2020年01月15日 05時00分 公開
特集/連載

VMware Horizonはどこで運用? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較それぞれのメリット・デメリットやコストの違いを解説

「VMware Horizon」はオンプレミスやクラウドの他、ハイブリッドクラウドでも運用でき、運用方法によってメリットやデメリットが異なる。どの運用方法を選ぶべきなのか。

[Stuart Burns,TechTarget]

 VMwareの仮想デスクトップインフラ(VDI)ソフトウェア「VMware Horizon」は、デスクトップPCやモバイルデバイスなどのクライアントデバイスで、仮想デスクトップや仮想アプリケーションを利用できるようにする。オンプレミスやクラウドに加え、ハイブリッドクラウド構成で運用できる。

 それぞれの運用方法には、導入前に検討すべきメリットとデメリットがある。自社が抱える要件について考えるときには、

  • 必要なデスクトップの数
  • セキュリティの要件
  • 地域の法律とデータの局所性に関する法律
  • 電力や冷却といったデータセンターの運用コスト

について検討すべきだ。

目次

クラウドで運用する場合

 VMware Horizonをクラウドで運用すれば、管理の複雑さを最小限に抑えることができる。VMware Horizonに限らず、VDI製品は必要に応じて仮想デスクトップを作成し、使い終わった仮想デスクトップを破棄できる。季節によってリソースの需要が異なったり、デスクトップにさまざまな要件を抱えたりする企業には、こうしたクラウドの特性がプラスに働くだろう。クリスマスや復活祭前の金曜日にセールを開催する企業がその好例だ。ニーズの変化に合わせて、簡単に規模を拡大/縮小できる。

 IBMとMicrosoftは、どちらもVMware Horizonの認定パートナーだ。どちらの認定ベンダーのクラウド(「IBM Cloud」や「Microsoft Azure」)を使用する場合でも、VMware Horizonの管理下にある仮想デスクトップ全体を1つの画面で確認して管理できる。世界各地に点在する仮想デスクトップを同じ画面で管理することも可能だ。シンプルなガイド付きのプロセスに従えば、簡単にクラウドにVMware Horizonをセットアップできる。

 オンプレミスでVMware Horizonを運用すればカスタムサイズのVMを使用できるが、クラウドではVMのサイズに制限があることが一般的だ。その場合、活用の幅を狭める恐れがある。

オンプレミスやハイブリッドクラウドで運用する場合

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...