2017年10月02日 05時00分 公開
特集/連載

「問合せはSlackへ」が可能にSlack、Microsoft Teams、Cisco Sparkが企業間コラボに踏み込む訳 (1/2)

Slackの新機能「共有チャネル」とMicrosoft Teamsの「ゲストアクセス機能」は、共有のメッセージ基盤として異なる会社間のコラボレーションを促進する。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
画像 社内外のコラボレーションを促進

 Microsoftと、メッセージアプリを提供する企業Slackは、2017年9月に同社らが保有するメッセージアプリの新機能を発表した。Slackは同名のアプリにて「共有チャネル機能」、Microsoftは「Microsoft Teams」の「ゲストアクセス機能」だ。これは社内だけではなく、社外の企業とのコラボレーション(業務的な相互接続またはその仕組み)を促進するのが目的だ。

 Slackは、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催したユーザーカンファレンス「Frontiers」にて、共有チャネル機能のオープンベータ版(試用版)を発表した。一方で、Microsoftは同日Office 365顧客向けにMicrosoft Teamsへのゲストアクセス機能を追加した。

 また、Cisco SystemsもMicrosoftとSlackの発表1カ月前に同社のメッセージアプリ「Cisco Spark」を複数の企業、サービス間で相互接続を可能にする仕組み化(ユニバーサルフェデレーション)に取り組んでいると発表した。Spark利用者は、異なる企業間であってもクラウド基盤のソフトウェア内で同じワークスペースに参加し、互いに音声またはビデオ通話を互いに行うことができるようになる。

幅広いコラボレーションへの移行

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...