「次世代ホワイトボード」はこれまでのホワイトボードと何が違うのか特選プレミアムコンテンツガイド

教室や会議室でおなじみのホワイトボードをデジタル技術で再構築した「次世代ホワイトボード」。主要な製品分野である「デジタルホワイトボード」「オンラインホワイトボード」に注目し、実力を検証する。

2017年12月28日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ホワイトボードの進化版ともいえる「次世代ホワイトボード」が充実し始めた。教室内や会議室内といった、閉じた空間での情報共有やディスカッションで利用されてきた従来のホワイトボード。次世代ホワイトボードはデジタル技術を駆使して、書いた内容を遠く離れた場所にいる人と共有したり、次の授業や会議のために保存したりできる。

 次世代ホワイトボードの主要な製品分野としては、ハードウェアアプライアンスまたはソフトウェアの「デジタルホワイトボード」、オンラインサービスの「オンラインホワイトボード」に大別できる。デジタルホワイトボードは教育機関にとっては「電子黒板」という呼び名の方がなじみ深いだろう。細かい差はあるが、いずれも従来のホワイトボードと同様の用途だけでなく、前述のような時間や空間を超えたコラボレーションを実現する機能を備える。

 次世代ホワイトボードは、教育機関や企業にとってどのようなメリットをもたらすのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料で解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...