LTOを軽く超えた「新型テープ」“150TB到達”の衝撃テープ市場の共存と競争【前編】

企業の保管データ量が増える傾向にある中で、あらためて注目を集めたのがテープだ。IBMが発表した新テープシステムは、「LTO」の最新世代より容量が多くなり、テープの進化を再び印象付ける形になった。

2023年11月12日 10時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 テープが依然として進化を続けている事実を印象付けたのは、IBMが2023年8月に発表した新型テープドライブ「IBM TS1170」だ。これはテープ規格として「LTO」(リニアテープオープン)ではなく、「IBM 3592」に従ったテープカートリッジを使用する。

 IBMは1952年に「IBM 726」というテープドライブを発売した老舗のテープベンダーだ。2023年現在も企業向けにテープ製品を供給している。同社が今回発表したTS1170が採用するIBM 3592は、テープという点では同じだが、LTOとは別物になる。

「LTO」テープ超え? IBM“新型テープシステム”の正体

 IBMは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)やQuantumと共に、LTOを策定する業界団体「LTO Program Technology Provider Companies」を構成している。

 IBMがTS1170で提供するテープカートリッジの容量は、1本当たり非圧縮時で50TB、圧縮時で150TBとなる。これはLTOの最新版「LTO-9」の容量である非圧縮時18TB、圧縮時45TBを上回るものだ。

 IBM 3592とLTOは、テープカートリッジの形状が異なる。IBM 3592のテープカートリッジは、IBMのテープライブラリ「TS4500」や、テープライブラリベンダーSpectra Logicの「TFinity ExaScale」などで利用できる。

 Spectra Logicのマット・ナインスリング氏は、企業がIBM 3592とLTOを同時に使うことはあまりないと考えている。ただし、石油・ガス、銀行といった大量のデータを扱う業界や、高性能計算(HPC)を運用する企業は、IBMが今回発表した新テープドライブに関心を示す可能性があると指摘する。

 米TechTarget傘下の調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)のアナリスト、クリストフ・バートランド氏は「IBMはテープ技術の向上に相当の投資をしている」と評価する。企業におけるデータ保管の需要が高まる中で、テープが近い将来に廃れる気配はない。特に非圧縮時の最大容量が50TBになったことについて、「長期間のデータ保管、サイバーレジリエンス(サイバー攻撃からの回復力)の向上などにおいて極めて重要だ」とバートランド氏は話す。


 後編は、IBMがLTOとIBM 3592の両方を手掛けている現状を深掘りする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。