2018年07月23日 05時00分 公開
特集/連載

Slackなどチームコラボツールをより良く管理、IT担当者が考えるべき5ステップ複数アプリを上手に使いこなす

チームコラボレーション管理は、組織が複数のアプリを展開していると困難になる場合がある。だが、5つのステップを踏むことで、組織全体にわたってチームコラボレーションをより良く管理できる。

[Irwin Lazar,TechTarget]
今、チームコラボレーションツールが熱い《クリックで拡大》

 チームコラボレーションツールが、多くの組織に急速に浸透している。組織内外のコラボレーションやワークフローをスムーズに進めたい組織や、分散したワークグループのコミュニケーションや情報共有を改善したい組織のニーズに合っているからだ。だが、チームコラボレーションツールの利用拡大に伴い、IT部門がそれらを管理する難しさも増している。

 調査会社Nemertes Researchのデータによると、1つのチームコラボレーションツールを全社的に使っている企業は、全体の3分の1弱にとどまる。大部分の企業は管理上の問題に直面している。ビジネス部門によって導入され、IT部門のコントロールが及ばないさまざまなアプリをサポートしなければならなくなっているからだ。

 では、どうすれば複数のチームコラボレーションツールを管理下に置けるのだろうか。以下では、チームコラボレーション管理の5つのコツを紹介する。

1. どのようなビジネス指標に効果があるか検討しておく

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。