2020年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かすメリットと注意点を整理

Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)のユーザー企業は、GCPのインフラでVMwareのプライベートクラウド構築製品群「VMware Cloud Foundation」を利用できるようになった。新GCPサービスの「Google Cloud VMware Engine」を利用することで、ユーザー企業はGoogleが提供する専用のベアメタルサーバ(物理サーバ)で、VMware Cloud Foundationを運用できる。

 VMware Cloud Foundationはサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」とサーバ/仮想マシン管理ソフトウェア「vCenter Server」、ストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」、ネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX-T Data Center」、ハイブリッドクラウド管理ソフトウェア「VMware HCX」を含む。

「Google Cloud VMware Engine」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...