2018年12月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」導入が加速? Office 365連携技術をMicrosoftが買収「Office 365×仮想デスクトップ」の操作性を改善

MicrosoftがFSLogixの買収を発表した。これは仮想デスクトップ環境における「Office 365」の操作性やパフォーマンスを改善する糸口になる。「Windows Virtual Desktop」の改善はすぐにみられるだろう。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像

 Microsoftによるソフトウェア会社FSLogixの買収で、DaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」の導入を検討する企業が増える可能性がある。

 FSLogixは、アプリケーションのプロビジョニングとパフォーマンス管理を手掛ける会社だ。Microsoftがこの会社を買収したのは、仮想デスクトップ環境における「Office 365」のユーザーエクスペリエンス向上を図ることが大きな狙いだ。この買収で、「Amazon WorkSpaces」のようなDaaS製品に対するWindows Virtual Desktopの競争力が高まれば、DaaSとしてWindows Virtual Desktopを導入する企業が増えるだろう。

 「WindowsとOffice 365におけるユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスの、予測可能性を高める卓抜した技術を有する会社――これがMicrosoftのFSLogixに対する認識だ」。Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・ボウカー氏はこう解説する。

Microsoftが狙うOffice 365のユーザーエクスペリエンス向上とは

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...