2018年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは?安定性をとるか、性能をとるか(1/2 ページ)

Citrix Systems、VMware、Microsoftはいずれも自社のVDI製品に画面転送プロトコルを提供する。どのような違いがあるのだろうか。

[Tom Howarth,TechTarget]
画像 各プロトコルの特徴を把握する

 VDIを導入する企業の大半は、Citrix Systemsの「Independent Computing Architecture」(ICA)や「HDX」、Microsoftの「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)や「RemoteFX」、VMwareの「Blast Extreme」、Teradiciの「PCoIP」のいずれかを使用している。当然だが、それ以外のオプションも市場にはある。

Microsoft RDP

 Microsoft RDPは、あらゆる場所から「Windows」のサーバとデスクトップにアクセスできるようにするプロトコルだ。これは、仮想デスクトップの使いやすさを重視した機能豊富なプロトコルとして開発されている。その特徴は以下の通りだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...