2018年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2019」にリモートデスクトップのRDSH搭載、見えてきた詳細機能プレビュー版には含まれなかった理由とは

Microsoftは、同社の「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)を「Windows Server 2019」のプレビュー版と正式版に搭載することを認めた。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)は、Microsoftが2018年3月の「Windows Insider Program」でリリースした「Windows Server 2019」の最初のプレビュービルドには含まれていなかった。専門家によれば、その時点では2018年後半に一般公開予定の同OSにRDSHが搭載されるとは予想していなかったという。

 だが2018年4月中旬、同社の広報担当者からTechTargetに次の報告があった。「Windows Insider Programの参加者向けに、間もなく公開するプレビュービルドにRDSHの機能を追加する予定だ。Windows Server 2019には『Windows Server 2016』の『リモートデスクトップサービス』(RDS)と同様の機能を搭載することになる」

Windows Server 2019とRDSHに関するメッセージの混乱

 Windows Server 2019とRDSHに関するMicrosoftからのこれまでのメッセージは、ITコミュニティーの一部に混乱と不満をもたらしてきた。同社は2018年3月の時点でRDSHの今後についての正式なコメントを避けている。だがWindows Serverチームの一部のメンバーがこの件に関してTwitterにコメントを投稿した。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...