2018年04月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2019」にリモートデスクトップのRDSH搭載、見えてきた詳細機能プレビュー版には含まれなかった理由とは

Microsoftは、同社の「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)を「Windows Server 2019」のプレビュー版と正式版に搭載することを認めた。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)は、Microsoftが2018年3月の「Windows Insider Program」でリリースした「Windows Server 2019」の最初のプレビュービルドには含まれていなかった。専門家によれば、その時点では2018年後半に一般公開予定の同OSにRDSHが搭載されるとは予想していなかったという。

 だが2018年4月中旬、同社の広報担当者からTechTargetに次の報告があった。「Windows Insider Programの参加者向けに、間もなく公開するプレビュービルドにRDSHの機能を追加する予定だ。Windows Server 2019には『Windows Server 2016』の『リモートデスクトップサービス』(RDS)と同様の機能を搭載することになる」

Windows Server 2019とRDSHに関するメッセージの混乱

 Windows Server 2019とRDSHに関するMicrosoftからのこれまでのメッセージは、ITコミュニティーの一部に混乱と不満をもたらしてきた。同社は2018年3月の時点でRDSHの今後についての正式なコメントを避けている。だがWindows Serverチームの一部のメンバーがこの件に関してTwitterにコメントを投稿した。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...