2022年05月27日 00時30分 公開
特集/連載

“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】

仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。

[Ed Scannell,TechTarget]

関連キーワード

VMware


 Broadcom(ブロードコム)は、半導体事業を中心とする同社のビジネスをさらに強化するために、企業向けソフトウェアベンダーの買収を続けている。同社の次の標的が、大手仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)だ。

 2022年5月26日(現地時間)、BroadcomはVMwareの買収で合意したと発表した。同社が発表した買収額は610億ドル(現金および株式交換の組み合わせ)だ。発表前に米TechTargetがアナリストに聞いた予想買収額は、450億ドルから500億ドル。今回の買収額はそれを上回った。今回の買収についてBroadcomは、同社2023会計年度(2022年11月〜2023年10月)の完了を見込む。

IT大手を次々と買収 “謎”の企業「ブロードコム」拡大の歴史

 半導体ベンダーとして知られるBroadcomは、ネットワークやストレージ、運用自動化まで、さまざまなデータセンター向けインフラ製品を提供している。その幅広い製品ラインアップは、積極的な買収のたまものだ。

 Broadcomは2018年11月に、メインフレーム向けソフトウェアを手掛ける大手ベンダーCA Technologiesを買収。続く2019年11月には、こちらも大手のセキュリティベンダーSymantecの企業向けセキュリティ事業を買収した。その約半年後の2020年4月には、Symantecのセキュリティサービス事業をコンサルティング企業のAccentureに売却している。

 VMwareが買収の標的になるのは、今回が初めてではない。1998年設立の同社は、2004年に当時のストレージベンダーEMCに買収された。EMCは2007年にIPO(新規株式公開)を通じてVMware株式の一部を売却。2016年にDellはEMCを買収した際に、VMwareを傘下に収めた。

 2021年11月に、DellはVMwareをスピンオフ(独立)させた。当時、VMwareはスピンオフによって「マルチクラウド戦略を実行する上での自由度が向上し、資本構造やガバナンスが簡素化する」と述べていた。


 BroadcomによるVMwareの買収は、どのような意味を持つのか。後編は今回の買収に関するアナリストの声を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...