Microsoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは?安定性をとるか、性能をとるか(1/2 ページ)

Citrix Systems、VMware、Microsoftはいずれも自社のVDI製品に画面転送プロトコルを提供する。どのような違いがあるのだろうか。

2018年08月10日 05時00分 公開
[Tom HowarthTechTarget]
画像 各プロトコルの特徴を把握する

 VDIを導入する企業の大半は、Citrix Systemsの「Independent Computing Architecture」(ICA)や「HDX」、Microsoftの「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)や「RemoteFX」、VMwareの「Blast Extreme」、Teradiciの「PCoIP」のいずれかを使用している。当然だが、それ以外のオプションも市場にはある。

Microsoft RDP

 Microsoft RDPは、あらゆる場所から「Windows」のサーバとデスクトップにアクセスできるようにするプロトコルだ。これは、仮想デスクトップの使いやすさを重視した機能豊富なプロトコルとして開発されている。その特徴は以下の通りだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...