2018年02月01日 09時00分 公開
特集/連載

脱「Excel」「Word」なら検討したい、本当に使える代替製品/サービス特選プレミアムコンテンツガイド

表計算ソフトといえば「Microsoft Excel」、ワードプロセッサソフトといえば「Microsoft Word」が現在は主流かもしれない。だが、企業でも利用できる堅実な代替製品は多くある。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Excel | Word | Office 365


ダウンロードはこちら

 「Microsoft Excel」や「Microsoft Word」をはじめとした「Microsoft Office」が企業向けオフィス製品の主流だとしても、それだけが選択肢というわけではない。

 Excelの代わりとして最も有名で広く使われているのは、オンラインスプレッドシートの「Googleスプレッドシート」だろう。同アプリケーションは、最新版のExcelほど強力ではないとしても、最もよく使われている機能の多くを備えている。他にもフリーソフトウェアの「LibreOffice Calc」がある。

 また、Wordについても編集履歴の追跡からレガシー互換モード、電子メール「Microsoft Outlook」との連携に至るまで、その機能を他の製品が打ち負かすのは難しい。だが、別の製品を求める企業にとって、現実的な代替が既に存在するのも事実だ。このコンテンツでは、企業利用に耐え得るという基準の下、ExcelとWordの代替製品を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。