APIを狙う「インジェクション攻撃」から個人情報を守るには?APIを危険にさらす「5大リスク」とは【中編】

APIを巡るさまざまなセキュリティリスクの一つが、インジェクション攻撃だ。どうすればこの攻撃を防ぐことができるのか。そもそもどのような手法なのかを含めて解説する。

2023年11月15日 05時00分 公開
[Twain TaylorTechTarget]

関連キーワード

API | 脆弱性 | サイバー攻撃


 アプリケーションの開発にAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)が使われる場面が多様化したことで、APIのセキュリティリスクが企業を危険にさらしている。どうすればAPIの安全性を確保できるのか。注意が必要なAPIのセキュリティリスク5つのうち、3つ目を紹介する。

3.インジェクション攻撃

併せて読みたいお薦め記事

連載:APIを危険にさらす「5大リスク」とは

知っておきたい、「API」を巡るセキュリティ対策


 インジェクション攻撃とは、APIへのリクエストに有害なコードを注入し、不正な命令を実行することを指す。インジェクション攻撃の中で特に注意が必要なのは、不正なSQLを注入することで機密情報の窃取を狙う攻撃だ。こうした攻撃をSQLインジェクション攻撃と呼ぶ。

 例えば、米国の消費者信用情報会社Equifaxが2017年にSQLインジェクション攻撃を受け、同社から数百万人分に及ぶ個人情報が流出した。この攻撃では、プログラミング言語「Java」でWebアプリケーションを開発するためのツール「Apache Struts」の脆弱(ぜいじゃく)性が利用されたとみられる。

 インジェクション攻撃を防ぐには、APIに対する入力を検証して不正なコードを排除する必要がある。これにより、許可された入力のみをシステムが受け付けるようにできる。他にも、クライアント端末の権限レベルに基づいて機密情報へのアクセスを制限することが重要だ。


 後編は、機能レベル権限付与の不備などのリスクに焦点を当てる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。