2022年06月03日 10時15分 公開
特集/連載

iPhoneに“野良アプリ”をインストールして安全に使う「正しい」方法iOS「サイドロード」の実態と危険性【第2回】

Appleは特定用途に向けて、App StoreにないアプリケーションをiOSデバイスにインストールする「サイドロード」の方法を用意している。具体的な方法を紹介する。

[Kyle Johnson,TechTarget]

 「サイドロード」は、「App Store」「Google Play」といった公式アプリケーションストア以外からアプリケーションを入手することを指す。Appleは特定用途に向けて、スマートフォンOS「iOS」でサイドロードしたアプリケーション(「野良アプリ」と呼ばれる)を利用する方法を用意している。どのような方法なのか。詳しく見ていこう。

 iOSのユーザー企業に対して、Appleは社内向けの独自iOSアプリケーションを開発、配布できるようにするプログラム「Apple Developer Enterprise Program」(ADEP)を用意している。ADEPのユーザー企業が、独自iOSアプリケーションをサイドロードする方法は2つある。モバイルデバイス管理(MDM)を使う方法と、自社運用するアプリケーション配布用Webサイト(以下、社内サイト)を使う方法だ。

 AppleはMDMを使う方法を推奨している。独自アプリケーションの実行に必要なデジタル証明書の配布を自動化できるからだ。社内サイトを使う場合、ユーザー企業はエンドユーザーに以下の手順を踏んでもらうことで、独自アプリケーションのサイドロードが可能になる。

  1. 社内サイトからアプリケーションをインストールする
  2. インストールしたアプリケーションのアイコンをタップする
  3. iOSが表示する「信頼されていないエンタープライズ開発元」という警告メッセージを閉じる
  4. 「設定」「一般」「プロファイル」(または「プロファイルとデバイス管理」)の順にタップし、開発元をタップしてその開発元を信頼するように設定する

 アプリケーションをサイドロードする際には注意点がある。Appleがインターネットを介して、iOSデバイス内のデジタル証明書を定期的に再検証する必要があることだ。再検証ができず、デジタル証明書が失効すると、サイドロードしたアプリケーションは使えなくなる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...