2018年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft Teamsのモバイルアプリはここが惜しい成熟度は高い

Microsoftは、「Microsoft Teams」のモバイルアプリの機能を手早く構築しているが、Skype for Businessと連携させて運用する場合、ユーザーはビジネス向けでは使いにくいと感じているかもしれない。

[Jonathan Dame,TechTarget]
チームコラボレーションツールの理想の形とは《クリックで拡大》

 Microsoft Teamsの会議機能は「Cisco Webex Teams」のモバイルアプリの機能と同等なレベルだが、ユーザーがスマートフォンから会議日程の設定や会議に参加する場合、Ciscoはよりシームレスな体験を提供することが可能だ。それは、Cisco WebEx Teamsと「Cisco WebEx」は同じバックエンドのクラウドインフラストラクチャに依存していることによる。

 ZK Researchの創業者兼主席アナリスト、ゼウス・ケラバラ氏は「Ciscoは長年にわたり重点的にモバイルを中心に展開してきた。Microsoftが同じ成熟度を持つモバイルクライアントを開発するとは期待していない」と語る。とはいえ、最近のMicrosoft Teamsのモバイルアプリへの改善は「良いスタートだ」という。

Microsoftのユーザーは複数のUCモバイルアプリを操作する必要がある

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。