過去記事一覧 (2022 年)

6 月

/tt/news/2206/23/news12.jpg
ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【中編】

ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃

ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。

/tt/news/2206/22/news02.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第4回】

週4日勤務に踏み切ったソフト開発会社が「会議」を減らした“納得の理由”

ソフトウェア開発会社Blackthorn.ioは新たな勤務形態として、給与は変えずに1日9時間、月曜から木曜の週4日勤務制に移行した。この変化に伴い、同社の従業員はどのように働き方を変えたのか。

/tt/news/2206/22/news08.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

「OKR」とは何か? Microsoftが語る“組織の連携強化”の鍵

Microsoftは、従業員体験向上を目的としたツール群「Microsoft Viva Suite」にOKRの管理ツールを追加する。組織の連携強化に役立つというが、どのようなツールなのか。

/tt/news/2206/21/news05.jpg
Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【後編】

企業は本当に“従業員監視”をしたがっているのか? 監視以外で本音を知る方法

従業員の考え、本音を知るために従業員監視ツールは役立つのだろうか。こうしたツールを使わずに従業員の本音を知る方法はあるのだろうか。こうした疑問に対する答えを探る。

/tt/news/2206/20/news14.jpg
教育ITニュースフラッシュ

中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上

中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。

/tt/news/2206/16/news01.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第4回】

「多様性のある人材採用」を口先だけにしないために“本当に大切なこと”

多様性のある採用を目指すときに大切なポイントは幾つかある。求人票の書き方のポイントと共に、採用を通して職場のDEIを実現するために本当に大切なことは何かを探る。

/tt/news/2206/15/news01.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第3回】

「週休2日・9時5時勤務」は本当の本当に生産的なのか?

企業も従業員も当たり前のこととして受け入れてきた勤務形態は、本当に生産性の向上をもたらすのだろうか。働き方の変化は、勤務形態の「これまでの常識」に再考を促す。

/tt/news/2206/15/news08.jpg
TechTarget発 先取りITトレンド

普通のユーザーでも使えるTableauの「組み込み型アナリティクス」とは?

Tableauは「組み込み型アナリティクス」関連の新ツールと新機能を発表した。より多くの従業員が、普段のワークフロー内でデータ分析を実施できるようになるという。どのようなツールなのか。

/tt/news/2206/14/news07.jpg
Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【前編】

Amazonが“従業員監視”を計画か その意図は? 法的な問題は?

Amazon.comから流出した内部文書の内容が物議を醸している。同社は業務監視ツールを導入し、従業員同士のやりとりで特定のワードをブロックしようとしているという内容だ。同社の意図とは。

/tt/news/2206/14/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

上司と部下の関係悪化を防ぐ“あの機能” 人事ツール「Oracle ME」の使いどころ

Oracleの新しい人事管理ツール群「Oracle ME」は、従業員とマネジャー間の対話を促進する。従業員体験価値向上に有効な機能と、鍵となる「パーソナライズ化」とは。

/tt/news/2206/09/news10.jpg
ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【前編】

“コーディングができるだけのソフトウェア開発者”はもう要らない

企業がソフトウェア開発者の採用を推し進める中、ソフトウェア開発者が採用を勝ち取るには、ただ「コーディングができる」だけでは足りないと考える向きがある。ソフトウェア開発者が身に付けるべきスキルとは。

/tt/news/2206/08/news05.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第2回】

アパレル会社が“従業員監視”で分かった「サボり社員」よりも深刻な事実

服飾メーカーFAM Brandsは生産性モニタリングツールを一部の部署に試験導入。テレワークで生産性を維持できていることを確認したという。その結果、同社の人事戦略にどのような変化があったのか。

/tt/news/2206/07/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Googleが「Looker」「Data Studio」など分散していたBIツールの連携強化

GoogleはBIツールの「Looker」や「Data Studio」、「Connected Sheets」の機能連携を強化する。これにより得られる効果とは。何が変わるのか。

/tt/news/2206/07/news01.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第5回】

ネットワーク管理者の「採用ミスマッチ」を防ぐための面接質問回答例

採用のミスマッチは誰も幸せにしない。これを防ぐためには採用担当者と求職者が「企業が今後何に重点を置いて事業を進めるのか」を理解する必要がある。求職者が面接で聞くべきこと、面接官が答えるべきことは何か。

/tt/news/2206/03/news01.jpg
理想的な「オンライン授業」のつくり方【後編】

自宅組と教室組が一体になれない“残念なオンライン授業”をなくす方法

授業において学習者は、教員から学ぶのと同じくらい、他の学習者から学んでいる。オンライン授業では、自宅と教室のそれぞれから参加する学習者同士のやりとりがしづらいケースがある。どうすれば解決できるのか。

/tt/news/2206/02/news01.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第3回】

「あるとよい」要件ばかりの“てんこ盛り求人票”はなぜ駄目か

多様な求職者に応募してもらうために企業がやりがちな悪手は、必須ではないスキルを“念のため”求人票に書いてしまうことだ。求人票に記載する職務要件を最小限に絞り込むことは、なぜ重要なのか。

/tt/news/2205/16/news03.jpg
「電子取引データ保存の義務化」に向けた準備と運用【第1回】

2022年改正電子帳簿保存法を改正前と比較、「4つの変化」とインパクト

2022年1月施行の「電子帳簿保存法」改正の要点を、4つのポイントに注目して解説する。電子取引のデータ保存義務化は2年間の宥恕措置が付いたが、対処の必要がなくなったわけではない。実務への影響範囲は。

/tt/news/2206/01/news14.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第1回】

「テレワークは生産性を高める」とアパレル会社が断言 根拠は“従業員監視”

一部の企業ではテレワークや週休3日制など、さまざまな働き方を認め始めている。こうした中、従業員の生産性を計測する動きが加速している。ある服飾メーカーの事例を追う。

5 月

/tt/news/2205/31/news03.jpg
SAP顧客の悩み

なぜS/4HANA移行が進まないのか SAPユーザー会が発表した問題とは?

非常に多くのSAP顧客がS/4HANAへの移行に際して困難な状況を経験しているという。SAP顧客は何に悩んでいるのだろうか。

/tt/news/2205/31/news04.jpg
Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【後編】

離職率の高い会社は研修にお金を出さなくなる? Gartnerに聞くその理由

COVID-19のパンデミック後の世界では、人事部門が研修や人材開発ツールにかける費用が減る可能性がある――Gartnerの人事調査責任者がこう考える理由と、企業が今後人事関連ツールに求める要素は何か。

/tt/news/2205/31/news02.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】

入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか

転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。

/tt/news/2205/27/news11.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Thoma Bravoが107億ドルでAnaplan買収 SAPやOracleとの競争力は高まるか?

IBP(統合事業計画)ソフトウェアベンダーのAnaplanは、投資会社に約107億ドルで買収される。SAPやOracleと競合するAnaplanの今後はどうなるのか。

/tt/news/2205/26/news03.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第2回】

「エキスパート求む」と求人票に書いても“真のエキスパート”を雇えない理由

求人票は、“未来の従業員”との最初の接点だ。職場に人材の多様性を持たせたいと考えていても、求人票に“ある言葉”を使うことで意図せず一部の人材を遠ざけてしまう可能性がある。気を付けるべき表現とは。

/tt/news/2205/26/news02.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【後編】

若者の7割が「初出社を考えると夜も眠れない」 オフィス回帰をどう進めるか

コロナ禍に伴うテレワークが長期化して、オフィス回帰を切望する従業員がいる。一方で、入社後はテレワークしかしておらず、初めての出社を不安に思う新人もいる。今後、オフィス回帰を進める上で留意すべき点は。

/tt/news/2205/25/news02.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【後編】

米国の事例に見る、従業員の「犯罪歴」や「SNSの発言」を継続調査することの是非

企業や事業内容によっては、従業員の採用後にも継続的な身元調査をする場合がある。企業は「犯罪歴」や「ソーシャルメディアの発言」などを継続調査する意義をどのように捉えているのか。米国の事例を紹介する。

/tt/news/2205/24/news07.jpg
Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】

“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由

調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。

/tt/news/2205/24/news03.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第3回】

ネットワーク管理者が採用面接で技術力と協働力をアピールできる答え方

ネットワーク管理の採用で企業がまず把握したいと考えるのは、求職者の「技術力」と「コミュニケーション能力」だ。こうした能力を測るために企業がすべき質問と、質問を受けた求職者が答えるべき内容を紹介する。

/tt/news/2205/23/news04.jpg
理想的な「オンライン授業」のつくり方【中編】

オンライン授業はなぜWeb会議よりも難しいのか? その“納得の理由”

主にWeb会議ツールを使う点で、オンライン授業とWeb会議には大きな違いはない――。こうした考え方には、オンライン授業における“ある課題”が考慮されていない可能性がある。

/tt/news/2205/19/news08.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第1回】

求人票で“ロックスター”を募集してはいけない納得の理由

求人を通じて人材の多様性を実現したい――。そう考える採用担当者にとって重要なのが、求人票の作成だ。求人票に盛り込んだ内容が、多様性の実現を遠ざけてしまう可能性があるという。どういうことなのか。

/tt/news/2205/19/news04.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】

「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか

従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。

/tt/news/2205/17/news07.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】

「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか

ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。

/tt/news/2205/16/news08.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【後編】

PC以外はクラウドへ 戦渦のウクライナでIT企業が実践する「事業継続計画」とは

ロシアのウクライナ侵攻が続く中、業務を継続しているウクライナのIT企業は、どのような事業継続計画を用意していたのか。SoftjournとDataArt Solutionsの事例を紹介する。

/tt/news/2205/16/news09.jpg
理想的な「オンライン授業」のつくり方【前編】

「オンライン教育」を“コロナ対策”で終わらせようとしていないか?

インターネットを使った「オンライン教育」の導入が広まりつつある。一方で、その効果的な実施には壁もある。存在する壁の正体と、解決方法を探る。

/tt/news/2205/13/news09.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【前編】

調査が示す「テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由」

「ハイブリッドワーク」は今後も続く――Web会議デバイスベンダーが世界7カ国のハイブリッドワーカーを対象とした調査でこのような結論を出した。テレワークとオフィスワークの組み合わせが支持される理由は。

/tt/news/2205/12/news04.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【後編】

“脱オフショア”がコロナ禍で進む? サプライチェーンリスクを減らす「次の一手」は

社会情勢が不安定な状況でサプライチェーンにダメージを受けた企業が、調達品の供給源や製造拠点の移動を検討するのは自然な流れだ。こうした動向は今後加速するのか。IDCに聞いた。

/tt/news/2205/11/news07.jpg
「同一労働同一賃金」を実現するITツール【後編】

「私の年収、低過ぎ?」の不満をなくすIT製品とは?

従業員に賃金を平等に支給し、適正な金額であること証明する上で役立つIT製品がある。「同一労働同一賃金」の実現に役立つ主要製品を紹介する。

/tt/news/2205/10/news05.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【中編】

優秀な従業員を失う可能性があっても、“あの業界”が採用後の身元調査を継続する理由

身元調査は企業にも従業員にも一定のリスクがある。それでも採用後の身元調査を継続する企業が少なからず存在する。Honk Technologiesの取り組みを見ていこう。

/tt/news/2205/10/news06.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第1回】

優れたネットワーク管理者を採用するために面接官が聞くべき“あの質問”

優れたネットワーク管理者は、自己研さんに力を入れている可能性がある。採用面接でそれを確認するためにはどのような質問を投げ掛ければよいのか。

/tt/news/2205/09/news10.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【中編】

ウクライナのIT人材流出が「安価な労働力」の前提を崩壊させる

ウクライナのIT企業DataArt Solutionsは「戦渦の影響で、ウクライナではIT人材の大規模な流出が起きている」と説明する。避難のためにウクライナのIT人材が諸外国に移住した後、起こり得る「労働市場の変化」は。

/tt/news/2205/02/news12.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【前編】

戦渦のウクライナで事業を継続するIT企業、それぞれの「信念」

戦渦に巻き込まれながら、ウクライナのIT企業は目の前の仕事に最善を尽くそうとしている。安全な地域に移転して事業を継続する、それぞれの企業の信念とは。

/tt/news/2205/02/news14.jpg
NEWS

従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?

OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。

4 月

/tt/news/2204/29/news01.jpg
「同一労働同一賃金」を実現するITツール【前編】

あのExcelが「同一労働同一賃金」実現に役立つ?

D&Iを強化しようと考える世間の風潮の中で、賃金格差の解消に目を向ける企業がある。賃金格差の解消に役立つIT製品を紹介する。身近な“あのツール”も有用だ。

/tt/news/2204/28/news05.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】

有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は

予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。

/tt/news/2204/26/news13.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【前編】

「従業員の身元調査」の気になる中身と、実施に必要な“覚悟”とは?

調査によれば、9割以上の企業が従業員に対して何らかの身元調査を実施している。企業は従業員の何を調べているのか。身元調査に踏み切る企業が直面する課題とは何か。調査結果を交えて説明する。

/tt/news/2204/26/news03.jpg
コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】

健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由

コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。

/tt/news/2204/25/news08.jpg
NEWS

ポーラ・オルビスが会計システム刷新 「Oracle Cloud ERP」を選んだ理由とは

ポーラ・オルビスはクラウド型ERPの「Oracle Cloud ERP」を導入し、会計システムを刷新した。 会計・経営管理情報をグループ全体で一元的に管理する。システム選定の決め手になったポイントは。

/tt/news/2204/21/news05.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【前編】

「1円でも安く」から「1秒でも早く」へ コロナ禍で変わるサプライチェーン

コロナ禍やウクライナ侵攻など、突発的で予測できない事案によって世界中のサプライチェーンが混乱している。刻々と変わる状況の中、回復力のあるサプライチェーンを構築するには、どのような転換が必要なのか。

/tt/news/2204/20/news03.jpg
IT業界の女性活躍に必要なこと【後編】

IT業界の女性は「メンター」を求めている? 企業は女性のキャリア支援で何ができるか

女性がキャリアを積みやすい企業になるには、どのような施策が必要なのか。調査を基にIT業界で働く女性が求めている支援策を紹介する。

/tt/news/2204/18/news05.jpg
コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】

コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”

コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。

/tt/news/2204/14/news04.jpg
IT業界の女性活躍に必要なこと【前編】

IT業界で働く女性が困る「研修不足」以外の“あの問題”とは?

専門家は、全世界の労働人口に占める女性の割合が低いことを課題に挙げ、IT業界で女性がキャリアを積むための支援策が重要だと指摘する。調査を基に、IT業界で女性活躍を阻む障壁を探る。

/tt/news/2204/08/news08.jpg
NEWS

ERPの国内市場は復調 ITRの調査から見えるERPの潮流は?

ITRが発表した調査結果によれば、国内における2020年度のERP市場の売上金額は前年度比6.9%増にとどまったが、2021年度は2桁成長になる。その背景と、そこから見えるERPの潮流とは。

/tt/news/2204/07/news06.jpg
NEWS

パナソニックがDX推進に向けて「RISE with SAP」を採用した理由とは

パナソニックは全社的なDX推進のため、SAPのクラウドサービス「RISE with SAP」を採用した。グローバルで「SAP S/4HANA Cloud」への移行を加速させる。その狙いとは。

/tt/news/2204/07/news01.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第5回】

アクセンチュアやガートナーが伝授 ハイブリッドワークに合った企業文化の変え方

オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を成功に導く鍵は「企業文化」だと専門家は話す。米国企業がテレワーカーとオフィスワーカーの結束を高めるために取った方策を紹介する。

/tt/news/2204/05/news01.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第4回】

Web会議の「音声、映像、通信」を改善するためにIT部門は何ができる?

Web会議の音声や映像の乱れは、参加者のストレスの元だ。テレワークおよびWeb会議の効率を高めるために企業が従業員に提供すると望ましいものについて解説する。

3 月

/tt/news/2203/31/news06.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第3回】

快適な「ハイブリッド会議」にオンラインホワイトボードが“効果あり”な理由

リモート参加者とオフィスからの参加者が混在する「ハイブリッド会議」を快適に進めるには、環境整備が重要だ。ハイブリッド会議における音響設備やオンラインホワイトボードの意義について解説する。

/tt/news/2203/31/news02.jpg
人事部門にできるハイブリッドワーク支援策【後編】

Slackで知らない社員と会話、Zoomで集合写真――テレワークが楽しくなるIT活用法

快適なハイブリッドワークのために人事部門が支援できるIT施策は何か。ある企業は「Slack」の拡張機能を使い、ある企業は自社開発のツールを使っている。具体的な事例を紹介する。

/tt/news/2203/29/news07.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第2回】

テレワーク拡大で「Web会議」を進めやすくなったのはなぜ?

新型コロナウイルス感染症のまん延に伴いテレワークに移行する人が増えたことで、テレワーカーは以前よりもWeb会議に参加しやすくなったという見方がある。その「本質的な理由」とは。

/tt/news/2203/25/news12.jpg
「レガシー脱却」にかける思いとは

Google元幹部が生んだ勘定系「Vault」を導入 新興銀行Lunarの狙いは

北欧のチャレンジャーバンクLunarは、Thought Machineの勘定系システム「Vault」を採用した。Lunarがシステム選定に当たって重視したポイントは。

/tt/news/2203/25/news09.jpg
仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】

Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ

米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。

/tt/news/2203/24/news06.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第1回】

オフィスワーカーもテレワーカーも不満を抱くWeb会議になってしまう残念な理由

オフィスワーカーとテレワーカーが混在する「ハイブリッド会議」は、双方に不満を抱かせる可能性がある。ある企業の例を基に、不公平が生じる理由を解説する。

/tt/news/2203/24/news03.jpg
人事部門にできるハイブリッドワーク支援策【中編】

テレワークだと低評価? ハイブリッドワークでの不公平な人事評価をなくす方法

オフィスと自宅、それぞれで働く従業員がいた場合に、オフィスワークをする方が高い評価を受けるケースがある。ハイブリッドワーク特有の「誤解」に起因する不利益を生まないために、人事部門ができることは何か。

/tt/news/2203/21/news01.jpg
活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【後編】

FinTechが大盛況なのに「女性FinTech創業者の資金調達が進まない」問題

投資額が大幅に伸びた2021年の英国FinTech業界。一方で男性創業者と女性創業者の調達資金には差があり、FinTech業界が抱えるジェンダーギャップの問題は解決に至っていない。

/tt/news/2203/19/news02.jpg
仕事がはかどる「Windows 11」の機能【前編】

“古いWindows”では使えない「Windows 11」の「Teams」便利化機能

Microsoftは「Windows 11」に、「Microsoft Teams」を使ったWeb会議中の効率化に役立つ機能を追加した。どのような機能なのか。仕事にどう役立つのか。

/tt/news/2203/18/news01.jpg
優れた「フリーランスエンジニア」になるには【後編】

“稼ぐフリーランスエンジニア”が身に付けている「考え方」と「スキル」

フリーランスエンジニアがより多くの利益を得るためには、見込み客との交渉にどう臨めばよいのか。どのようなスキルが必要なのか。専門家のアドバイスを紹介する。

/tt/news/2203/17/news07.jpg
人事部門のハイブリッドワーク支援策【前編】

対面希望の顧客、働き過ぎる社員――テレワークの「あるある課題」を解決するヒント

「テレワーク中に対面希望の顧客」「家で仕事ができると無限に働いてしまう従業員」など、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークに特有の課題をどう解決すればいいのか。事例を紹介する。

/tt/news/2203/15/news02.jpg
調査からに見るD&Iとパンデミック【後編】

「パンデミックが多様性を妨げた」が3割 その理由と解決策は

テレワークの普及がD&Iを後押しする一方で、パンデミックに伴う投資の縮小でD&I施策に悪影響が出ていることを懸念する企業もある。調査レポートを基に、IT業界におけるD&Iの現状と将来展望について考察する。

/tt/news/2203/11/news06.jpg
優れた「フリーランスエンジニア」になるには【中編】

優秀なエンジニアが知っているCEO、COO、CIO、CFOの“頭の中”

フリーランスエンジニアが、顧客の求めているものを正しく理解し、期待に応えるためには、何をすればよいのか。より良いコミュニケーションを実現する上で知っておくべきヒントを紹介する。

/tt/news/2203/10/news01.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第4回】

事業継続管理者はタフじゃないと務まらない? 必要スキルに見る担当者の適正

事業継続管理者は、リスク評価能力を持つことが大前提だ。これに加えて、経営陣とBC/DR推進プログラムに関する合意形成をする力や、プログラムを進める粘り強さが必要になる。なぜこうしたスキルが必要なのか。

/tt/news/2203/09/news07.jpg
調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【後編】

「うちの研修は効果がある」と管理職の8割が自慢、うなずく社員は4割以下

従業員のスキル開発に関する調査の結果、管理職と一般職の間に意識の差があることが分かった。調査結果を基に、どのような観点にずれがあり、企業は今後従業員のスキル不足にどう対処すべきなのかを解説する。

/tt/news/2203/08/news08.jpg
Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【後編】

「ランサムウェア攻撃を受けたSaaSベンダー」に規制当局が求める責任とは

Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア事件は、不利益を被ったユーザー企業の従業員からの訴訟問題だけでなく、政府機関といった規制当局からの取り締まり強化に発展する懸念がある、と専門家は指摘する。

/tt/news/2203/08/news04.jpg
テレワークでかかる見えにくいコスト4つ【後編】

テレワークで孤立する社員を放置すると“余分なコスト”が生まれる理由

テレワークによって生産性が下がるタイプの従業員もいる。そうした従業員の悩みを「個人の問題」と放置して、適切な支援を提供しないでいると、雇用主は思わぬコストを負担する可能性がある。その理由は。

/tt/news/2203/08/news01.jpg
アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【後編】

面接で「データの収集、分析時に何を重視するか」と聞かれた場合の正しい答え方

アプリケーションアーキテクトになるには、技術に関する知識や経験、問題解決能力などのスキルが必要だ。志望者は、採用面接である振る舞いをすることで必要な能力を持つ人材だとアピールできる。その振る舞いとは。

/tt/news/2203/05/news01.jpg
優れた「フリーランスエンジニア」になるには【前編】

「Microsoft製品のプロ」「Googleサービス職人」を目指す必要がない理由

ソフトウェア開発者は、自分がフリーランスになるかどうかを判断する前に、そもそも「優れたフリーランスエンジニア」はどのような存在であるかを考えるべきだ。専門家の意見を紹介する。

/tt/news/2203/03/news01.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第3回】

リスクが測れない事業継続管理者はいらない スキルをどのように生かすか

リスクを測るスキルや危機管理スキルは、事業継続管理者に必要不可欠だ。これらの能力を生かすと、災害が起こる前にどのような準備ができるのか。準備の際にどのような要素を重視するといいのか。

/tt/news/2203/02/news10.jpg
調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【前編】

「“スキルなし人材”でも仕方なく採用」が半数以上 人材不足に悩む英国企業

調査結果から、英国企業の管理職には「必要なスキルを持つ人材を十分に確保できない」という悩みが、重くのし掛かっていることが分かった。具体的な管理職と一般職の声を調査結果から取り上げる。

/tt/news/2203/02/news09.jpg
活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【前編】

FinTech企業の英国投資額トップ5は? Revolut、Monzo……

2021年の英国のFinTech業界は投資が減速した2020年から一転し、投資額は前年比で200%以上増加した。特に投資を集めているFinTech企業とは。

/tt/news/2203/01/news16.jpg
Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【前編】

ランサムウェアで給与過少払い テスラ、ペプシコ系従業員によるSaaS訴訟の中身

Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア攻撃を巡って、ユーザー企業の従業員が集団訴訟を提起している。原告は「システム停止の結果、不正確な給与計算から給与の過少支払いが生じた」と訴える。

/tt/news/2203/01/news03.jpg
終わらないコロナ禍、企業が考えるべき人材管理の備え【後編】

従業員のワクチン接種、もし義務化されたら人事部門はどうすればよいか

米国バイデン政権下で、一定規模以上の企業に対し、従業員のワクチン接種義務化が進もうとしていた。もしこれが実現した場合、人事部門はどのように対処する必要があったのか。

2 月

/tt/news/2202/28/news10.jpg
調査から見るD&Iとパンデミック【前編】

「人材多様性の欠如」が英国でも問題視 テレワークはD&Iの追い風になるか

パンデミックの影響で企業のIT活用やテレワークが拡大し、結果としてD&Iの取り組みが進んでいる。調査レポートを基に、英国における「雇用の多様性」の問題を考察する。

/tt/news/2202/25/news07.jpg
エンジニアの年齢差別問題【後編】

40歳を過ぎたエンジニアが面接で“年齢”を効果的にアピールする方法

年齢を重ねても働き続けたいと考えるエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには何をすべきなのか。専門家のアドバイスを紹介する。

/tt/news/2202/24/news08.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第2回】

BIA、プロジェクト管理、そしてIT知識が事業継続管理者を助ける理由

次世代の事業継続管理者は、変化に適応しつつ的確にリスクに対処する力を求められる。ビジネスインパクト分析(BIA)、プロジェクト管理、ITに関する知識や経験は大きな力になる。その理由は何か。

/tt/news/2202/23/news03.jpg
テレワークの開始直後には見えにくい「4つのコスト」【前編】

「テレワークでコスト削減」は幻想 新たにかかる“意外なコスト”とは

テレワークの導入によって新たなコストが生まれることもある。その一つが、従業員宅に業務環境を整備するためのコストだ。テレワーク導入前に慎重に検討すべき「見えにくいコスト」の正体とは。

/tt/news/2202/23/news02.jpg
「働き方を選びたい」の声に応える

テレワーク時代の今こそ考える「オフィス勤務」は何が良く、何が駄目なのか

「コロナ禍でも働き方を選びたい」という従業員の声に応える上で、テレワークだけでなくオフィス勤務を選べるようにすることは重要だ。テレワークが普及した今、あらためてオフィス勤務の利点と課題を整理しよう。

/tt/news/2202/22/news07.jpg
アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】

面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由

アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。

/tt/news/2202/21/news06.jpg
終わらないコロナ禍、企業が考えるべき人材管理の備え【前編】

オミクロン流行でオフィス復帰を断念した企業、従業員の不安に寄り添う「助言」とは

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の流行によって、オフィス復帰を延期した企業がある。いつオフィス勤務を再開できるのか先の読めない状況で、リーダーシップ戦略の専門家が重視する「助言」とは。

/tt/news/2202/19/news01.jpg
エンジニアの年齢差別問題【前編】

「40歳を過ぎても求められるエンジニア」が迷わずやること、決してやらないこと

エンジニアの年齢差別はなかなかなくならない。これまでに培った経験をセールスポイントとして売り込むにはどうしたらよいのか。

/tt/news/2202/18/news07.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Automation AnywhereがFortressIQを買収 RPA大手から「プロセスインテリジェンス」ベンダーへ

業務プロセスの改善や自動化を支援するプロセスインテリジェンスの分野で、RPA各社が買収を活発化させている。Automation AnywhereによるFortressIQ買収の話題に関連して、業界再編が進むRPA業界の動向を解説する。

/tt/news/2202/17/news06.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】

次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは

パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。

/tt/news/2202/16/news07.jpg
受講者の44%は女性

「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる

英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。

/tt/news/2202/16/news04.jpg
調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【後編】

優秀な技術者が思わず入社したくなる「人材採用・育成術」5選

技術者に対する需要が高まる中、スキルを持つ人材を採用し、会社に定着してもらうために企業は何をすればよいのか。幾つかの例を挙げる。

/tt/news/2202/14/news11.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

SkillsoftがCodecademyを5億2500万ドルで買収へ サービスはどう変わる?

企業向けにオンライン学習サービスを提供するSkillsoftは、個人向けオンライン学習サービスCodecademyを運営するRyzacを買収する。この買収で、利用企業にとって何が変わるのか。

/tt/news/2202/10/news01.jpg
「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【後編】

“スマホ拒否企業”は有能人材を逃す? 「ギグワーカー採用はモバイル応募9割」の意味

業種によっては、求人者の9割近くがモバイルデバイス経由で応募するという。求人ページを「モバイルファースト」でデザインすることは人材不足の解決策になるのだろうか。

/tt/news/2202/09/news14.jpg
調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【前編】

IT人材不足の真犯人は“これまでのIT人材”への固執だった?

技術系人材の需要に、供給が追い付かない――。そうした悩みに直面している企業は、旧来の人材像にとらわれてはいないだろうか。視野を広げれば、技術職を望む新たな人材候補が見えてくる。

/tt/news/2202/08/news09.jpg
「店舗廃止は社会的損失」との批判も

支店を閉じる銀行、黒字化するチャレンジャーバンク ネットバンク移行は必然か

英国のLloyds Banking Groupは、支店の利用頻度低下を理由に支店ネットワークを縮小する。コロナ禍の影響から、欧州全域でオンラインバンキングに注力する流れが加速しているが、顧客からは批判も挙がっている。

/tt/news/2202/03/news05.jpg
ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【後編】

インドのIT業界ではハイブリッドワークが常識に 「新しい働き方」に備えるには

調査によれば、インドのIT業界における約7割の企業が、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を採用している。新たな働き方に適応するためにできることは。

1 月

/tt/news/2201/29/news01.jpg
会議の動画がSNSで拡散

「Zoom会議で900人解雇」の企業CEOに怒る人、“同情”する人、それぞれの考え方

従業員900人の解雇を「Zoom」のWeb会議で伝えた米企業のCEOには、同社の従業員からだけではなく、人事の専門家からも批判が集まった。ただし中には、このCEOに“同情”を示す専門家もいる。それはなぜなのか。

/tt/news/2201/27/news10.jpg
コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには

“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし

コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。

/tt/news/2201/27/news07.jpg
ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【前編】

「オフィスに早く戻りたい」と考えるインドのIT労働者 その理由は

ある調査によるとインドのIT企業は週3回程度のオフィス復帰を計画している。雇用主だけでなく、従業員もオフィス復帰に前向きな理由は。

/tt/news/2201/25/news08.jpg
「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【後編】

「従業員ウェルネス」「レジリエンス」とは テレワーク疲れや非常事態に備える

コロナ禍の影響を受けて変化したビジネスと、その周辺環境に適応するには、事業や人材の評価指標を見直す必要がある。新たな評価指標となる「従業員ウェルネス」と「レジリエンス」について解説する。

/tt/news/2201/20/news21.jpg
「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【前編】

「中級ITスキル」があらゆる職種で必須に? “IT格差”を解消するには

人材不足に悩む企業が特に悩んでいるのは、ITスキルの高い人材をいかに獲得し、育成するかだ。「2030年までにほとんどの職種で中程度以上のITスキルが必要になる」という声がある中、企業は何をすればよいのか。

/tt/news/2201/20/news01.jpg
CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【後編】

「重要決定の事後報告」でCISOとの関係が悪化 “しくじりCIO”の実践的回避策

CIO(最高技術責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)が信頼関係を築くには、実務上のプロセスだけでなく、インフォーマルな交流も重視するとよい。具体的にどうすべきか。

/tt/news/2201/18/news10.jpg
「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【前編】

コロナ後に生き残る企業は「成果主義」? CIOが重視したい新たな評価指標は

新型コロナウイルス感染症が社会にもたらした影響によって、働き方に大きな変化が生じた。その結果、昔ながらのマネジメントを続けることがリスクになる可能性がある。新たな時代に即した評価指標を決めるこつは。

/tt/news/2201/13/news08.jpg
パンデミックで苦境に立たされるFinTech企業

「Zoom」会議で首切り900人のユニコーン企業 何を考えていたのか?

Web会議で900人に解雇を伝えたFinTech企業のCEOが批判を浴びている。一方で人員整理に踏み切るFinTech企業は、この1社だけではない。業界の現状を紹介する。

/tt/news/2201/13/news03.jpg
CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【中編】

CIOがCISOと「対等に議論」するためのヒント

CIO(最高技術責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)は、お互いの役割の違いから利益相反が発生しがちだ。良い関係を保つために、互いの意見を尊重して前向きな議論を促すヒントを探る。

/tt/news/2201/11/news07.jpg
テレワーカーのBCP【後編】

「自然災害でテレワーカーが働けない」に備えて企業がすべきことは

米国は2020年に、10億ドル規模の被害額となった自然災害が22件発生した。新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークは普及したものの、テレワーカーの被災に備えた事業継続計画(BCP)はどうすればいいのか。

/tt/news/2201/06/news15.jpg
CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【前編】

CIOとCISOはなぜ対立してしまうのか 両者の役割に根差す構造的な理由

リスクを最小化して成果を出すに当たり、CIO(最高情報責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)の協力体制は重要だ。だが両者はしばしば対立する。それは人間性に起因する問題ではなく、構造的なものだ。