IT業界で「女性の大量離職」が起きていた残念過ぎる現実就労者数は増加傾向なのになぜ……

英国家統計局の統計によると、英国IT業界全体の就労者数および女性の就労者数に変動が見られた。この動きを専門家は不安視している。どのような動きがあり、何が原因なのか。

2024年06月26日 05時00分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

人事


 IT業界における女性の活躍推進は積年の課題だ。英国家統計局(ONS:Office for National Statistics)の統計によると、英国のIT業界で働く女性の数が減少し、“憂慮すべき変化”が生じている。どのような動きがIT業界で生じており、その背景に何があるのか。統計から見えてきた、IT業界における人材の現状と課題を見ていこう。

IT業界「女性の大量離職」が示す“残念な状況”とは?

 ONSの統計によれば、2023年第1四半期(1〜3月)から第2四半期(4〜6月)にかけて、約4000人の女性数が減少した。これは、2022年第4四半期(10〜12月)から2023年第1四半期にかけて約2万2000人が減少したことに続く動きとなる。

 これを「残念で憂慮すべき数字だ」と説明するのは、IT人材紹介企業Harvey Nashのアンディー・ヘイズ氏(英国、アイルランド、中央ヨーロッパ担当マネージングディレクター)だ。

 「IT業界は、女性を採用し、仕事を続けてもらうための取り組みを継続する必要がある」とヘイズ氏は主張する。「ただでさえ少な過ぎるIT系の女性の数を増やすために、IT業界は引き続き尽力しなければならない。今回報告された減少は、女性推進の改革を定着させることの難しさを物語っている」(同氏)

なぜ女性の活躍推進が遅れたのか

 英国におけるIT業界の女性の数は2013年以降上昇傾向にあり、2023年6月時点でIT業界に勤める人のおよそ29%を占めるのが女性だ。ただしIT業界でキャリアを追求する女性にとっては、手本となる身近な存在(ロールモデル)が豊富ではないことに加え、採用者にある無意識の偏見、業界としての包括性の欠如といった障壁が複数あり、改革は進んでいない。

 女性の活躍が妨げられている一方、英国IT業界全体では、2023年第2四半期の就業者数は第1四半期比で約7万8000人増えておよそ173万人となった。この増加についてヘイズ氏は、「経済情勢の悪化で企業が出費に慎重になり、IT業界の女性の就労に影響があった可能性がある」との見方を示す。

 経済情勢の悪化が女性の雇用に影響を与えるパターンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行影響下でも見られた。育児や介護の負担が増した女性は、効率的に仕事をすることが難しくなったばかりか、パートタイムでの勤務に切り替えたり、休みを取ったりする必要に迫られることがあった。

 ヘイズ氏はこうした2023年前半の動きについて、「厳しい経済情勢の中で財政面のプレッシャーにさらされた企業が、出勤する従業員を増やして業務体系を画一化しようとしている」と解説する。そうした動きが、IT業界の女性の減少と関係がある可能性を同氏は指摘する。「企業は先進的な変化を支える取り組みにいっそう力を入れ、有能な女性の採用や定着を妨げないポリシーを徹底させなければならない」と同氏は言い添える。

依然として需要があるIT職

 2022年から2023年にかけての英国IT業界には、就業者数に浮き沈みがあった。英国IT業界における就業者数は、2022年第2四半期から同年第3四半期(7〜9月)にかけて約8万9000人増加した。その後同年第4四半期にかけて約7万1000人が減少し、2023年第1四半期にも約3万1000人が減少した。

 Harvey Nashによると、IT業界における就業者数の変動はあっても、ITに関するスキルは多様な職種で必要とされている。特に開発者、サイバーセキュリティ専門家、プロジェクト管理者、ビジネスアナリストといった職種の需要が大きいという。変革をもたらすCIO(最高情報責任者)のニーズもある。「正社員の採用や予算確保に苦慮している企業では、臨時従業員に対する需要が高まっている」とヘイズ氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...