2018年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」がコラボ機能を強化、就業時間外のメール送信にダメ出しもWorkplace Analyticsとは

Microsoftは2018年7月、クラウドスイート「Microsoft 365」の新たな進化を発表した。「Microsoft Teams」の無料版やホワイトボードアプリなど、チームに効率的なコラボレーションを促す機能を多く含む。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Microsoftは2018年7月中旬、ワールドワイドパートナーカンファレンスの開催に先立ち、オフィススイートの「Office 365」、クライアントOSの「Windows 10」、セキュリティ対策スイートの「Enterprise Mobility + Security」を組み合わせたクラウドスイート「Microsoft 365」の新しいイノベーションを発表した。その中には、企業向けチャットサービス「Microsoft Teams」の無料版や新しいインタラクティブホワイトボードアプリケーションに加え、より効果的な社内コミュニケーションに向けた一連の分析機能や、ベストプラクティスを組み込んだツールが含まれる。

Workplace Analytics(出典:日本マイクロソフト) Workplace Analytics(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 「Teamsの無料版は、最大300ユーザーをサポートし、無制限のチャットメッセージおよび検索機能を提供し、1対1、グループ、チーム全体でのオンライン音声/ビデオ通話が可能だ」。Microsoftのコーポレートバイスプレジデントを務めるロン・マーケジッチ氏は、Microsoft 365の公式ブログでそう述べている。

 同氏によると、さらに無料版は、チームでのファイル共有用に10GBのストレージを、個人用としてユーザー当たり2GBのストレージを提供する。

 Microsoftは、Microsoft 365におけるOffice 365の活用を推進しており、「Office Online」アプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」のWebアプリ)をTeamsの中で使用することも可能だ。

 マーケジッチ氏によると、181市場のうち20万社以上の企業が、コラボレーションや業務の処理にTeamsを利用しているという。

 またマーケジッチ氏は、Microsoft 365(具体的には、Teams、企業向け動画共有サービスの「Microsoft Stream」、企業向けソーシャルネットワーキングサービスの「Microsoft Yammer」)のユーザー企業であれば、従業員がライブイベント(実況動画の配信)およびオンデマンドイベント(保存された実況動画のオンデマンド配信)を容易にセットアップし、実行できるようになることも明らかにした。リアルタイムイベントでは、参加者は高精細動画を見ながら、コメント投稿によってコミュニケーションができる。

AIベースのサービス

 Microsoftによると、オンデマンドイベントをより活用しやすくするために、人工知能(AI)技術を活用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...