2022年06月26日 10時30分 公開
特集/連載

「Microsoft Officeなんて要らない」と感じたらWindowsをやめてLinuxへWindowsしか知らなかった人のための「Linux」入門【第5回】

「Linux」への移行を検討する「Windows」ユーザーは、両者の違いを理解した上で判断を下すことが大切だ。移行後の日常利用で特に重要になる「利用可能なアプリケーション」の違いを確認しておこう。

[Damon Garn,TechTarget]

関連キーワード

Linux | Windows


 「Windows」から「Linux」へとOSを切り替えると、Windowsで当たり前にできていたことが、できなくなることがある。移行前に両者の違いを正確に把握することは、移行後に公開しないために重要だ。LinuxとWindowsの主要な8つの違いのうち、8つ目を紹介する。

8.「Office」の代替策を探す必要がある

 Linuxでは、Windowsで利用していたアプリケーションが利用できなくなることがある。SaaS(Software as a Service)などOSを問わないアプリケーションであれば、総じてLinuxでもそのまま利用できる。一方でデバイスに直接インストールするネイティブアプリケーションの場合、Linux版がなければ代替策を探すことが必要だ。

 オフィスユーザーのOSをWindowsからLinuxに移行する際には、一般的にはネイティブアプリケーションのオフィススイートが必要になる。Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には、Linux版のネイティブアプリケーションがない。Linuxで使える代表的なオープンソースのオフィススイート「LibreOffice」は、Microsoft Officeで作成したファイルを読み書きできる。オフィススイートの他の選択肢としては、オープンソースの「Calligra Suite」やZohoの「Zoho Workplace」などがある。

 コンパイル(ソースコードから実行可能なファイル形式への変換)済みのソフトウェアをLinuxにインストールするには「パッケージマネジャー」(Package Manager)を使用する。パッケージマネジャーは、Linuxソフトウェアのインストールや更新を管理するソフトウェアだ。

 Linuxのディストリビューション(配布用パッケージ)によって、標準のパッケージマネジャーは異なる。「Red Hat Enterprise Linux」(以下、RHEL)から派生したディストリビューションでは「Yum」(Yellowdog Updater Modified)や「Dandified YUM」(DNF)を使うことが一般的だ。「Debian」から派生したディストリビューションでは「Advanced Package Tool」(APT)がよく使われている。

 例えばRHEL系ディストリビューションでDNFを使い、ポートスキャナー「nmap」(Network Mapper)をインストールするには、以下のコマンドを実行する。

sudo dnf install nmap 

 上記のコマンドは、標準アカウントを超える権限を付与するためのコマンド「sudo」を使って、標準アカウントから一時的に管理者アカウント「root」に昇格。その上でDNFを使い、サブコマンド「install」でnmapをインストールする。

 Debian系ディストリビューションでAPTを使う際は、以下のコマンドを実行すればnmapをインストールできる。

sudo apt install nmap

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...