2021年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「ファイアウォール」「画面転送プロトコル」「VRAM」の問題「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【後編】

ファイアウォールや画面転送プロトコル、VRAMの設定によっては、「VMware Horizon」の仮想デスクトップが利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題が発生することがある。これらの問題を説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 前編「VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く『解像度』『GPO』の問題」は、VMwareのVDI(仮想デスクトップインフラ)ソフトウェア「VMware Horizon」で発生する「ブラックスクリーン」と、それを招く5つの問題のうち2つを紹介した。ブラックスクリーンは、エンドユーザーが仮想デスクトップを利用する際、画面が黒くなって接続が切断されてしまう問題だ。本稿はブラックスクリーンを招く残り3つの問題を説明する。

問題3.ファイアウォールのポートブロック

 ファイアウォールが、クライアントデバイスの通信に必要なポートをブロックしているために、ブラックスクリーンが起こることがある。通信に必要なポートは、クライアントデバイスが仮想デスクトップに接続する際に、VMwareのゲートウェイアプライアンス「Unified Access Gateway」を経由するか、あるいは仮想デスクトップの配信を制御するコネクションブローカー「Horizon Connection Server」(Horizon接続サーバ)に直接接続するかによって異なる。それぞれの場合に適したポートを開放する必要がある。

問題4.一部の画面転送プロトコルの有効化

 Unified Access Gatewayの構成方法に関連する幾つかの問題が、ブラックスクリーンの原因になっている可能性もある。具体的には、Horizon接続サーバで画面転送プロトコルの「VMware Blast Extreme」および「PCoIP」(PC over IP)を無効にしていないことが挙げられる。このままだとUnified Access GatewayがHorizon接続サーバの代わりにこれらのプロトコルを処理する際に、問題が発生する可能性があるのだ。どちらもVMware Horizonの管理画面で無効にできる。

問題5.VRAM容量の不足

 仮想マシンに割り当てたVRAM(グラフィックスメモリ)の容量が、仮想デスクトップを表示するのに足りないとブラックスクリーンの原因となる。ただしこの場合にブラックスクリーンが発生するのは、画面転送プロトコルにPCoIPを利用する場合に限られる。「RDP」(リモートデスクトッププロトコル)を使う場合は影響を受けない。VRAM不足を解消するために設定を変更した場合も、RDPを使った接続には影響しない。仮想マシンのモニター数や解像度を最大値に設定するなどして、VRAMの割り当て容量を増やすことが必要だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...