2018年12月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Office 365×仮想デスクトップ」の操作性を改善「Windows Virtual Desktop」導入が加速? Office 365連携技術をMicrosoftが買収

MicrosoftがFSLogixの買収を発表した。これは仮想デスクトップ環境における「Office 365」の操作性やパフォーマンスを改善する糸口になる。「Windows Virtual Desktop」の改善はすぐにみられるだろう。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像

 Microsoftによるソフトウェア会社FSLogixの買収で、DaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」の導入を検討する企業が増える可能性がある。

 FSLogixは、アプリケーションのプロビジョニングとパフォーマンス管理を手掛ける会社だ。Microsoftがこの会社を買収したのは、仮想デスクトップ環境における「Office 365」のユーザーエクスペリエンス向上を図ることが大きな狙いだ。この買収で、「Amazon WorkSpaces」のようなDaaS製品に対するWindows Virtual Desktopの競争力が高まれば、DaaSとしてWindows Virtual Desktopを導入する企業が増えるだろう。

 「WindowsとOffice 365におけるユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスの、予測可能性を高める卓抜した技術を有する会社――これがMicrosoftのFSLogixに対する認識だ」。Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・ボウカー氏はこう解説する。

Microsoftが狙うOffice 365のユーザーエクスペリエンス向上とは

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。