2019年01月15日 05時00分 公開
特集/連載

今こそ使い方を見直す好機「Windows Virtual Desktop」の影響は? VDI/DaaS市場の変化を予測する

新年を迎えた今こそ、VDIの使い方を見直し、台頭するDaaS(Desktop as a Service)や、VDIエンドポイントとして使い勝手が向上しているモバイルデバイスに目を向ける好機だ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

 時間は全ての人に平等に過ぎていく。このことはVDI(仮想デスクトップインフラ)の動向にも当てはまる。技術とそれを取り巻く状況は常に変わり続けているからだ。

 VDIは、DaaS(Desktop as a Service)のような他のデスクトップホスティングオプションに押されて存在感が低下するかもしれない。DaaSは、仮想デスクトップがもたらす管理の簡素化や柔軟性を求める一方、バックエンドインフラを管理する手間は避けたいと考える小規模な組織に大きくアピールする。実際、独立調査機関VDI like a Pro(注)が2018年5月に発表した調査レポート「End User Computing State of the Union -- 2018」によると、VDIを使用する小規模な組織(ユーザー数が1000人未満)はこれまでより減っている。小規模組織は代わりにクラウドベースの選択肢を選ぶようになっているという。最近のVDIの動向では、こうしたVDIからDaaSへのシフトとともに、モビリティの向上や、ユーザーがリソースに1カ所でアクセスできるようにする必要性への対応が、大きな流れとなっている。

注:VDI like a Proは、Login VSIとFrameの各経営幹部が運営している。Login VSIは仮想デスクトップ負荷試験ツールを、Frameは、Windows ISVや開発者がアプリケーションをサービスとしてグローバルに提供するためのクラウドプラットフォームを、それぞれ手掛けている。

「Windows Virtual Desktop」で変わるDaaS市場

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...