HDDといい勝負? 容量100TBの「手軽なテープ」が必要なのはなぜ?中小企業も考えるべきテープを使う理由【前編】

テープ規格「LTO」のテープストレージは、用途においても新たな動きが見られる。富士フイルムの欧州法人FUJIFILM Europeが、容量100TBのエントリーモデルを追加する狙いとは。

2024年06月28日 05時00分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

関連キーワード

アプライアンス | SMB | ストレージ


 テープ規格「LTO」(リニアテープオープン)のテープストレージは、容量増大の進化があるばかりではなく、用途においても新たな動きが見られる。富士フイルムの欧州法人FUJIFILM Europeは、テープストレージ製品群「FUJIFILM Kangaroo」に、容量100TBのエントリーモデルを追加する。容量100TBで導入できるより手軽なテープストレージを同社が市場投入するのは、データ利用の“ある変化”が背景にあるからだ。

「100TBから使えるテープ」が必要な理由とは

 FUJIFILM KangarooはLTOの第9世代「LTO-9」に準拠した製品群だ。テープカートリッジやテープライブラリの他、アーカイブ用ソフトウェア、モニター、キーボードなどをセットにして、簡単に利用開始できるよう設計されている。FUJIFILM Europeは、100TBモデルの提供を2024年に開始する方針だ。

 FUJIFILM Europe役員のピーター・ストルイク氏によると、テープはHDDなど他のストレージに比べて消費電力量が少なく済む傾向にあることと、寿命が長いことから、コストを抑えられることが大きな強みだ。「テープはアーカイブ用ストレージに適する」とストルイク氏は述べる。

 FUJIFILM Kangarooのソフトウェアは「Linux」をベースとしている。ファイル共有プロトコルの「NFS」(Network File System)や「SMB」(Server Message Block)の他、オブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)のプロトコルに準拠している。データアーカイブのファイルフォーマットは「tar」となっている。「FUJIFILM Kangarooのオープン性はここ40年間、ずっと変わっていない」(ストルイク氏)

 FUJIFILM Kangarooは容量1PBまでのモデルで大企業を主なターゲットにしてきた。100TBモデルが狙うのは、中小企業の需要だ。ストルイク氏によると、中小企業でもコールドデータ(アクセス頻度が低いデータ)が増えており、データ保存の仕組みを見直す必要がある。

 中小企業はIT予算が限られる傾向にあるため、大量のデータをいかに低コストで保存するかが課題だ。100TBモデルは、主に中小企業の需要を想定している。「テープを導入しやすくし、費用を抑えられるアーカイブ用ストレージとして普及させたい」(同氏)

 クラウドストレージの利用を開始したものの、コストが想定以上に増えるといったデメリットに気付いて利用をやめる企業もあるとストルイク氏は説明する。「長期間保持する必要があるがほとんどアクセスしないデータは、テープに保存すればコストを抑制できる可能性がある」(同氏)


 テープの利点はコストだけではない。後編はテープのさまざまなメリットを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...