2018年09月06日 05時00分 公開
特集/連載

VDIベンダーは方向転換を模索仮想デスクトップ導入がまさかの急減速? ユーザーとベンダーの思惑は

幾つかの要因で、オンプレミスでの新たなVDIの導入が停滞している。そのため、VDIベンダーは戦略の転換を迫られている。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 2018年5月に公開されたレポート「State of the EUC 2018」によると、VDIを取り巻く環境で設計、テスト、導入段階にあるVDIプロジェクトの割合はごくわずかで、2017年に比べて減少している。調査活動「VDI Like a Pro」が実施した調査によると、新たなオンプレミスのVDIが設計段階やPoC(概念実証)段階にあると答えた回答者は、2017年の3.07%から減少し、わずか1.18%になった。一方、41.3%の回答者が自社のVDIを2〜4年運用していると答え、33.92%が5年以上運用していると答えている。

 この停滞は、VDIの導入に興味を持つIT部門の大半が既に導入を完了していることを示す。VDIテクノロジーに関連する主な課題であるストレージ容量、GPU性能、コストなどは、以前に比べて解決が容易になっている。

成熟市場で変わるユーザーとの関係

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。