Metaが手掛けるスパコン開発【第4回】
Meta(旧Facebook)が“メタバース王”になれる条件とは?
独自開発のスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)を武器に、メタバース市場で覇権を握ろうとするMeta Platforms。同社が市場で主導権を握るためには、何が必要なのか。(2022/5/18)

Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。(2022/5/9)

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【後編】
メタバースでのセクハラを防げ――MicrosoftとMetaが本気で対策
メタバースにおけるハラスメントを防止するために、MicrosoftとMetaはVRサービスのハラスメント対策機能を強化した。具体的な機能を説明する。(2022/4/26)

Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【後編】
「Teams」がちょっと便利になるMicrosoftこだわりの機能とは?
テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にまつわる不便さの解消を目指し、Microsoftは「Teams」「Outlook」の強化を続けている。主要な機能を見てみよう。(2022/4/22)

取引先と一緒にコミュニケーションツールを使う方法【後編】
社内のコミュニケーションツールに取引先を招待する「連携」手段とは
プロジェクトを共に進める取引先が、自社と異なるコミュニケーションツールを利用している場合、社内外のコミュニケーションツールを連携させる必要がある。そのための手段とは。(2022/4/19)

Metaが手掛けるスパコン開発【第1回】
Meta(旧Facebook)が“AIスパコン”を独自開発 その目的は?
Meta Platformsは、機械学習モデルをトレーニング可能なスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)の開発を進めている。専門家が考える、同社にRSCが不可欠な理由とは。(2022/4/18)

Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【前編】
在宅組と出社組間の“あの違和感”を解消する「Teams」「Outlook」の機能とは
Microsoftは「Teams」と「Outlook」を強化し、ハイブリッドワーク向けの機能を充実させる。「今日はテレワークか、オフィスワークか」を気軽に選びやすくする、会議の調整機能やWeb会議の画面レイアウトとは。(2022/4/15)

「メール」はどうなるのか【後編】
「メールはなくなるのか」の答えは「ノー」 生き残るための条件とは?
メールの弱点の解消を目指したビジネスチャットツールは進化を遂げ、メールが誇る“あの強み”も奪おうとしている。「メールは生き残る」という見方は根強いものの、それには条件があるという。(2022/4/15)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】
メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識
MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。(2022/4/6)

失われ始めた攻撃者同士の信頼【後編】
ランサムウェア攻撃者に広がる“人間不信” 原因は懸賞金と「いいね」依存症?
ランサムウェア攻撃者の間で、不信感や対立がエスカレートしている。その背景を探ると、実に“人間らしい事情”が見えてきた。それはどのようなことなのか。(2022/4/1)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【前編】
メタバースは“おもちゃ”じゃない Microsoft、Metaは「仕事向け」で勝負
複数のベンダーが、メタバースを実現するVRサービスをビジネス用途で提供し始めている。主要ベンダーが取り組むメタバースの現状をまとめた。(2022/3/30)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【後編】
「セカンドライフ」の元セキュリティ幹部が語る“メタバース中毒”の怖さ
企業がメタバースを利用する際、どのような懸念事項があるのか。メタバースの先駆け「Second Life」運営のLinden Labで、セキュリティ責任者を務めた専門家の意見を基に、具体的な問題と解決策を取り上げる。(2022/3/30)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【後編】
攻撃者自身もはまる? 「ソーシャルエンジニアリング」を軽視してはいけない
「Web 3.0」の脅威として、人間の脆弱性を悪用する「ソーシャルエンジニアリング」が挙げられる。最近は攻撃者自信がソーシャルエンジニアリングの餌食になることもあるという。何が起きているのか。(2022/3/30)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【後編】
「Wi-Fi 6E」を大歓迎する人、「Wi-Fi 7」まで待つ人 それぞれの考え方
専門家は2023年には部品不足が解消され、「Wi-Fi 6E」の導入が進む可能性があるとみる。ただし「Wi-Fi 7」が登場しようとする中では、Wi-Fi 6E導入が妥当かどうかの判断は簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/3/28)

失われ始めた攻撃者同士の信頼【前編】
「Kajit」は誰だ――匿名性が生んだランサムウェア攻撃者間の疑心暗鬼
攻撃者にとって「匿名性」は自らを保護する上で重要な意味を持つ。しかし最近は匿名性が不利に働き、ダークWebで関係者同士の不信や対立が拡大している。何が起きているのか。(2022/3/26)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【中編】
メタバースが「乗り物酔い」や「てんかん」を引き起こす?
メタバースは仮想的な3D空間だが、専門家によるとメタバースにおけるサイバー攻撃では現実世界に危険が及ぶことを懸念しなければいけないという。その理由と、具体的な脅威とは。(2022/3/23)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【前編】
NFTや仮想通貨を盗む「ソーシャルエンジニアリング」はWeb 3.0でも“最恐”か
Cisco Systemsのセキュリティ研究機関によると、次世代Web「Web 3.0」の構成技術を狙った攻撃の手口は驚くほど古い。だからこそ油断は禁物だ。Web 3.0を狙った攻撃に企業はどう備えるべきか。(2022/3/23)

異なるタスクに対応できるAI
自己教師あり学習は、「考え方を考える」強いAIを実現するか?
既存のAIは特定のタスクに特化しており、他のタスクに応用できない。IIIMが目指すのは自律的に学習して異なる複数のタスクに対応できる「強いAI」の実現だ。その研究・開発動向を紹介する。(2022/3/22)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【後編】
人材難のコンタクトセンターでエージェントを300%増やした物流企業の秘策
オペレーターなどのエージェント不足に悩むコンタクトセンター。物流を手掛けるDHL Supply ChainはUCaaS「Avaya OneCloud」を導入し、エージェントの定着や確保につなげている。同社の取り組みの中身とは。(2022/3/21)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【前編】
「メタバース」を正しく恐れる 注意すべきセキュリティ問題とは?
メタバースの普及に伴い、企業はよりいっそうセキュリティに注意を払う必要が生じた。従来企業を悩ませたセキュリティ問題に加え、新たな問題が浮上すると専門家は予想する。どのような問題なのか。(2022/3/16)

TechTarget発 世界のITニュース
「NVIDIA AI Enterprise」とVMware「vSphere with Tanzu」が連携 利点は?
AIアプリケーション運用ソフトウェア群「NVIDIA AI Enterprise」の更新版はVMwareの「vSphere with Tanzu」との連携を実現した。これにより何ができるのか。(2022/3/14)

老舗メーカーの「デジタルツイン」活用事例【後編】
デジタルの方が正しい? コーヒーマシン開発が「デジタルツイン」で変わった理由
現実世界のものを仮想的に再現する「デジタルツイン」を導入したコーヒーマシンメーカーのGruppo Cimbaliは、製品開発を大幅に改善した。具体的にどのような成果を得たのか。(2022/3/14)

“インターネットの次の波”に乗るMicrosoft
「メタバースはゲーム用」ではない? Microsoftが積極投資する“本当の理由”
Microsoftが投資を活発化させているのが「メタバース」だ。ゲーム大手買収もメタバース事業強化の一環だが、Microsoftはメタバースをゲームのためだけの技術だとは捉えていない。同社の狙いとは。(2022/3/13)

コンシューマー向けディスプレイ付きスマートスピーカーの「限界」
「Echo Show」「Google Nest Hub」をWeb会議で使うなら気を付けたい2つの問題
Web会議に「Echo Show」「Google Nest Hub」といったコンシューマー向けのディスプレイ付きスマートスピーカーを使えるようにすれば、テレワーカーの利便性を高めやすい。ただし対処すべき問題もある。それは何か。(2022/3/12)

顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【前編】
Zoomを使っていた“固定電話依存”の企業が「UCaaS」を導入した理由
ITスキル研修を手掛けるLearning Peopleは、パンデミックにおける顧客とのやりとりにUCaaS「Avaya Cloud Office」を利用している。「Zoom」を利用していた同社が、なぜUCaaSの導入を決断したのか。(2022/3/9)

「社外秘のファイルをうっかり共有」を防止
「Box」と「Slack」「Teams」が連携強化、利便性と安全面でうれしいポイントは
「Slack」や「Microsoft Teams」が、「Box」との連携機能を進めている。こうした動きは、IT管理者にとってどのようなメリットがあるのか。利便性の向上やガバナンス強化といった「うれしい」要素をまとめた。(2022/3/9)

老舗メーカーの「デジタルツイン」活用事例【中編】
コーヒーの抽出過程を「デジタルツイン」で再現するために足りなかったもの
「デジタルツイン」をコーヒーマシン開発に導入したGruppo Cimbali。さまざまな先端技術を活用してきた同社にとっても、デジタルツインの構築は簡単には進まなかった。どう実現したのか。(2022/3/7)

老舗メーカーの「デジタルツイン」活用事例【前編】
「デジタルツイン」や「無線LAN」を使ったコーヒーマシンのすごさとは
コーヒーマシンメーカーGruppo Cimbaliは、現実のものをデジタルで再現する「デジタルツイン」を製品開発に導入した。それによって同社のコーヒーマシンはどう変わるのか。(2022/2/28)

「働き方を選びたい」の声に応える
テレワーク時代の今こそ考える「オフィス勤務」は何が良く、何が駄目なのか
「コロナ禍でも働き方を選びたい」という従業員の声に応える上で、テレワークだけでなくオフィス勤務を選べるようにすることは重要だ。テレワークが普及した今、あらためてオフィス勤務の利点と課題を整理しよう。(2022/2/23)

「仕事から離れる権利」を尊重するには【後編】
「社員の健康を守るためのPC監視」はありなのか? 問われるプライバシー問題
心身の健康を守る目的で、MicrosoftやCisco Systemsは従業員のPC利用状況や生産性の監視ツールを提供している。こうした監視ツールは雇用主からの需要がある一方で、その存在意義を疑問視する専門家もいる。(2022/2/15)

ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【後編】
Zoomが「Web会議依存」からの脱却を進めなければならない理由
ハイブリッドワークが浸透する中、Zoom Video Communicationsをはじめとするベンダー各社は、コミュニケーション手段の多様化を推し進めようとしている。その背景には何があるのか。(2022/2/9)

TechTarget発 世界のITニュース
「Log4Shell」を悪用した攻撃 実は脆弱性の公表前から始まっていた?
話題の脆弱性「Log4Shell」が見つかってから情報が公表されるまでの間、約2週間があった。攻撃活動は公表前から確認されている。Log4Shellを巡る時系列を整理しておこう。(2022/2/8)

「仕事から離れる権利」を尊重するには【中編】
“働き過ぎる文化”にメスを ZoomやTeamsが「仕事から離れる」機能を加えた訳
ITベンダーは「従業員の燃え尽き症候群」の解決に向けた機能拡充に取り組んでいる。一方で専門家は「過重労働を是とする企業文化やマインドセットの問題は、ITツールだけでは解決できない」と警鐘を鳴らす。(2022/2/8)

ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【後編】
インドのIT業界ではハイブリッドワークが常識に 「新しい働き方」に備えるには
調査によれば、インドのIT業界における約7割の企業が、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を採用している。新たな働き方に適応するためにできることは。(2022/2/3)

Log4Shellバスターズはまだ眠れない
あの日見つけたLog4Shellの本当の恐ろしさを僕達はまだ知らない。
Apache Log4j 2の脆弱性「Log4Shell」の危険性は既にご存じだろう。その真の恐ろしさは、提供されるセキュリティアップデートを適用しただけでは解決しないということだ。(2022/2/1)

ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【前編】
「オフィスに早く戻りたい」と考えるインドのIT労働者 その理由は
ある調査によるとインドのIT企業は週3回程度のオフィス復帰を計画している。雇用主だけでなく、従業員もオフィス復帰に前向きな理由は。(2022/1/27)

「UC」は企業文化維持の救世主になるか
部下との“サシWeb会議”も有効 テレワークでも「社風」を維持するUC活用術4選
テレワークを導入すればおのずと、従業員同士が対面して協働する機会が減ることになる。組織の文化や交流を維持するために、ユニファイドコミュニケーションツールはどう役立つだろうか。(2022/1/26)

「Discord」を襲う脅威【前編】
「Discord」アカウントが乗っ取られる? 見つかった悪質パッケージの危険性
DevOpsツールベンダーのJFrogが、「Discord」ユーザーを狙った悪質なパッケージを発見した。パッケージがDiscordユーザーに害を与える仕組みや危険性を解説する。(2022/1/18)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】
仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い
仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。(2022/1/11)

管理者権限を不正に取得可能
「Windows Installer」に“凶悪”な脆弱性 専門家が危惧する理由は?
「Windows Installer」の脆弱性「CVE-2021-41379」に亜種が見つかった。専門家によると、CVE-2021-41379のパッチとしてMicrosoftが配布した更新プログラムでも、この亜種を修正できない。その危険性とは。(2021/12/31)

「Pwn2Own Austin 2021」レポート
ハッキング大会で攻撃がことごとく成功してしまった“不名誉”なIT製品とは?
ハッキング技術コンテスト「Pwn2Own Austin 2021」では、セキュリティ研究者が名声と賞金を懸け、NASやスマートフォン、ルーター、プリンタなどのデバイスの攻撃に挑戦した。どのような結果になったのか。(2021/12/25)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【後編】
「ジェネレーションN」がもたらすシャドーITのリスク “デジタル好き”が裏目に
調査によれば、職場のデジタル技術にこだわりを持つ「ジェネレーションN」は「デジタルに精通している」という自負を持つ一方で、セキュリティリスクに疎い傾向がある。この事実が示す新しいセキュリティ課題は。(2021/12/16)

「メタバース」はビジネスに役立つか【後編】
「メタバース」はWeb会議を超えるか? MetaやMicrosoft、Ciscoが熱視線
Metaだけでなく、MicrosoftやCisco Systemsなどのユニファイドコミュニケーションベンダー各社が「メタバース」の市場に参入している。メタバースでのビジネスコミュニケーションは今後の主流になるのか。(2022/1/17)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【前編】
自称“デジタル強者”の「ジェネレーションN」とは? 彼らが求める「理想の職場像」
専門家が提唱する「ジェネレーションN」は、デジタルファーストの体験を好む集団を指す造語だ。テレワークとオフィスワークを組み合わせて働く人々への調査データを基に、ジェネレーションNの働き方を探る。(2021/12/9)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第1回】
格安ノート「Chromebook」を仕事で使う管理方法と、使う前の注意点
「Chromebook」をビジネスで安全かつ快適に利用するためには、適切な管理が不可欠だ。Chromebookにはさまざま管理方法があり、ニーズに合わせて選択できる。主要な管理方法の概要を紹介しよう。(2021/12/5)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、F5、VMwareの製品に相次いで見つかった脆弱性の正体とは?
2021年8月、大手IT企業数社の製品に脆弱性が見つかった。各社は被害の報告は受けていないというが、セキュリティアップデートの実行を推奨している。脆弱性はどのようなものだったのか。(2021/11/30)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【後編】
ZoomやTeamsに頼らずに、“沈黙マン”からWeb会議で意見を引き出す方法
会議参加者の発言を促すために、Web会議ツールができることには限界がある。Web会議で活発な議論を促す解決策は。技術とマネジメントの両面から考える。(2021/11/30)