codeの本当の実力を探る。(2021/9/30)

「Microsoft Power Apps」を使いこなす6つのヒント【前編】
ローコード開発ツール「Power Apps」で“使われるアプリ”を作る秘訣
「Microsoft Power Apps」はプログラミングの専門知識がなくてもアプリケーションを開発できるツールだ。エンドユーザーのニーズに合ったアプリケーションを作るためのヒントを紹介する。(2021/9/30)

TechTarget発 世界のITニュース
「Alexa」が進化 「運動したい」でスキル起動、スマートホーム規格Matter導入も
Amazon.comは開発者向けイベント「Alexa Live 2021」で、「Alexa」の新機能を発表した。一般的なフレーズでの「Alexaスキル」検索を可能にする開発ツールなど同社が披露した新ツール、新機能を紹介する。(2021/9/26)

マイナーなプログラミング言語がなぜ選ばれるのか
Go、D言語、Nim、Rust製マルウェアが増えている怖いワケ
Go、D言語、Nim、Rustで書かれたマルウェアが増加傾向にあるという。わざわざ(現時点では)マイナーなプログラミング言語を使うのには理由がある。攻撃者にとってのメリット、標的にとってのデメリットとは何か。(2021/9/24)

クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【中編】
「リトライ」「サーキットプレーカー」を採用すべきクラウドアプリとは?
クラウドベースアプリケーションのデザインパターンである「リトライ」「サーキットプレーカー」は、どのようなアプリケーションを構築するのに向いているのか。具体例を交えて解説する。(2021/9/22)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【前編】
「バルクヘッド」とは? 障害に強いクラウドアプリのデザインパターン
クラウドベースアプリケーションにはさまざまなデザインパターンがある。そのうち障害を広めないことに強みがある「バルクヘッド」を取り上げる。(2021/9/16)

「Rust」のメリットとデメリット【後編】
難しくても「Rust」を学びたくなってしまう理由
クラウドネイティブなアプリケーション開発でプログラミング言語「Rust」を採用する開発者は、何をメリットと捉えているのか。デメリットと共に解説する。(2021/9/13)

TechTarget発 世界のITニュース
ベゾス氏やオバマ氏のTwitterアカウントを悪用 英国人男性が逮捕
Twitterを攻撃し、著名人のアカウントを乗っ取った英国国籍の男性をスペインの警察が逮捕した。どのような手口でTwitterのアカウントを盗んだのか。(2021/9/8)

「Rust」のメリットとデメリット【前編】
「Rust」はなぜクラウドネイティブ開発者の間で大人気なのか?
クラウドネイティブなアプリケーションの開発者の間で、プログラミング言語「Rust」が人気を博している。Rustにはどのようなメリットがあるのか。(2021/9/6)

大規模プロジェクトでのコード品質を確保する
「Javaで脱COBOL」に挑む損保ジャパン 成功のために選んだ手段とは
損保ジャパンの基幹システム刷新は、複数ベンダーが携わる大規模な開発プロジェクトだ。開発者の技術レベルが異なり、プログラミング言語が「COBOL」から「Java」へと変わる中、ソースコードの品質をどうやって確保したのか。(2021/8/31)

TechTarget発 世界のITニュース
消えた「ハッカー天国」 国際警察が犯罪者向けVPN「DoubleVPN」を停止
欧州刑事警察機構とオランダの警察は、サイバー犯罪者が利用するVPNサービス「DoubleVPN」のサーバを押収し、同サービスを停止させた。これを通じて警察がハッカーに送る“メッセージ”とは。(2021/8/31)

TechTarget発 世界のITニュース
金融機関狙うトロイの木馬「Gozi」の作成者が南米で逮捕 米国引き渡しに焦点
トロイの木馬型マルウェア「Gozi」の作成に関わったルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネス氏がコロンビアで逮捕された。Goziは世界で多数のコンピュータが感染したマルウェアだ。(2021/8/30)

データ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【後編】
無料で使える、「LAMP」「Jenkins」「WildFly」がすぐ使える仮想アプライアンス
Webアプリケーションの開発に役立つ仮想アプライアンスには、どのようなものがあるのか。「LAMP」「Jenkins」「WildFly」を利用可能な無料の仮想アプライアンスと、無料であることによる注意点を説明する。(2021/8/26)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【後編】
「ライブラリ」と「フレームワーク」を見分ける有力な方法
ライブラリとフレームワークは、アプリケーション開発における役割や設計思想が異なる。開発者の視点から、それらを見分ける方法を解説する。(2021/8/20)

コンピュテーショナルストレージ動向【後編】
コンピュテーショナルストレージ普及・活用のための課題
多くの可能性を秘めるコンピュテーショナルストレージだが、それを活用してメリットを引き出すためには幾つかの課題を解決する必要がある。(2021/8/16)

Javaで従うべき命名規則【後編】
Javaで「ケバブケース」はなぜ駄目? 「参照型変数」「パッケージ」の命名規則
Javaで扱う参照型変数やパッケージの命名時に従う標準的な命名規則とは、どのようなものか。Javaでの命名規則に「ケバブケース」を使うべきではない理由と併せて解説する。(2021/8/14)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【前編】
いまさら聞けない「ライブラリ」と「フレームワーク」の違いとは?
ライブラリとフレームワークは、どちらもアプリケーション開発を支援するプログラミング部品だ。両者の違いとは何か。(2021/8/13)

Javaで従うべき命名規則【前編】
Javaの「変数」「メソッド」「定数」名の“ひんしゅくを買わない”付け方
「Java」のソースコードを書く上で、標準的な命名規則に従うことは重要だ。変数、メソッド、定数を定義する際に従うべき命名規則をまとめた。(2021/8/7)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【前編】
数学のプロが「データサイエンティスト」になれるとは限らない“当然の理由”
AI技術を扱う人材の需要は飛躍的に高まっている。そもそもそうした「AI人材」にはどのような仕事があるのか。キャリアを築く上でのポイントは何か。(2021/7/20)

AI時代を支えるNVIDIA【後編】
CPU「Grace」の発表に見え隠れする、“GPUの覇者”NVIDIAの本当の狙い
NVIDIAを単に“GPUベンダー”と呼ぶことはもはやできない。CPUの処理をオフロードする「DPU」に加えて、同社製CPU「Grace」を発表した。その狙いと、これまでのCPUとの違いを紹介する。(2021/8/4)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【後編】
人気だった「Perl」「Objective-C」が“嫌われ言語”になった悲哀
かつて人気を集めていたり、不可欠だと考えられていたりしたプログラミング言語も、さまざまな理由で衰退期を迎えることがある。これらの中から「Perl」と「Objective-C」を紹介する。(2021/7/18)

データ仮想化ツールの機能と主要5製品【前編】
新たな仮想化「データ仮想化」とは? 主要ツールの機能を整理
「データ仮想化」とは、どのような技術なのか。データ仮想化ツールはどのような機能を持つのか。製品の理解と選定に役立つ基礎知識をまとめた。(2021/7/15)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【中編】
終わりに向かう旧「Visual Basic」がいまだに人気の“謎”
実力があり、根強いファンがいるにもかかわらず、衰退の危機にあるプログラミング言語は幾つかある。その中から「Haskell」やバージョン6.0以前の「Visual Basic」を取り上げる。(2021/7/11)

Computer Weekly日本語版
自動化を導入しても業務が効率化しない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/7/5)

TechTarget発 世界のITニュース
マルウェア「TrickBot」関連でラトビア国籍の女性が逮捕 プログラミングを担当
ランサムウェア攻撃にも使われるマルウェア「TrickBot」の攻撃に関わったとして、ラトビア国籍の女性が起訴された。どのような攻撃活動に関わっていたのか。(2021/7/5)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【前編】
プログラミング言語「Erlang」が熱心なファンを持つのに不人気な“あの理由”
プログラミング言語の普及度と実力は必ずしも一致しない。ただし、これから学ぶプログラミング言語を決める上で、普及度は重要な指標だ。実力がありながら、今後廃れる可能性のあるプログラミング言語はどれなのか。(2021/7/4)

マルチタスク強化でノートPCにさらに近づく「iPad」
「iPad」がMacの“無線拡張ディスプレイ”に変身? 「iPadOS 15」の注目機能
Appleの「iPadOS 15」は、「MacBook」「Mac」との連携や、複数アプリケーションを同時に操作するマルチタスク機能の強化を図った。具体的にどう役立つのか(2021/7/3)

IT運用チームと「NoOps」【後編】
「NoOps」はクラウド移行だけで実現するのか?
「NoOps」によって運用チームの業務がなくなるわけではない。ではNoOpsで企業の運用業務はどう変わるのだろうか。クラウドサービスとの関係と併せて解説する。(2021/7/2)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【後編】
“アラート疲れ”を解消する方法とは? ネットワーク運用のプロに聞く
企業は、さまざまなログの収集と分析に追われている。ログ収集・分析作業を効率化するヒントや注意すべき点とはどのようなものか。(2021/7/1)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

AWSとAzure、GCPの「無料枠」を活用する【前編】
無料でAWS、Azure、GCPが使えるクラウド2大「無料枠」とは? 利用条件は
クラウドサービスの利用料金は安くない。自社に合わないクラウドサービスを使って失敗するのを防ぐためにも「利用前に試す」ことが重要になる。その際に役立つのが「無料枠」の存在だ。どのような無料枠があるのか。(2021/6/28)

「SEOを考えたツール命名」はどのくらい重要か【前編】
名付けに「SEO」が必要な“納得の理由” なぜFluentdの「d」はそこにあるのか
「Fluentd」の名前は、以前は「Fluent」だった。なぜ「d」が付いたのか。その背景には検索エンジンの存在があった。Fluentd命名のいきさつを背景に、ツール命名におけるSEOの重要性を解説する。(2021/6/26)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【中編】
プログラミング言語「Go」は熱心な開発者ほど学習しにくい? その理由とは
エンジニアがプログラミング言語「Go」を学ぶ上での難しさとは何か。Goを用いたログ取得、分析の課題とは。専門家に聞いた。(2021/6/25)

Computer Weekly日本語版
IBM、Microsoft、AWSの量子コンピューティングサービス
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/21)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)

競争を勝ち抜くアイデアはこうして創造せよ
ビジネスに新価値をもたらすアイデアの創出策 レッドハットがアイデアソン開催
競争の激しいビジネス環境を企業が勝ち抜くには、新たな価値をもたらす「アイデア」が必要だ。だが、そう簡単に斬新なアイデアは生み出せるものではない。そこで、多くの人がアイデアを出し合い、共有しようというイベントが開催された。(2021/6/21)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】
いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?
「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。(2021/6/10)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
レスポンス遅延が頻発、室蘭市はシンクライアントの課題をどう解決した?
小中学校20校にPC教室を展開し、約800台の端末全てをシンクライアント化してきた北海道室蘭市。だがVDI方式を採用したことでサーバ負荷が増大し、起動時間の長期化やレスポンスの遅延が頻発していた。この課題を解決した方法とは?(2021/8/2)