2022年05月28日 09時00分 公開
特集/連載

「仕事のiPhoneで“野良アプリ”を堂々と使う人」がゼロではない現実iOS「サイドロード」の実態と危険性【第1回】

App Store以外からアプリケーションを入手する「サイドロード」。iPhoneユーザーはどの程度サイドロードを実施しているのか。セキュリティベンダーの調査結果から見えてきた、ある実態とは。

[Kyle Johnson,TechTarget]

 たいていのモバイルデバイス管理者は、GoogleのモバイルOS「Android」で「サイドロード」を実行することが簡単だと知っている。サイドロードとは、「Google Play」といった公式アプリケーションストア以外からアプリケーションを入手、インストールすることだ。

  AppleはスマートフォンOS「iOS」では、同社の公式アプリケーションストア「App Store」で提供するアプリケーションのみを使うことを前提としている。それならばiOSユーザーは、サイドロードしたアプリケーション(「野良アプリ」とも呼ばれる)を全く利用していないのだろうか。実態はそうではない。

仕事のiPhoneで“野良アプリ”を使ってしまう人々

 モバイルセキュリティベンダーLookoutは、同社のセキュリティツールが収集したiOSおよびAndroidデバイスのデータを分析している。2016年4月から2017年4月にかけて観測したデータによると、検査対象となった企業利用iOSデバイス(台数は未公開)の約11%(6カ月平均)の中に、サイドロードされたアプリケーションを検出した。

 これは決して大きな数字ではない。ただし深刻な問題が隠れている可能性がある。Lookoutのセキュリティツール利用者の中には「Jailbreak」(脱獄)を許可しない企業があるからだ。脱獄は、iOSでのアプリケーションの導入や実行に関する制限を解除する行為を指す。

 iOSでアプリケーションをサイドロードすること自体は、技術的には不可能ではない。一定の知識やツールがあれば、専門家ではない人でも自分の「iPhone」で実行できる。アプリケーションをサイドロードする方法として脱獄があるが、脱獄せずにサイドロードする方法もある。


 App Storeにはない社内向けの独自アプリケーションを、サイドロードしてiPhoneで利用したいと考える企業に対して、Appleはある方法を用意している。第2回は、その方法を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...