2020年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かすメリットと注意点を整理

Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)のユーザー企業は、GCPのインフラでVMwareのプライベートクラウド構築製品群「VMware Cloud Foundation」を利用できるようになった。新GCPサービスの「Google Cloud VMware Engine」を利用することで、ユーザー企業はGoogleが提供する専用のベアメタルサーバ(物理サーバ)で、VMware Cloud Foundationを運用できる。

 VMware Cloud Foundationはサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」とサーバ/仮想マシン管理ソフトウェア「vCenter Server」、ストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」、ネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX-T Data Center」、ハイブリッドクラウド管理ソフトウェア「VMware HCX」を含む。

「Google Cloud VMware Engine」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...