2018年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Microsoft Teams」 基本の「き」「Office 365」利用ユーザー必見

さまざまなコラボレーションツールが存在するが、もし自社がOffice 365を使っているとしたらMicrosoft Teamsに注目してほしい。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像 「チーム」を構築するならTeamsがお薦め?

 「Microsoft Teams」(以下、Teams)は、ユーザーが働く場所を問わず、共同作業を可能にするアプリだ。このアプリは、特定のビジネスに重点を置いた「Office 365」のサブスクリプションの一部として提供される。

 ユーザーはこのツールにより、電話による通話、テキストチャットの送信、ファイルの交換、デスクトップの共有、会議のスケジュール設定などが可能になる。Teamsは「Office 365 Enterprise」サブスクリプションの「E1」「E3」「E5」に含まれ「Microsoft Azure Directory」テナントとして機能する。Teams自体には追加料金がかからない。

 「Skype for Business」で可能なほぼ全てのことができるし、しかも速度は向上している。全体的にユーザーフレンドリーな使い勝手になっている。そのため、どのような企業でも生産性が大幅に向上する可能性がある。

Teamsがユーザーの役に立つ理由

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...