2017年10月23日 05時05分 公開
特集/連載

Microsoft Teamsの通話機能に不安な人々 Skype for Businessの代わりになる?Microsoftは移行を発表(1/2 ページ)

MicrosoftがSkype for Business OnlineのMicrosoft Teamsへの移行を発表したが、多くの既存ユーザーがこの通話機能に懸念を抱いており、オンプレミスを好んで選択する可能性がある。

[Luke O'Neill,TechTarget]
「Microsoft Teams」の利用画面(MicrosoftのWebサイトから)《クリックで拡大》

 米国のBuckman LaboratoriesはMicrosoftのクラウド技術に多額の投資をしている。しかし、同社は、「Skype for Business」のオンプレミスインフラストラクチャを有している。同社は「Office 365」のEnterprises E5プランを利用しており、このプランにはオンプレミスPSTN接続を使用したクラウドPBXライセンスが含まれるからだ。

 1800人の従業員を擁するBuckmanはSkype for Businessプラットフォームを世界中のあらゆる拠点に拡大していくと同社の上級コラボレーションシステムエンジニアであるエイミー・マクレンドン氏は言う。しかし、Microsoftは、「Skype for Business Online」を「Microsoft Teams」に置き換える計画を発表した。そのため、Teamsの通話機能の品質およびPSTN接続やハイブリッド環境に対応して動作するか不安だとマクレンドン氏は言う。彼女はMicrosoft Teamsへの移行は「非常に時間がかかる」と思い描いている。

 「通話機能がTeamsにおいてどのように扱われるかはまだまだ不透明です」とマクレンドン氏は言う。「Skype for Businessは通話機能のために引き続き利用されると思います。しかし、通信にTeamsを利用する価値がある場合もあるかもしれません」

 Microsoftが本当の意味で通話機能をTeamsと連携できるようになるまで、Buckmanは当分、Teamsに移行することはないだろうとマクレンドン氏は言う。

Skype for Businessユーザーは移行について熟考中

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。