2020年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かすメリットと注意点を整理

Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)のユーザー企業は、GCPのインフラでVMwareのプライベートクラウド構築製品群「VMware Cloud Foundation」を利用できるようになった。新GCPサービスの「Google Cloud VMware Engine」を利用することで、ユーザー企業はGoogleが提供する専用のベアメタルサーバ(物理サーバ)で、VMware Cloud Foundationを運用できる。

 VMware Cloud Foundationはサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」とサーバ/仮想マシン管理ソフトウェア「vCenter Server」、ストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」、ネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX-T Data Center」、ハイブリッドクラウド管理ソフトウェア「VMware HCX」を含む。

「Google Cloud VMware Engine」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...