2018年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

「Office 365」利用ユーザー必見いまさら聞けない「Microsoft Teams」 基本の「き」

さまざまなコラボレーションツールが存在するが、もし自社がOffice 365を使っているとしたらMicrosoft Teamsに注目してほしい。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像 「チーム」を構築するならTeamsがお薦め?

 「Microsoft Teams」(以下、Teams)は、ユーザーが働く場所を問わず、共同作業を可能にするアプリだ。このアプリは、特定のビジネスに重点を置いた「Office 365」のサブスクリプションの一部として提供される。

 ユーザーはこのツールにより、電話による通話、テキストチャットの送信、ファイルの交換、デスクトップの共有、会議のスケジュール設定などが可能になる。Teamsは「Office 365 Enterprise」サブスクリプションの「E1」「E3」「E5」に含まれ「Microsoft Azure Directory」テナントとして機能する。Teams自体には追加料金がかからない。

 「Skype for Business」で可能なほぼ全てのことができるし、しかも速度は向上している。全体的にユーザーフレンドリーな使い勝手になっている。そのため、どのような企業でも生産性が大幅に向上する可能性がある。

Teamsがユーザーの役に立つ理由

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...