過去記事一覧 (2021 年)

10 月

/tt/news/2110/16/news01.jpg
テレワークで分かり合えない企業と社員【後編】

「テレワーク終了のお知らせ」が有能社員のやる気をなくす

行動制限下での一時的措置としてテレワークへ移行した企業にとって、制限がなくなればオフィスワークを再開させるのは自然なことだ。ただし無思慮な再開は従業員の士気をそぐ可能性があるという。それはなぜなのか。

/tt/news/2110/14/news05.jpg
米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】

“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?

賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。

/tt/news/2110/12/news07.jpg
フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【前編】

大手自動車販売会社が「GCP」「RISE with SAP」導入で備えた“根本的変化”とは

自動車販売企業のInchcapeはSAPのクラウドERP「RISE with SAP」と、そのインフラとして「Google Cloud Platform」の採用を決定した。同社がこれらのサービス群を採用する背景にある、自動車業界の変化とは。

/tt/news/2110/09/news01.jpg
テレワークで分かり合えない企業と社員【前編】

「テレワーク」をやめたい上司の本音 「部下がちゃんと働かない」

テレワークはもはや“普通の働き方”になりつつある。一方で企業の意思決定層は、テレワークを必ずしも快く思っていない可能性があるという。何を懸念しているのか。調査結果から探る。

/tt/news/2110/07/news06.jpg
米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】

「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは

「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。

9 月

/tt/news/2109/30/news02.jpg
オンプレミスERPでは不可能

オンプレミスERPからクラウドERPへの移行を決断させた「破滅的な危機」

サプライチェーンサービスプロバイダーのVallen Asiaは、ある大型契約を受注したことで重大な危機を経験した。これを契機に、同社はクラウドERPへの移行を決断した。

/tt/news/2109/30/news01.jpg
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】

「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。

/tt/news/2109/29/news03.jpg
マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】

「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか

マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。

/tt/news/2109/23/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Web会議前には“禅の呼吸”を コロナ疲れ解消策30選

新型コロナウイルス感染症の災禍において、重要な課題となりつつあるのがストレス対策だ。テレワークが長期化する中、深刻化するストレスにどう対処すべきか。すぐに取り組めるストレス軽減策を紹介する。

/tt/news/2109/23/news03.jpg
「柔軟な働き方」が鍵に

テレワークをやめた企業が払う“最悪の代償” 有能社員が会社を見限る

従業員の離職を防ぐために把握すべき「コロナ禍以降の従業員のニーズ」は何か。従業員の勤務場所に制約をかけることは、どのようなデメリットがあるのか。

/tt/news/2109/22/news05.jpg
マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】

現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方

「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。

/tt/news/2109/21/news02.jpg
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【後編】

「タレントアクイジション」をスムーズに進めるための7つのヒント

長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」は、人事戦略において重要な要素になる可能性がある。スムーズに進めるためのヒントを紹介する。

/tt/news/2109/16/news01.jpg
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第3回】

LinkedInが明かす「競争優位性が高い企業」の条件とは?

パンデミックの影響が収まらない中、企業は人材開発の課題にどう向き合えばよいのか。McKinseyやLinkedInの調査から分かってきたのは、従業員の「スキルアップとリスキリング」の重要性だ。

/tt/news/2109/15/news09.jpg
マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】

「マイクロラーニング」とは? 短時間でトピックごとに学べる研修方法

「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。

/tt/news/2109/14/news03.jpg
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】

「人材採用」と「タレントアクイジション」はいつやる必要があるのか

長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。

/tt/news/2109/14/news01.jpg
「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【後編】

DXのためのデータ活用を成功させるには「データ活用」だけ考えていてはいけない

クラウドサービスをはじめとするITは、DXのためのデータ活用を支える大事な要素だ。とはいえITを導入すればデータ活用が必ずうまくいくわけではない。ではどうすればよいのか。

/tt/news/2109/09/news03.jpg
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第2回】

変化に強いリーダーや社員は“あの事実”を理解している

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、企業を取り巻く状況は大きく変化した。変化に適応できる企業となるために必要な従業員教育とはどのようなものか。

/tt/news/2109/07/news10.jpg
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】

「人材採用」と「人材獲得」の違いとは? ビジネスリーダーの基礎知識

「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。

/tt/news/2109/07/news05.jpg
「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【中編】

自動化技術が期待外れだった企業こそ「プロセスマイニング」を試すべき理由

デジタルトランスフォーメーションに向けて自動化技術の導入を検討するのは一つの戦略だ。だが古い業務プロセスを自動化するだけでは効率化にはつながらない。効率が落ちた業務プロセスを見つけるには。

/tt/news/2109/03/news01.jpg
コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

/tt/news/2109/02/news08.jpg
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】

「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法

ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。

8 月

/tt/news/2108/31/news10.jpg
活気づく労働者市場

退職をやめたらスポーツカーや「MacBook Air」を支給 激化する人材引き留め策

米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。

/tt/news/2108/30/news05.jpg
「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【前編】

データドリブン企業になるための「データ活用」の秘策 まずやるべきことは?

データを経営に活用したくても、膨大なデータを前に「何から着手すべきか」を悩んでいる企業は珍しくない。データの整理に時間を奪われないための秘策は。

/tt/news/2108/27/news02.jpg
コロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】

コロナ禍による失業者に痛手 「失業手当上乗せ給付」終了問題とは

コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。

/tt/news/2108/26/news02.jpg
「デジタルバッジ」基本の基【後編】

「デジタルバッジ」市場は活況なのに人事部門が導入に消極的な理由

調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。

/tt/news/2108/26/news01.jpg
「デジタル研修」を生かすヒント【後編】

従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性

良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。

/tt/news/2108/20/news06.jpg
コロナと自動化がもたらす雇用問題【前編】

「自動化」「AI」が数十万人の雇用を奪う? 米マサチューセッツ州調査

新型コロナウイルス感染症の影響で、業務自動化技術やAI技術の導入が進んだ企業もある。米国マサチューセッツ州は、これにより数十万人の雇用が失われる可能性があると懸念している。

/tt/news/2108/19/news04.jpg
「デジタルバッジ」基本の基【中編】

「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?

労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。

/tt/news/2108/19/news02.jpg
「デジタル研修」を生かすヒント【中編】

Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか

従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。

/tt/news/2108/18/news01.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第6回】

“理想のIT人材”を育てる研修プログラムの作り方

「ITスキルギャップ」を埋めるための効果的な研修プログラムを作成するには、企業は幾つかの手順を踏む必要がある。ビジネス目標達成に必要な従業員のITスキルを定めた後は、何をすればよいのか。

/tt/news/2108/17/news02.jpg
拡大する「非正規労働者」活用と課題【後編】

「ギグワーカー」にも福利厚生は必要? バイデン政権で変わる非正規雇用

非正規労働者の雇用が進む米国では、その扱いに関する法改正も起きた。トランプ前政権は非正規労働者の不利益につながる法案を作ったものの、政権交代で一変した。その流れを紹介する。

/tt/news/2108/12/news08.jpg
「デジタルバッジ」基本の基【前編】

最近見掛ける「デジタルバッジ」とは何か? メリットとデメリットは?

資格認定の証しとして「デジタルバッジ」を付与する動きが広がっている。デジタルバッジとはそもそも何なのか。採用や研修において企業がデジタルバッジを活用するメリットやデメリットは何か。

/tt/news/2108/12/news06.jpg
「デジタル研修」を生かすヒント【前編】

「オンライン研修」「ハイブリッド研修」が“勝ち組企業”を育てる当然の理由

企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。

/tt/news/2108/11/news02.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第5回】

“できるIT人材”を育てる研修プログラム作り「8つの手順」

従業員のITスキルを高めることで「ITスキルギャップ」を埋めるには、企業は適切な研修プログラムを作成する必要がある。その方法は。

/tt/news/2108/10/news04.jpg
拡大する「非正規労働者」活用と課題【中編】

「非正規雇用」の活用が止まらない、コスト削減以外の“驚きの理由”

Gartnerの調査によると、調査対象企業の約3割がコスト削減を目的に非正規雇用を活用していた。不況を乗り切るための手段として捉えられることもある非正規雇用だが、ポジティブな理由で活用する企業もある。それは何か。

/tt/news/2108/05/news06.jpg
Apple、IBMも「ハイブリッドワーク」の導入拡大か

“脱テレワーク”強行ならストも辞さず 「オフィス出勤再開」に複雑な従業員

米国企業は、テレワークを主体とする勤務態勢からオフィスへの復帰を目指す動きを加速させている。一方で“複雑な思い”を抱える従業員もいる。その思いとは。

/tt/news/2108/04/news05.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】

「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”

適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。

/tt/news/2108/03/news06.jpg
拡大する「非正規労働者」活用と課題【前編】

「非正規労働者」は軽蔑的用語に? 外部人材を大切にする言葉「拡大人材」とは

企業の非正規雇用への依存度が高まる中、HRベンダーの間では外部人材を「非正規労働者」と呼ばず、意図的に「拡大人材」と呼ぶ動きがある。これらの言葉の裏側に潜む意味とは。

7 月

/tt/news/2107/29/news14.jpg
“どこでもできる仕事”は海外へ

「テレワーク」普及で“高給取り”ほど失業の危機に? その理由とは

英国の非営利組織が発表した報告書は、企業のテレワーク導入が進むことで、一部の仕事に従事する人が失業の危機にさらされると指摘する。どのような仕事が該当するのか。なぜ失業の可能性があるのか。

/tt/news/2107/28/news05.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第3回】

優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?

企業は自社にとっての理想的な人材を求めて求人票を出す。求める要件を明記することは大切だが、欲張り過ぎると社内の「ITスキルギャップ」を加速させてしまう可能性がある。それはなぜなのか。

/tt/news/2107/21/news06.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第2回】

IT人材の争奪戦も影響? 「ITスキルギャップ」が深刻化する原因は

企業が求めるレベルのITスキルを持つ人材がいない「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。その理由を解説する。

/tt/news/2107/15/news11.jpg
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第1回】

「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか? IT人材の理想と現実の差が生む問題

企業がITを生かすには、相応のITスキルを持つ人材が不可欠だ。理想的なIT人材と、既存のIT人材の間にスキルの差が生じることは珍しくない。こうした「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。5つの要因を整理する。

/tt/news/2107/02/news09.jpg
「ラストマイル配送」の5大課題【前編】

「翌日お届け」至上主義が顧客離れを招きかねない“深刻な理由”

配送の最終拠点から配送先までの配送を指す「ラストマイル配送」に課題があると、顧客の信頼を失ったり、収益減につながったりする恐れがある。企業が直面する恐れのあるラストマイル配送がはらむ課題とは。

6 月

/tt/news/2106/28/news05.jpg
コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【後編】

「テレワーク離職」の兆候は“あの時間”を調べれば分かる

調査結果によると、パンデミックの収束は従業員の離職を後押しする可能性がある。離職の兆候は、“ある時間”を調べることで分かるという。それは何なのか。

/tt/news/2106/25/news03.jpg
「慢性的人手不足」の原因を探る【後編】

「AI」が数百万種の仕事をなくす? BCG調査から探る人材不足の原因

自動化技術やAI技術の普及は「数百万種の仕事をなくし、特定の仕事は今後も戻らない可能性がある」と、調査会社BCGらは指摘する。それはどういうことなのか。技術は企業の人材獲得にどのような影響を及ぼすのか。

/tt/news/2106/25/news02.jpg
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【後編】

保険ブローカーが実現、社員が「企業に監視してほしい」と思う仕組みとは?

従業員の生産性監視ツールは決して悪ではなく、うまく使えば企業と従業員双方にメリットをもたらす。どのような使い方をすればよいのか。米国の保険ブローカーYork International Agencyの成功例から学ぶ。

/tt/news/2106/21/news08.jpg
コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【前編】

「テレワーク許可」の企業が「完全オフィス出社」に戻すと離職率が上がる?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、テレワークの導入が拡大した。パンデミックの収束後、企業がテレワークを廃止したらどうなるのだろうか。

/tt/news/2106/18/news06.jpg
「慢性的人手不足」の原因を探る【前編】

深刻な人材不足を招いた“真犯人”は「手厚い失業手当」だった?

McDonald'sやAmazonが、人材採用の促進のために従業員の賃金を上げる取り組みを実施した。人材不足は時給制の仕事だけでなく、専門職の採用にも影響している。慢性的な人材不足の背景にあるものとは。

/tt/news/2106/16/news08.jpg
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【中編】

Microsoft「生産性スコア」も批判の的に 「社員の生産性監視」は是か非か

Microsoftが「生産性スコア」を提供して批判を浴びたことから分かるように、生産性の監視に嫌悪感を抱く従業員は相当数いる。こうした中、企業はテレワーク中の従業員の生産性をどう管理すればよいのか。

/tt/news/2106/11/news03.jpg
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第4回】

Webビール工場見学からZoomコスプレ会議まで コロナ禍のストレス軽減イベント

従業員同士が直接会うのが難しいコロナ禍でも、企業は工夫次第でさまざまな従業員向けイベントを企画、実施できる。従業員の息抜きの場になり得るイベントの案を幾つか紹介する。

/tt/news/2106/09/news07.jpg
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【前編】

テレワーク社員のメンタルを守るMicrosoft、Cisco製品の機能とは?

テレワーク導入が拡大する中で、課題となるのは従業員にかかるストレスだ。ベンダー各社はそれぞれが提供する製品に、従業員の心理状況を把握する機能を追加している。

/tt/news/2106/04/news09.jpg
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第3回】

Web会議の前にこそ“禅の呼吸”を 「マインドフルネス」の具体的な実践例

仏教の瞑想法を取り入れた「マインドフルネス」を生まなく取り入れることで、企業は従業員のストレスを軽減できる可能性がある。どのように実践すればよいのか。具体例を紹介しよう。

/tt/news/2106/02/news15.jpg
「Webex」「Yammer」などを採用

Fordがテレワーク導入後も「オフィス勤務」を大切にし続ける理由

Ford Motorはテレワークとオフィスワークの両方を取り入れた、ハイブリッドな勤務体系を導入する。テレワークだけ、オフィスワークだけに絞らず、なぜ両者を組み合わせるのか。

5 月

/tt/news/2105/28/news07.jpg
「RPA」と「AI」の違い【後編】

RPA×AIの「ハイパーオートメーション」で“人間が働かない世界”実現か

RPAとAI技術が連携することで、意思決定プロセスの大部分も自動化でき、人間が介在しなくても業務プロセスが進むようになる。この「完全な自動化」の達成までは長い道のりになるが、市場には追い風が吹いている。

/tt/news/2105/28/news05.jpg
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第2回】

Web会議よりストレスがたまりにくい「散歩会議」の意外な効能

従業員のストレスを軽減するために企業ができる施策は豊富にある。すぐにでも取り組める、ウェルネス(健康増進)関連の施策を紹介する。

/tt/news/2105/26/news01.jpg
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【後編】

「RFP」にもう期待しない人、まだ価値を見いだす人、それぞれの考え方

ベンダーとの関係を改善する「VRM」の軸として「RFP」を据えることは、もはや最善の策ではなくなったとの声がある。一方でVRMにおけるRFPの価値は失われていないとの声もある。双方の言い分は。

/tt/news/2105/21/news10.jpg
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第1回】

“コロナ疲れ”解消の秘策とは? 社員のストレスを和らげる方法

長く続くコロナ禍において、従業員のストレスをどう軽減するかは企業にとって大きな課題になりつつある。企業がすぐに取り組めるストレス軽減施策を紹介する。

/tt/news/2105/14/news11.jpg
「RPA」と「AI」の違い【中編】

「AI」活用は何がうれしく、何が厄介なのか? 「RPA」との比較で考える

「RPA」製品によってビジネスプロセスの大部分を自動化すると、どこかで必ず「意思決定の自動化」という難所にぶつかる。「AI」システムはこの壁を突破する鍵になる。ただしその効果を引き出すのは容易ではない。

/tt/news/2105/14/news07.jpg
「女性の給与は男性の約8割」は解消するか

2030年に男女同一賃金が実現か? それまでに企業がやるべきことは

人材分析サービスを提供するVisierは、女性の給与は男性と比べて低いものの、2030年には男女同一賃金が実現するとみる。男女間賃金格差の解消に向けて、企業は何をすればよいのか。

/tt/news/2105/12/news03.jpg
ServiceMax導入事例

ServiceMaxによるフィールドサービスの最適化で見えてきた可能性

客先に出向いて機器のメンテナンスなどを行うフィールドサービスにおいて、派遣するエンジニアの手配やエンジニアの事務処理の最適化は収益に直結する。ServiceMaxによってこれに成功した事例を紹介する。

/tt/news/2105/12/news07.jpg
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【中編】

「ベンダーエクスペリエンス」なぜ重要? ベンダーと本気で付き合うための視点

IT製品の調達先であるベンダーは、自社との取引でどのような体験をしているのか――。こうした「ベンダーエクスペリエンス」を知ることが、VRM実践の第一歩として重要だという。それはなぜなのか。

/tt/news/2105/11/news01.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第4回】

「RPA」を長く使うなら無視してはいけない“長期的なデメリット”とは

「RPA」は効率性の向上に寄与し、短期的には良い影響をもたらす。ただし長く使うほどにデメリットも顕在化する。主要なデメリットを整理する。

/tt/news/2105/06/news19.jpg
「メンタルヘルスケア」5つの方法【後編】

心を守るメンタルヘルス支援策「あるのに使われない」問題 解消する方法とは?

企業がどれだけ素晴らしいメンタルヘルス支援策を用意しても、従業員に知られず、使われなければ意味がない。従業員に利用してもらうには何をすればよいのか。

/tt/news/2105/04/news02.jpg
訴状と声明を基に整理

Amazonが「黒人従業員への差別」で訴えられる 何が起きていたのか?

黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。

4 月

/tt/news/2104/29/news02.jpg
「メンタルヘルスケア」5つの方法【前編】

社員の「心の健康」を守る方法とは? まずは「今どんな気持ちか」を理解しよう

企業が従業員のメンタルヘルスを健全に保つためには、まずは従業員の現状を正しく認識することが大切だ。具体的にはどうすればよいのか。

/tt/news/2104/28/news09.jpg
「RPA」と「AI」の違い【前編】

いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか

RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。

/tt/news/2104/27/news03.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】

「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”

RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。

/tt/news/2104/26/news07.jpg
「ハイブリッドワークプレース」実現へ

重電大手がコワーキングスペース1万人利用へ それでもオフィスを残す意味とは

オフィスを縮小し、コワーキングスペースを積極活用する重電大手Schneider Electric。同社が「ハイブリッドワークプレース」と呼ぶこの取り組みは、必ずしもオフィスの軽視を意味しないという。同社に真意を聞いた。

/tt/news/2104/23/news12.jpg
テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【後編】

“テレワーク離職”を本気で防ぎたい企業がやるべきことは?

テレワーカーの競合への転職を防ぐ手段に「競業避止契約」がある。ただし米国ではこうした契約を禁止する法律が生まれ始めた。こうした中、企業が人材流出を防ぐためにやらなければならないことがある。それは何か。

/tt/news/2104/23/news01.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】

「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。

/tt/news/2104/21/news08.jpg
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【前編】

ITベンダーは「敵」ではなく「仲間」だと考えるべし

見通しの立たないコロナ禍において、安定した企業活動を実現するためにはベンダーとの関係性が非常に重要な要素となる。ベンダーとの関係をより良くする「VRM」(ベンダー関係管理)に取り組む上でのヒントを紹介する。

/tt/news/2104/20/news06.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】

いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは

「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。

/tt/news/2104/16/news08.jpg
テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【前編】

テレワークで活発化する「優秀な社員の引き抜き転職」 食い止める方法とは?

場所にとらわれない働き方を実現するテレワークの導入が拡大している。遠隔地の人材を採用できるメリットもあるが、同様に他社から自社の人材を引き抜かれるリスクも高まっている。企業はどのような対策ができるか。

/tt/news/2104/16/news02.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】

QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。

/tt/news/2104/14/news06.jpg
「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】

いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?

調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。

/tt/news/2104/12/news08.jpg
失敗しない「ERP」導入のポイント

「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?

自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。

NEWS

NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決

NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。

/tt/news/2104/07/news08.jpg
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第4回】

“いきなりテレワーク”の新入社員をどうサポートすればよいのか?

テレワーク前提の新人研修では、人事部門は新入社員をどうサポートすればよいのか。取り組みのヒントを紹介する。

/tt/news/2104/07/news07.jpg
「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【前編】

SAPやSalesforceは「新型コロナワクチン接種」証明システムをどう実現するのか

人事部門は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した実績をデジタル証明書として確認する方法を求めている。ベンダー各社もこうしたニーズに応えるために、製品開発を急いでいる。その現状は。

/tt/news/2104/01/news01.jpg
「DEIB」ツールの理想と現実【後編】

ダイバーシティーを支援する「DEIB」ツールの失敗しない選び方と“限界”

ベンダー各社の参入で選択肢が充実し始めた「DEIB」ツール。企業は何を意識してDEIBツールを選定すればよいのだろうか。DEIBツールの見落とせない限界とは。

3 月

/tt/news/2103/31/news13.jpg
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第3回】

「リモート新人研修」を楽しく、短く、シンプルにする方法とは?

テレワーク前提の新人研修である「リモート新人研修」を成功させるために、人事部門がやらなければならないこととは何か。幾つかのポイントを紹介する。

/tt/news/2103/31/news10.jpg
クラウドニュースフラッシュ

資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?

資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2103/24/news07.jpg
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第2回】

事務手続きは入社前に完了、研修課題は控えめに 「リモート研修」効率化の極意

終わりの見えないコロナ禍において、リモート新人研修を実施せざるを得ない企業もある。リモート研修の効果や効率をより高めるために、人事部門ができる事前準備とは。

/tt/news/2103/23/news06.jpg
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第4回】

採用管理システム(ATS)導入に学生獲得――「リモート採用」4つのヒント

従来の採用プロセスに幾つかの新しい方法を追加するだけで、リモート採用がうまくいくと考えるのは間違いだ。人事部門がリモート採用を成功させるための4つのヒントを紹介する。

/tt/news/2103/18/news08.jpg
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第1回】

「リモート新人研修」はなぜ難しいのか? コロナ禍が生んだ新たな課題

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各国の企業でテレワークの導入が広がった。こうした中で人事部門を悩ませているのが新人研修だ。テレワーク前提の新人研修「リモート新人研修」の課題とは。

/tt/news/2103/16/news07.jpg
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第3回】

「リモート採用」成功の手段とは? オンライン採用イベントからWeb会議まで

人事部門はコロナ禍で急速に重要性が高まったリモート採用をどう導入し、どう成果を引き出せばよいのか。4つのヒントを紹介する。

/tt/news/2103/12/news11.jpg
「DEIB」ツールの理想と現実【前編】

「DEIB」ツールとは? 3億ドル市場に急成長のダイバーシティー支援手段

さまざまな人材の活用を支援する「DEIB」ツール市場が拡大している。その背景には何があるのか。調査結果を交えて現状を整理する。

/tt/news/2103/11/news02.jpg
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【後編】

“コロナ鬱”をITでどう防ぐのか? 会計事務所やRPA企業に聞く

成人の約80%がパンデミックに起因したストレスを抱えていることが、米国心理学会の調査で明らかになった。疲れ切った従業員の心身の健康を企業はどう守ればよいのか。対策となり得るITと、その活用事例を紹介する。

/tt/news/2103/09/news08.jpg
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第2回】

“アバウト求人票”はアウト 「リモート採用」に失敗しないための勘所

コロナ禍でリモート採用が広がりつつある一方、慣れない取り組みに不安を覚える人事部門もあるだろう。リモート採用を成功させるために、人事部門がまず確認すべきヒントを紹介する

/tt/news/2103/04/news04.jpg
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【中編】

「キャリアの不透明さ」が退職理由の5割 電機大手は「AI」で状況をどう変えたか

電機大手Schneider Electricでは、退職者の約半数が「キャリアの不透明さ」を理由に職場を去っていた。キャリアの不透明さを解決し、人材流動性を高めるために、同社が注目した手段がAI技術だ。どう活用したのか。

/tt/news/2103/03/news02.jpg
別の可能性も検討すべし

S/4HANAへの移行は本当に必要か?

S/4HANAが優れた製品であることは言うまでもないが、S/4HANAへの移行が全ての企業にとってベストとは限らない。「S/4HANA移行」が意味することを改めて検討してみよう。

/tt/news/2103/03/news07.jpg
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第1回】

人事部門が「リモート採用」を無視できない“切実な理由”

パンデミックをきっかけにテレワークが広がる中、企業は採用活動も対面採用からリモート採用へと移行させ始めた。不慣れなリモート採用に難しさを感じる人事部門も、リモート採用に目を向けざるを得ない理由とは。

/tt/news/2103/01/news01.jpg
企業は解雇とどう向き合うべきか【第4回】

社員に「解雇」をどう伝えればよいのか? 残った同僚のケアは?

企業が従業員を解雇する際、職場を離れる従業員だけでなく、残る従業員のケアも重要になる。どのように対処すればよいのだろうか。

2 月

/tt/news/2102/25/news07.jpg
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【前編】

「チャットbot」でコロナ禍の人材獲得を効率化 アパレル企業はなぜ成功した?

COVID-19の発生後、人事部門は従業員エクスペリエンスを新たな方法で支援しようとしている。そうした手段の一つがチャットbotだ。人材獲得にチャットbotがどう役立つのか。アパレル企業の事例と共に紹介する。

/tt/news/2102/24/news02.jpg
的外れにならないD&I採用戦略【後編】

ダイバーシティー&インクルージョン採用の責任者は誰? 受け身をやめるには?

企業が多様な人材を受け入れて「ダイバーシティー&インクルージョン」を実現するために、人材採用時に取るべき戦略とは何か。「責任」と「積極性」の観点から解説する。

/tt/news/2102/22/news01.jpg
企業は解雇とどう向き合うべきか【第3回】

「思いやりのある解雇」とは何なのか? 何をすればよいのか?

従業員を解雇しなければならない場合、共感と思いやりを持って解雇を進めることが、職場を離れる従業員にとっても、職場に残る従業員にとっても不可欠だ。解雇の際に配慮すべき点をまとめた。

/tt/news/2102/19/news02.jpg
コロナ禍の人材採用7大トレンド【後編】

「AI」は人材採用にどう役立つのか? 「スキル・能力採用」の有効性は?

新しい技術は、企業の人材採用の在り方をどう変えるのか。人事部門の間で活用が進む「AI」技術と、スキルや能力を基にした人材採用の可能性を探る。

/tt/news/2102/16/news03.jpg
的外れにならないD&I採用戦略【中編】

ダイバーシティー&インクルージョン採用の勘所 多様な人材を引き付けるには?

ダイバーシティー&インクルージョン(D&I)の取り組みを進めるには、多様な人材を引き付けることが不可欠だ。どのようにすればうまくいくのか。ポイントを解説する。

/tt/news/2102/15/news04.jpg
企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】

業績悪化でも企業が「解雇」を最終手段にすべき理由と、検討すべき代替策

企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。

/tt/news/2102/12/news07.jpg
コロナ禍の人材採用7大トレンド【中編】

ダイバーシティー、非正規雇用、アナリティクス――採用の今を知るキーワード

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、人事部門は効率的かつ効果的な採用活動のために何をすればよいのか。そのヒントとなるトレンドのうち「多様性と包括性」「非正規雇用」「アナリティクス」を見ていこう。

/tt/news/2102/10/news10.jpg
的外れにならないD&I採用戦略【前編】

人事担当なら知りたい「ダイバーシティー&インクルージョン」採用の第一歩とは

人材の多様性を高める「ダイバーシティー&インクルージョン」(D&I)の取り組みの鍵は人材採用にある。D&I採用を成功させるための戦略とは。

/tt/news/2102/09/news01.jpg
Boseのサプライチェーン強化【後編】

音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは

音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。

/tt/news/2102/08/news07.jpg
企業は解雇とどう向き合うべきか【第1回】

その解雇、本当に必要? 踏み切る前に検討したい「再教育」の意義

新型コロナウイルスの流行が招いた経営不振は、企業に従業員の解雇を決断させることがある。ただし解雇は状況打破の唯一の手段ではない。代替策となり得るのが従業員の「再教育」だ。その根拠とは。

/tt/news/2102/05/news10.jpg
コロナ禍の人材採用7大トレンド【前編】

「Web面接」「応募者エクスペリエンス」とは? 人材採用の必修キーワード

コロナ禍での働き方の変化は、人事部門の採用活動にも大きな影響を与えた。こうした変化の中で人事部門が注目すべきトレンドとは何か。主要なトレンドの中から「Web面接」「応募者エクスペリエンス」を紹介する。

/tt/news/2102/04/news05.jpg
サプライチェーンの再考が成功の鍵

AmazonにWalmart――コロナ禍の“勝ち組小売り”は何をした? Accentureに聞く

小売業者はサプライチェーンを成長要因として再考することで、パンデミックに伴う消費者行動の変化に対処している。具体的に何をしているのか。Accentureの調査結果と幾つかの事例を基に探る。

/tt/news/2102/03/news09.jpg
コロナ共存時代のテレワーク動向【後編】

テレワーク推進で社員のやる気を引き出せる企業、信頼を失う企業の違い

テレワークによって恩恵を受ける従業員は少なくない。だが今後の企業の打ち手によっては、従業員と経営者との信頼関係にひびを入れる可能性すらある。

/tt/news/2102/02/news02.jpg
Boseのサプライチェーン強化【中編】

音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とは

音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。

/tt/news/2102/01/news20.jpg
コロナ共存時代のテレワーク動向【前編】

「Zoom普及でオフィス勤務消滅」があり得ない“これだけの根拠”

企業の間でテレワークを推奨する動きが広がり、新型コロナウイルス感染症の収束後も定着すると予測する識者は少なくない。だがコミュニケーションの課題からそれを否定する声もある。

1 月

/tt/news/2101/29/news19.jpg
人事業務の複雑化にITで対処

コロナ禍のテレワークで人事部門が「欲しい」と感じるIT製品は?

パンデミックを受け、従業員を管理する人事部門の業務は複雑になった。こうした変化に対処するために、人事部門はあらためてITに目を向け始めている。今、人事部門が求めるIT製品とは何なのか。

/tt/news/2101/28/news05.jpg
パンデミックがもたらした人事の課題【後編】

人事部門は「ギグエコノミー」「BLM」にどう対処すべきか? Gartnerが助言

人事部門を取り巻く状況はどう変化するのか。そうした変化の中で、従業員とどう向き合えばよいのか。Gartnerに聞く。

/tt/news/2101/26/news06.jpg
パンデミックがもたらした人事の課題【前編】

新型コロナで「男女間の賃金格差」が拡大? Gartnerが語るこれからの人事

企業活動に大きな混乱を引き起こした新型コロナウイルス感染症は今後、人事部門にどのような影響を及ぼすのか。Gartnerに聞いた。

/tt/news/2101/18/news09.jpg
Boseのサプライチェーン強化【前編】

音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機

2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。