2019年10月29日 10時05分 公開
特集/連載

金融、法務系企業には良い選択肢か「Windows Virtual Desktop」登場でオンプレミスVDIは“オワコン”になる?

Microsoftは「Windows Virtual Desktop」の一般提供を開始した。これにより「VDI市場は大きく変わる」と専門家は予想する。それはなぜなのか。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 2019年9月30日(米国時間)、MicrosoftはDaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」の一般提供を開始した。テクニカルプレビューから約6カ月後の正式リリースとなった。

 MicrosoftがWindows Virtual Desktopを最初に発表したのは2018年9月、パブリックプレビューを開始したのは翌2019年の3月だった。クラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)で提供し、「Windows 10」をマルチユーザーで利用できる点が他のDaaSと一線を画す。調査会社Enterprise Strategy Groupのシニアアナリスト、マーク・バウカー氏は「すぐには導入が広がらないとしても、ユーザー企業の間で現行の仮想デスクトップインフラ(VDI)を置き換え始めるだろう」と予測する。

 「Windows Virtual Desktopは、ハードウェアにこれ以上投資しない方針の企業にとって、ITインフラを管理することなく同等のデスクトップ機能を利用する有力な選択肢になる」とバウカー氏は語る。

「DaaS」がオンプレミスVDIに取って代わる

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...