2018年07月23日 05時00分 公開
特集/連載

Slackなどチームコラボツールをより良く管理、IT担当者が考えるべき5ステップ複数アプリを上手に使いこなす

チームコラボレーション管理は、組織が複数のアプリを展開していると困難になる場合がある。だが、5つのステップを踏むことで、組織全体にわたってチームコラボレーションをより良く管理できる。

[Irwin Lazar,TechTarget]
今、チームコラボレーションツールが熱い《クリックで拡大》

 チームコラボレーションツールが、多くの組織に急速に浸透している。組織内外のコラボレーションやワークフローをスムーズに進めたい組織や、分散したワークグループのコミュニケーションや情報共有を改善したい組織のニーズに合っているからだ。だが、チームコラボレーションツールの利用拡大に伴い、IT部門がそれらを管理する難しさも増している。

 調査会社Nemertes Researchのデータによると、1つのチームコラボレーションツールを全社的に使っている企業は、全体の3分の1弱にとどまる。大部分の企業は管理上の問題に直面している。ビジネス部門によって導入され、IT部門のコントロールが及ばないさまざまなアプリをサポートしなければならなくなっているからだ。

 では、どうすれば複数のチームコラボレーションツールを管理下に置けるのだろうか。以下では、チームコラボレーション管理の5つのコツを紹介する。

1. どのようなビジネス指標に効果があるか検討しておく

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...