2018年06月15日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft Teamsがさらに“Skype化” 機能移行計画に課題は?Skype for Business Onlineの通話機能を実装予定

Microsoftは「Skype for Business Online」の機能を「Microsoft Teams」に移行する取り組みを続けている。新機能を幾つか発表した。いつ、どのような機能が実装されるのか。

[Luke O'Neill,TechTarget]
Microsoft Teams

 Microsoftは「Skype for Business Online」の機能を「Microsoft Teams」に移行する取り組みを続けている。Microsoft Teamsは、データの共有、会議、通話などを行えるチャットベースのワークスペースで、リリースから1周年を迎えた。2018年3月、MicrosoftはMicrosoft Teamsの新機能を幾つか発表した。それらの機能の実装は「2018年後半」になるという。

 2017年9月以来、 MicrosoftはSkype for Business Onlineのさまざまな機能をMicrosoft Teamsに移行してきた。同月に「Office 365」に組み込まれているクラウドベースのSkype for BusinessをMicrosoft Teamsに移行すると発表している。移行プロセスは進んでいるが、依然としてやるべき作業は残っている。特に、エンタープライズ向け音声通話機能はまだ完全に移行していない。

 Microsoft Teamsの主要機能の多く(特に、会議と通話)は2018年の第2四半期末までのリリースが見込まれている。コールパーク、グループ通話ピックアップ、位置情報ベースのルーティング、共有回線などの通話機能については、2018年末までに実装する予定だ。

 Microsoft TeamsとSkypeのゼネラルマネジャーを務めるローリー・ライト氏は、Skype for Business OnlineからMicrosoft Teamsへの移行計画には、70のエンタープライズ向け音声通話機能が含まれていると話す。ライト氏は、そのうち半分の機能は2018年1月までに提供済みで、音声機能の大半は2018年6月までに移行が完了すると説明している。

通話機能の強化を求める

 ライト氏によると、Office 365のSkype for Businessエンタープライズユーザーの70%近くがMicrosoft Teamsを利用し始めたという。しかし、その70%には、Microsoft Teamsに完全に移行した企業だけでなく、サービスをテストしているだけの企業も含まれる。MicrosoftはSkype for Business Onlineユーザーに対してMicrosoft Teamsを並行させて利用するよう求めており、ベンダーとユーザーが一丸となって移行に取り組んでいる。

 特に、Skype for Business Onlineユーザーが懸念しているのが、Microsoft Teamsの通話ツールだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...