2021年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

VMware仮想マシン(VM)を「AWS」に移す簡単な方法オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【後編】

オンプレミスのVMware製品で構築したVMのAWSへの移行は、適切なツールを使えば可能に実行できる。移行に使えるツールと移行手順を説明する。

[Paul Ferrill,TechTarget]

 オンプレミスのVMware製品で構築した仮想マシン(VM)を、Amazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群に移行させる方法は複数ある。その一つが、移行させたいVMのクローンを作成し、そのクローンファイルを使ってAWSにVMを移行させる方法だ。この方法はVMの数がそれほど多くなければ効果的だが、VMが大量にある場合は煩雑な作業になりかねない。複数のVMがネットワークやストレージの設定を介してオンプレミスのVMware製品に依存している場合、これがAWSへのVM移行の際に問題になることがある。前編「企業がVMware仮想マシン(VM)を『AWS』へ移す理由と、移して後悔する理由」に続き、本稿はVMware製品で構築したVMをAWSへ移行させるときの方法を説明する。

AWSへのVM移行を簡単に実現する方法

 VMware製品を利用すると、オンプレミスインフラとAWSで稼働するVMを同じ管理インタフェースで管理できる。ただしAWSで利用できない管理機能もある。例えばVMがAWS外のブロックストレージに接続する場合が該当する。

 AWSのVM移行サービス「AWS Server Migration Service」を使用して、オンプレミスインフラのVMをAWSに移行させるのもよい。Server Migration Serviceでは、ユーザー企業はVMwareの管理コンソール「VMware vCenter Server」(以下、vCenter)を使い、VMを簡単に移行させることができる。AWSのドキュメントは手順を詳しく説明しており、移行時のリスクを軽減するためのセキュリティ対策とアカウント管理のベストプラクティスも記載している。

 本番環境でAWSへのVM移行を実施する前に、全てのVM移行プロセスを、本番のVMイメージを使ったサンドボックスでテストする。最初のステップは、インターネットに接続されていて、かつ移行対象のVMイメージにアクセス可能なコンピュータを用意することだ。その後vCenterまたはAWSの管理ツール「AWS Command Line Interface」(AWS CLI)のいずれかを使用してVMのクローンファイルを作成し、それをAWSにインポートする。

 AWSには、OVAやVMDKなど、さまざまなファイル形式のVMをインポートできる。AWSへのインポートに必要なのは、ファイル名やフォーマットなどのコンポーネントを記述したJSON形式のファイルだ。

AWSのVMをエクスポートするときの注意点

 EC2のVMをAWSからオンプレミスインフラにエクスポートする際は、エクスポートしたいVMを保存するために、AWSのクラウドストレージ「Amazon Simple Storage Service」(S3)のバケット(データ保存領域)が必要になる。AWSで稼働するVMは、OVAやVMDK形式でエクスポートが可能だ。ただしVMの稼働にサードパーティーソフトウェアを利用している場合は、エクスポートできないことがある。AWSは、複数の仮想ディスクやネットワークインタフェースを持つVMや、容量が1TBを超えるVMのエクスポートも制限している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...

news120.jpg

「Shufoo!」に動画チラシ機能 手持ちのチラシ素材とテンプレートで簡単に動画作成が可能に
管理画面から投稿したチラシ画像と商品画像を選択し、テンプレートに当てはめるだけで動...