2020年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かすメリットと注意点を整理

Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)のユーザー企業は、GCPのインフラでVMwareのプライベートクラウド構築製品群「VMware Cloud Foundation」を利用できるようになった。新GCPサービスの「Google Cloud VMware Engine」を利用することで、ユーザー企業はGoogleが提供する専用のベアメタルサーバ(物理サーバ)で、VMware Cloud Foundationを運用できる。

 VMware Cloud Foundationはサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」とサーバ/仮想マシン管理ソフトウェア「vCenter Server」、ストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」、ネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX-T Data Center」、ハイブリッドクラウド管理ソフトウェア「VMware HCX」を含む。

「Google Cloud VMware Engine」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?

news153.jpg

「誰得営業」の実態とは?――ネオマーケティングとBaseconnect調査
営業活動で嫌な思いをしたことのある営業担当者は8割超。営業を受けて「良かった」と答え...

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...