2019年09月07日 08時30分 公開
特集/連載

Windows Virtual Desktop登場でVDI市場は変わるか【前編】クラウド版Windows 10「Windows Virtual Desktop」はVDI市場の破壊者か?

Microsoftの「Windows Virtual Desktop」はVDI市場にどのような影響をもたらすか。特にCitrix Systemsなど既存のVDIベンダーにどのような影響があるだろうか。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 「Windows Virtual Desktop」の登場で、仮想デスクトップインフラ(VDI)市場の勢力図は塗り替わる可能性がある。これを迎え撃つ既存のVDIベンダーは心して準備にかからねばならない。Windows Virtual Desktopはクラウドサービス群「Microsoft Azure」(以下、Azure)で動作するMicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)であり、マルチユーザーで「Windows 10 Enterprise」を利用できる。多くの企業が待ち望んでいたこのサービスは、VDI市場において大きな差別化要因になる。

 ITサービスベンダーのNerdioは、MicrosoftがWindows Virtual Desktopの開発を開始した当初からこのプロジェクトに関わってきた。Nerdioはマネージドサービスベンダーのワークロード(システム)をAzureに移行して運営するのを支援する会社だ。CEOのワディム・ウラジミルスキー氏によると、同社は2017年、Microsoftの招きでWindows Virtual Desktopの限定プレビューに参加したという。

 Windows Virtual Desktopの利便性を高めるべく、Microsoftは自社製品を仮想環境向けに改良してきた。例えばメールクライアント「Microsoft Outlook」のオフライン利用を可能にするキャッシュモード機能を強化し、メールや予定表に素早くアクセスできるようにした。

 Microsoftはどのような道のりを経てWindows Virtual Desktopの実現に至ったのか。この新サービスの参入で、Citrix Systemsのような競合VDIベンダーはどのように進化していくのか。ウラジミルスキー氏に話を聞いた。

―― Windows Virtual DesktopはVDI市場にどのような影響をもたらすでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news006.gif

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...