「テープ」の出荷本数が増える異常事態 “ありえない”が起きた理由とは?よみがえったテープ人気は続くのか【中編】

LTOのテープは新世代が出るたびに容量が大幅に増加している。これがテープの出荷容量の増加にもつながっている。2021年は予測に反して出荷数も増加に転じた。それはなぜなのか。

2022年06月27日 05時00分 公開
[Paul CrocettiTechTarget]

関連キーワード

LTO | ストレージ


 2021年、テープ規格「LTO」(リニアテープオープン)の出荷容量は前年比で約40%増の148EB(圧縮時)と急増した。LTOの規格は新しくなるたびにテープカートリッジ当たりの保存容量が増えているため、それが出荷容量を増やす要因になる。ただし本当に着目すべき点は、2021年にテープカートリッジの出荷本数も増えたことだ。これは普通の現象ではない。

「テープ」の出荷本数は減るはずだった――なぜ増えたのか?

 LTOを策定する業界団体「LTO Program Technology Provider Companies」(以下、TPCs)によると、2021年のテープカートリッジの出荷数は約910万個で、前年比で約7%の増加になった。

 テープの出荷容量が増えるのは、ストレージ全般への需要が高まる中では自然なことに見える。ただしLTOの規格は2、3年で新世代が登場し、そのたびにカートリッジ当たりの容量が大幅に増えているため、出荷容量は増えても出荷数は減少するのが通例だった。ところが2021年は、出荷容量だけではなく出荷数も増える事態になった。

 例えば容量で見ると、2021年後半に出荷が開始した「LTO-9」は、テープカートリッジ当たりで圧縮時45TB、非圧縮時18TBの容量を提供する。前世代である「LTO-8」の圧縮時30TB、非圧縮時12TBと比べると大幅な増加だ。

 調査会社Evaluator Groupのシニアアナリストであるクリスタ・マコンバー氏によると、幾つかの要因が2021年のテープ市場に影響を与えた。以下の通りだ。

  • テープに関する特許紛争が、2020年の出荷数を阻害した
  • 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって人手不足や供給不足、輸送の遅れが生じた
  • 2021年はLTO-9準拠の新製品がテープの販売を促進した

 マコンバー氏はLTO-9準拠品が発売したことが大きく影響したと分析する。「LTO-9は1世代前のテープカートリッジしかデータを読み込めないため、企業は新世代のテープ製品に全面的に移行するかどうか選択を迫られることになる」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。