“激務の医療現場”ほど「生成AI」が役立つ? 使えそうな活用例3選医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【前編】

生成AIの活用は、医療分野においても広がる可能性がある。患者とのコミュニケーションをはじめ、医療分野で広がると考えられる生成AIの活用例を3つ紹介する。

2023年11月16日 07時00分 公開
[John BurkeTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | チャットbot | 医療IT | 機械学習


 医療分野における「生成AI」(ジェネレーティブAI)の活用が、今後広がる可能性がある。生成AIとは、テキストや画像などのデータを自動的に生成するAI技術のことだ。例えば、AI(人工知能)技術ベンダーOpenAIが開発したチャットbot型AIサービス「ChatGPT」がある。ChatGPTのような生成AIツールは、業務においてコミュニケーションが生じる分野や、情報収集、レポート作成から訴訟の準備書面の作成に至るまで、さまざまな場面で活用できる。医療分野もその例外ではない。

医療の現場で実現しそうな「生成AIの活用例」3選

 医療分野はデジタル化の取り組みが浸透しつつある分野だ。クリニックや病院には電子体温計やMRI(磁気共鳴画像法)装置、血液分析装置といった専門的な機器がある。そのような機器や測定値からは大量のデータを得ることができるが、患者や介護者との会話からしか得られないデータも存在する。対話型のAI技術はこのようなデータを取得できることが強みであり、患者とのコミュニケーションをより良いものにできる可能性を持つ。以下に活用例を挙げる。

  • 問診
    • 患者の病歴、症状や懸念事項を聞き取り、聞き取った内容を文字起こしした上で要約し、そのデータを医師が閲覧できるようにする。
  • 会話記録の作成
    • 診察や処置中に発生した口頭でのやりとりを記録し、電子カルテのデータを補完する。患者の診察時間の計測や、医師や看護師のシフト交代時の引き継ぎに役立つ。
  • 反復作業の自動化
    • 医師や看護師、薬剤師から患者への説明を自動化。患者への指示を反復的に繰り返すだけでなく、指示を分かりやすく言い換えることも可能だ。

 後編は、医療分野で実際にAI技術を活用する前に念頭に置きたいポイントを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...