2022年06月05日 10時30分 公開
特集/連載

Windows信奉者が理解に苦しむ“GUIは甘え”のLinux文化Windowsしか知らなかった人のための「Linux」入門【第2回】

「Windows」での常識が、「Linux」でも常識だとは限らない。Linuxへの乗り換えを検討するWindowsユーザーにとって、事前に両者の違いを整理することは重要だ。主な違いを整理しよう。

[Damon Garn,TechTarget]

関連キーワード

Linux | Windows


 「Windows」ユーザーがOSを「Linux」に切り替える際は、事前に両者の違いを理解しておくと、移行をスムーズに進めやすくなる。両者の主要な8つの違いのうち、2つ目から4つ目を紹介する。

2.GUIは「オプション」である

併せて読みたいお薦め記事

連載:Windowsしか知らなかった人のための「Linux」入門

「Linux」の基礎知識


 MicrosoftはWindowsに単一のGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を用意する。CLI(コマンドラインインタフェース)も使えるようにしているものの、あくまでもGUIをユーザーインタフェースの中心に据える。

 CLIを中心とするLinuxでは、GUIはオプションであり、他のアプリケーションと同じように削除や置換ができる個別のソフトウェアだ。必要に応じてユーザーが最適なGUIを選択できる。古いデバイスでは、CPUやメモリといったシステムリソースの消費が少ないGUIをインストールする――といったことが可能だ。

3.Linuxはオフィスでも使える

 今やLinuxはサーバ専用OSではなく、オフィスや家庭のユーザーでも使えるOSになった。GUIが洗練され、以前と比べてソフトウェアのインストールや管理がしやすくなっている。

4.Linuxは「フリー」である

 原則としてソースコードを公開しないプロプライエタリソフトウェアは、ライセンスにさまざまな制限を設けている。プロプライエタリソフトウェアは一般的にはソースコードではなく、あらかじめコンパイル(実行可能な状態にすること)された状態で流通する。ソースコードを変更することは基本的にはできない。

 プロプライエタリソフトウェアに慣れている人にとっては、オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴を理解するのが難しい可能性がある。OSSであるLinuxは無料で利用できるだけではなく、ソースコードを自由に利用できるようにしている。ユーザーはLinuxのソースコードを修正し、より優れたソフトウェアを開発することができる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...