2019年07月09日 10時05分 公開
特集/連載

VDIの「ライセンス」「エディション」選びに失敗しないための注意点「VMware Horizon」を例に学ぶ

仮想デスクトップインフラ(VDI)のライセンスやエディションを適切に選択するのは簡単ではない。「VMware Horizon」を例に、VDIのライセンスやエディション選びの主な注意点を紹介する。

[Stuart Burns,TechTarget]
画像

 仮想デスクトップインフラ(VDI)のライセンスやエディションは選定が難しい。IT管理者が選定時に把握しておくべきポイントとは何か。以下ではVDI製品「VMware Horizon」を例に取り、ライセンスやエディションの適切な選び方を紹介する。


ライセンスとエディション選定の着眼点

 VDIライセンスは選定を間違いやすいポイントだ。例えばVMware Horizonには以下の2種類のライセンスがある。

  • 利用アカウント数を基にした「指定ユーザー単位」
  • 接続数を基にした「同時接続単位」

 では、2種類のライセンスはどう違うのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...