GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【後編】
“イベント依存”のキャンペーンは時代遅れ 小売業大手Targetの変革とは?
キャンペーンは年次イベントに合わせて実施する――。こうした“常識”が、ITの進化によって変化しつつある。イベントに依存しないキャンペーンの在り方を模索する、小売業大手Targetの取り組みを紹介する。(2022/7/6)

Web会議ツールの相互運用性【前編】
Teams、Zoom、Webex全部入り「スマホのようなWeb会議デバイス」は夢か悪夢か?
Web会議デバイスでもスマートフォンと同様に、Web会議ツールを選択可能にする――。こうした“夢”に向けてMicrosoft、Zoom、Ciscoが相互運用性の向上に着手した。だがこれは夢ではなく“悪夢”だと見る向きもある。(2022/7/4)

チャットや電話にはない簡単さと利便性
「紙」「電話」「大声」――アナログな現場のやりとりから抜け出すには?
PCを使わないデスクレスワーカーのコミュニケーションは、いまだにアナログな手段に頼るところが大きい。現場コミュニケーションのDXを実現する新しい「音声コミュニケーション」の形とは。(2022/6/29)

多様な働き方に対応するSurfaceの実力とは:
“従業員に優しいデジタルワークプレース”で、なぜ“Surface”が有効か
テレワークやハイブリッドワークといった場所を選ばない働き方を推進する上では、生産性を最大化するPC選びが重要になる。コロナ禍以前からハイブリッドワークに取り組む先進企業の一社であるグリーは何を指針にPC選定をしているのか。(2022/6/28)

ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】
新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方
リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。(2022/6/23)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【中編】
マクドナルドがBTSとコラボした“深い理由”
デジタルチャネルの充実は、企業のマーケティング方針を大きく変え始めている。McDonald'sが進めたアーティストとのコラボレーションも、こうした変化を意識した取り組みだという。どういうことなのか。(2022/6/22)

TechTarget発 世界のITニュース
「OKR」とは何か? Microsoftが語る“組織の連携強化”の鍵
Microsoftは、従業員体験向上を目的としたツール群「Microsoft Viva Suite」にOKRの管理ツールを追加する。組織の連携強化に役立つというが、どのようなツールなのか。(2022/6/22)

「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第4回】
週4日勤務に踏み切ったソフト開発会社が「会議」を減らした“納得の理由”
ソフトウェア開発会社Blackthorn.ioは新たな勤務形態として、給与は変えずに1日9時間、月曜から木曜の週4日勤務制に移行した。この変化に伴い、同社の従業員はどのように働き方を変えたのか。(2022/6/22)

Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【後編】
企業は本当に“従業員監視”をしたがっているのか? 監視以外で本音を知る方法
従業員の考え、本音を知るために従業員監視ツールは役立つのだろうか。こうしたツールを使わずに従業員の本音を知る方法はあるのだろうか。こうした疑問に対する答えを探る。(2022/6/21)

遠隔医療向け機能を強化
医療専用じゃない「Teams」が“病院必携ツール”になるために超えるべき壁とは
「Microsoft Teams」は遠隔医療向けの機能拡充を進めている。専門家はこうした機能が医療の在り方を変えると期待する一方で、改善の余地も大きいと考えている。(2022/6/16)

「感情分析AI」の倫理的問題【前編】
Zoom「感情分析AI」に人権団体が抗議 何を心配しているのか?
複数の人権保護団体が、Zoom Video Communicationsに対して「感情を分析するAI技術」の研究中止を求めて共同書簡を提出した。どのような懸念があるのか。(2022/6/15)

Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【前編】
Amazonが“従業員監視”を計画か その意図は? 法的な問題は?
Amazon.comから流出した内部文書の内容が物議を醸している。同社は業務監視ツールを導入し、従業員同士のやりとりで特定のワードをブロックしようとしているという内容だ。同社の意図とは。(2022/6/14)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【前編】
“コーディングができるだけのソフトウェア開発者”はもう要らない
企業がソフトウェア開発者の採用を推し進める中、ソフトウェア開発者が採用を勝ち取るには、ただ「コーディングができる」だけでは足りないと考える向きがある。ソフトウェア開発者が身に付けるべきスキルとは。(2022/6/9)

DevOpsをやさしくする「DOaaS」という選択肢【前編】
「DevOps」は何がうれしいのか? 根付かない理由は?
アプリケーションの開発と運用のプロセスを融合する「DevOps」が広がりつつある。企業はDevOpsのために何をすべきなのか。それによってどのような恩恵を得ることができるのか。(2022/6/8)

「Zoom IQ」の存在意義【後編】
Zoomはなぜ「Zoom IQ」を生み出したのか? “Zoom離れ”対策か
Zoom Video Communicationsが「Zoom IQ」の提供を決断した背景には、同社のビジネスを左右する“ある状況”がある。それは何なのか。Zoom IQは同社にとって、どのような意味を持つのか。(2022/6/8)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【前編】
ネット時代の“なんちゃって専門家”にどう対処? 自動車大手GMが直面する課題
インターネットの普及は、デジタルチャネルを活性化させるだけでなく、さまざまなチャネルにおいて消費者の購買行動を変え始めている。自動車大手General Motorsが直面している変化とは。(2022/6/6)

TechTarget発 世界のITニュース
Salesforceによるマーケティングと顧客サポートの新機能は何がすごい?
Salesforceは、カスタマーサポートツールとMA(マーケティング自動化)ツールの新機能を発表した。GoogleとGenesysの提携によるデータの統合や、機械学習を活用した機能とは。(2022/6/2)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】
入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか
転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。(2022/5/31)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?
HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。(2022/5/30)

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【後編】
Teamsで電話を使う3大手段「Operator Connect」「専用通話プラン」「ダイレクトルーティング」の違いとは?
Microsoftは「Teams」で電話サービスを使えるようにする方法は幾つかある。「Operator Connect」をはじめとする主要な3つの方法を比較する。(2022/5/27)

FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【前編】
旧富士ゼロックス系の女性プログラマーが「DX」を主導するCIOになるまで
FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOであるヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「人とのつながりを大切にした経営」を重視している。同氏がDX推進プロジェクトを通じて達成したことは。(2022/5/25)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【後編】
バーチャルイベントツールが「生のイベントには程遠い」と感じる理由は?
バーチャルイベントツールは、イベントの臨場感を再現する多彩な機能が特徴だ。そのために全体的な使い勝手が複雑化している欠点もある。改善に向けた業界動向を探る。(2022/5/25)

“暗号化しない”ランサムウェア攻撃集団
コカ・コーラに身代金を要求した親ロ派ランサムウェア集団Stormousの狙いとは?
ランサムウェア攻撃集団「Stormous」はCoca-Colaのシステムに入り込んだと主張している。データを暗号化しないとみられるStormousは、この攻撃によって何を狙っているのか。(2022/5/24)

「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第3回】
「Appleの脆弱性対策にはまだ問題がある」――研究者が抱く“あの疑念”
Appleは「Appleセキュリティバウンティ」で脆弱性の報告を受け付け、報告者への応対の改善に取り組んでいる。一方でいまだに不信感を抱く研究者の声は消えない。どのような懸念があるのか。(2022/5/24)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第3回】
ネットワーク管理者が採用面接で技術力と協働力をアピールできる答え方
ネットワーク管理の採用で企業がまず把握したいと考えるのは、求職者の「技術力」と「コミュニケーション能力」だ。こうした能力を測るために企業がすべき質問と、質問を受けた求職者が答えるべき内容を紹介する。(2022/5/24)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第1回】
攻撃者が教育機関を狙いたくなる“なるほどの理由”
教育機関を狙ったサイバー攻撃が起きている。その背景を探ると、教育機関が攻撃者の標的になり得る理由が見えてくる。なぜ教育機関は狙われるのか。(2022/5/23)

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【前編】
「Teamsで電話」をもっと身近にする「Operator Connect Accelerator」とは?
Microsoftは「Teams」で利用可能な電話サービスを充実させようとしている。その肝となるのが、通信事業者向け支援プログラム「Operator Connect Accelerator」だ。その中身は。(2022/5/20)

「Zoom IQ」の存在意義【前編】
「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘
営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。(2022/5/18)

ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【前編】
戦渦で従業員が疎開――ウクライナのEdTech企業は事業をどう継続したか
ウクライナのEdTechベンダーKeikiは、ロシアによる侵攻の戦渦の中でも事業を継続している。従業員が疎開する中で、どのように業務を進めているのか。(2022/5/17)

「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第2回】
「Appleに脆弱性を報告しても放置される」問題は本当になくなったのか?
セキュリティ研究者の間で、「Appleセキュリティバウンティ」におけるAppleの応対が改善したという意見がある一方、懸念点も指摘されている。何が問題なのか。(2022/5/17)

これからの「Web会議」運用のいろは【第3回】
Web会議では「見た目」よりも「声」を気にすべき理由と、その改善策
Web会議の快適性を左右するのは映像の見やすさだけではない。音声の聞き取りやすさも重要だ。IT部門が「Web会議の音声品質」を改善する上で、知っておくべきトレンドを探る。(2022/5/17)

理想的な「オンライン授業」のつくり方【前編】
「オンライン教育」を“コロナ対策”で終わらせようとしていないか?
インターネットを使った「オンライン教育」の導入が広まりつつある。一方で、その効果的な実施には壁もある。存在する壁の正体と、解決方法を探る。(2022/5/16)

セキュリティにも「シフトレフト」を【後編】
「シフトレフト」をうまくいかせるこつは? 「開発者にセキュリティを丸投げ」は駄目
セキュリティの「シフトレフト」を成功に導くためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者のそれぞれの役割を明確にすることが重要だ。どうすればいいのか。(2022/5/12)

「Microsoft Remote Procedure Call」に脆弱性
Windowsに見つかった「RPC」の危ない脆弱性 パッチ未適用PCは全滅か?
「Windows」の重要なネットワークコンポーネントである「RPC」に脆弱性が見つかった。急速な被害拡大の可能性があると専門家は警鐘を鳴らす。何が危険なのか。実害を防ぐにはどうすればいいのか。(2022/5/11)

「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第1回】
「Appleには協力できない」と嘆いていたバグ研究者が認めたAppleの変化とは?
セキュリティ研究者によると、「Appleセキュリティバウンティ」におけるAppleのコミュニケーションが2022年に入って改善した。具体的にどう改善したのか。参加者の実体験を紹介する。(2022/5/10)

これからの「Web会議」運用のいろは【第2回】
「使い方が分からないWeb会議用機器」が会議室に現れたら危険信号
オフィスの会議室に新しいWeb会議用機器を導入しても、操作や設定が難しいと社内普及は進まない。オフィスワーカーもテレワーカーも平等にWeb会議を利用できるよう、運用管理で気を付けるポイントは。(2022/5/10)

「Microsoft Teams」×「Cortana」で会議改革か
TeamsのWeb会議を快適にしたいなら「Cortana」を使うべし?
オフィス出勤再開の動きを受け、Microsoftが「Microsoft Teams」のさらなる利用促進策として打ち出したのが、音声認識技術「Cortana」との連携だ。TeamsとCortanaの組み合わせは、会議をどう変えるのか。(2022/5/9)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

「重大なバグ」への対処法【第3回】
「いきなり本番で修正」は禁物 問題発生を防ぐバグ修正ノウハウとは?
重大なバグが発生したとき、ビジネス活動に欠かせないシステムを守りたいとIT担当者は考える。ただし、せっかちな対処は逆効果を招く恐れがある。どうすればいいのか。(2022/5/6)

「遠隔会議」「動画ストリーミング配信」を比較【後編】
「Web会議ツール」と「動画ストリーミングサービス」の“決定的な違い”とは?
「遠隔会議」と「動画のストリーミング配信」は互いに似た機能を備えて進化している。技術的には類似性があっても、両者の「体験」は異なる。両者を使い分けるポイントは。(2022/5/3)

NEWS
従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?
OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。(2022/5/2)

「重大なバグ」への対処法【第2回】
バグ修正の成否を決めるのは「連絡窓口の一本化」 それはなぜなのか
重大なバグは発生したら、IT部門に問い合わせが殺到する。それでも冷静に動いて適切に情報発信するための手法がある。緊急時におけるコミュニケーションのノウハウを紹介する。(2022/4/28)

セキュリティにも「シフトレフト」を【中編】
「シフトレフト」にソフトウェア開発者が後ろ向きの理由と、前向きにする方法
セキュリティの「シフトレフト」を実現するためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者の密な連携が鍵を握る。両者間のコミュニケーションを改善する策とは。(2022/4/28)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】
Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?
「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。(2022/4/27)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【後編】
メタバースでのセクハラを防げ――MicrosoftとMetaが本気で対策
メタバースにおけるハラスメントを防止するために、MicrosoftとMetaはVRサービスのハラスメント対策機能を強化した。具体的な機能を説明する。(2022/4/26)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【後編】
コロナ禍で「フリーランスのマーケター」が大人気に?
B2B(企業間取引)マーケティングは、今後どう動くのか。Forrester Researchのアナリストに、マーケターの雇用市場におけるトレンドを聞いた。(2022/4/25)

これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】
会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由
これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。(2022/4/25)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)