「テープ」は時代遅れじゃない むしろ新しい“なるほど”の理由改めて評価されるテープストレージの価値

時代遅れのイメージが付きまとうテープストレージ。しかしそれは誤解だ。テープの強みと、それを引き出すこつは何か。昨今の動向とテープのメリットを踏まえて考える。

2024年02月21日 05時00分 公開
[Bryan BettsTechTarget]

関連キーワード

データ | ストレージ | 技術解説


 2024年1月、データ管理システムベンダーHammerspaceが同社製品でテープを利用可能にしたことを発表して話題を呼んだ。このニュースが裏付けるように、テープは決して“終わったストレージ”ではない。古き良きテープが今こそ、企業にもたらすメリットとは何か。

テープの何が“新しい”のか? 再評価される理由とは

 テープストレージでデータ管理システムを利用することはこれまでも可能だった。例えばIBMの「IBM Spectrum Storage Suite」やQuantumの「StorNext File System」、Spectra Logicの「Spectra StorCycle」ではテープを利用できる。Hammerspaceの今回の取り組みで新しいのは、テープを「アクティブ(常に利用可能)なデータ管理システム」に統合したということだ。

 テープは基本的に、データを長期保存するためのアーカイブ層として扱われてきた。今回Hammerspaceが発表した仕組みでは、テープのデータはアクティブとなり、他のストレージのデータと同様、オンラインとして表示されるとHammerspaceは説明する。

 テープの強みと言えば、大容量データを安価に長期保存できることだ。しかしテープが企業にもたらすメリットは、コストだけではない。データセキュリティやESG(環境・社会・ガバナンス)といった観点からも、テープにはメリットがある。

  • テープは本番用システムから物理的に隔離してデータを保存できるため、攻撃に強いと考えられる。
  • 保存されたデータがイミュータブル(不変)となるので、第三者によるデータ改ざんを防げる。
  • レイテンシ(データ転送の遅延)や消費電力を抑えやすい。

 テープが“万人向け”というわけではない。小規模のシステムなら、テープ以外のストレージを選んだ方がいいケースがある。PB(ペタバイト)級のデータを長期保存する用途や、アクセス頻度の低い大量のデータを取り扱う「コールドストレージ」の場合、テープが適切な選択肢になることがある。

 テープの良さをフルに引き出すには、テープを他のストレージと“平等”に扱うことが大切だ。特に「データドリブン」(データ分析に基づいて経営判断をしたり、サービスを開発したりする手法)や「レジリエンス」(回復力)、「スピード」といったキーワードが重要になっている現在、テープの潜在的価値を認識しておくことが欠かせない。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。