営業部門のデジタルシフトが難しい理由
「オンライン営業では稼げない」という誤解、課題の本質と解決策は?
ビジネスのオンラインシフトによって業務における時間と場所の制約が取り払われ、効率的な営業活動が可能になった。しかし、従来の対面コミュニケーションによる営業活動よりもパフォーマンスが落ちてしまうケースがある。それはなぜか。(2022/1/19)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【後編】
EdTechユニコーン企業CEOが感じる、教育業界にはびこる“ITへの拒絶感”とは
ユニコーン企業となったEdTechベンダーGoStudentのCEOは「教育業界にはIT活用を阻む障壁がある」と話す。障壁の正体とは何か。障壁が存在する理由とは。(2022/1/19)

「Web会議にPC処理が追い付かない問題」はなぜ起きる?:
Windows 11のVDIは今までと何が変わるか 検証結果から読み解く
「Windows 11」のVDIは、これまでの設計と比較して何を考慮すべきか。Windows 11のVDIに求められるハードウェア要件や設計の勘所、運用効率化のヒントを技術検証の結果を交えて紹介する。(2022/1/19)

行動監視の是非【後編】
「Amazon Echo」「Spotify」を悪用した“ネットストーカー”の恐ろしい実態
ネットストーキングの加害者は、ストーカーウェア(行動追跡アプリケーション)に加えてさまざまツールを駆使してストーカー行為に及んでいる。その実態とは。(2022/1/18)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第3回】
大手ドラッグストアが実践 「デジタル」と「リアル」の境界線をなくす方法
チャネルをどれだけ多様化させても、それぞれが独立したままでは、顧客に統一感のある体験を提供するのは難しい。マルチチャネルの真価を引き出そうとする、大手ドラッグストアCVS Healthの取り組みを紹介しよう。(2022/1/14)

TechTarget発 世界のITニュース
McAfee法人事業とFireEyeが統合 ユーザー4万社を抱える新会社の課題は?
米国の投資会社はMcAfee EnterpriseとFireEyeを統合した。4万社以上のユーザー企業を抱えることになった新会社は今後、どのようなハードルを乗り越えなければいけないのか。(2022/1/14)

オンラインとオフラインの境界をなくす技術
テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例
テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。(2022/1/14)

アストラゼネカの導入事例
グローバル企業なら絶対使いたい、Workplace from Metaのこの機能
製薬会社のアストラゼネカも利用しているWorkplace from Metaには、複数の国に拠点を持つ企業なら絶対に使いたくなる機能がある。(2022/1/14)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第2回】
「民泊」ブームに乗った貸別荘ビジネス 成功の鍵は?
コミュニケーション手段が多様化する中、企業は顧客に一貫したメッセージを届けるため、複数チャネルの使い分けが必要だ。デジタル化の進展により生まれた「民泊」など新興市場では、そうした戦略がより重要になる。(2022/1/7)

CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【前編】
CIOとCISOはなぜ対立してしまうのか 両者の役割に根差す構造的な理由
リスクを最小化して成果を出すに当たり、CIO(最高情報責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)の協力体制は重要だ。だが両者はしばしば対立する。それは人間性に起因する問題ではなく、構造的なものだ。(2022/1/6)

テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】
コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント
コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。(2022/1/6)

「ハイブリッドワーク」は当たり前になる
オフィス回帰が進んでも「Zoom」がもうかり続ける理由
一部の企業でオフィス回帰が進みつつある中、Zoom Video Communicationsは成長を続けている。同社が分析する「成長の理由」は。(2021/12/28)

無線LANとセキュリティ課題を考える
専門家が解説:ハイブリッドワークで生じたオフィスネットワークの課題と解決法
ネットワークを通じた「リアルタイムコミュニケーション」が求められる今、オフィスに安定した品質の無線LAN環境を提供するとともに、従業員が安全にアクセスするための対策を講じる必要がある。これらの課題をまとめて解決する方法とは。(2022/1/12)

一等地の豪華なオフィスは要らない
従業員が報酬よりも重視する「オフィスに期待していること」
コロナ禍を経験した今、従業員は報酬よりも「ハイブリッドな働き方」を望んでいる。基本的にテレワークを好む彼らがオフィスに期待することとは何か。これを見誤ると離職に直結する。(2021/12/27)

導入のハードル、実はそれほど高くない?
「Slack コネクト」導入前に確認したい、セキュリティとガバナンス確保の道筋
社内コミュニケーションに「Slack」を使っている企業なら、従業員から「社外取引にもSlackを使いたい」という要望が出るのは時間の問題だ。「Slackコネクト」導入時に押さえるべき、セキュリティとガバナンス確保のベストプラクティスは。(2022/1/11)

人とロボットとAIの最適な関係性
事例で学ぶ、クラウド型RPAの威力とコールセンターの課題を解決する方法
コロナ禍を経てコールセンターを取り巻く環境が急変した。チャネルの多様化や在宅勤務への移行といった変化に対応し、サービスを高度化するすべとしてRPAが有効だ。(2021/12/22)

クラウドサービスの脆弱性にCVEは必要か【第3回】
「脆弱性を明かさないベンダー」にセキュリティ専門家がいら立つ“当然の理由”
セキュリティ専門家は、IT製品やサービスの脆弱性をベンダーが公表しないことを問題視してきた。それによりベンダー、ユーザー企業、セキュリティ業界にどのような悪影響が生じると専門家は考えるのか。(2021/12/21)

「Microsoft Loop」とは何か【後編】
「Microsoft Loop」はGoogleの“あれ”に類似? AI技術「Context IQ」とは?
専門家が「Microsoft Loop」に似ていると指摘するGoogleのツールとは何か。「Context IQ」とはどのような技術なのか。共同作業を支えるMicrosoftの製品・技術の“謎”に迫る。(2021/12/16)

英国は「スマホで仕事」が盛ん
「スマホで仕事は無理だ」と思い込んでいないか? ここまで進んだビジネス利用
英国ではテレワークの普及を受け、PCではなく、スマートフォンを使って仕事をする動きが広がっている。「5G」準拠のスマートフォンの充実は、この動きを加速させる可能性があるという。何が起きているのか。(2021/12/15)

「メタバース」はビジネスに役立つか【後編】
「メタバース」はWeb会議を超えるか? MetaやMicrosoft、Ciscoが熱視線
Metaだけでなく、MicrosoftやCisco Systemsなどのユニファイドコミュニケーションベンダー各社が「メタバース」の市場に参入している。メタバースでのビジネスコミュニケーションは今後の主流になるのか。(2022/1/17)

クラウドサービスの脆弱性にCVEは必要か【第2回】
「『CVE』のないクラウド」に専門家が不満な“表の理由”と“裏の理由”
クラウドサービスの脆弱性に「CVE」が付与されないことを複数の専門家が問題視している。どのような見解から専門家は異議を唱えているのか。(2021/12/14)

パッチ適用が難しい6つの理由【第4回】
「パッチ適用の責任者がいない」問題が企業のセキュリティを脅かす理由
パッチ適用は重要な業務だが、実施に際してさまざまな問題が付きまとう。企業はなぜ、危険性を理解していながらパッチを適用しないままにしているのか。3つの課題を取り上げる。(2021/12/9)

「メタバース」はビジネスに役立つか【中編】
Facebook改めMetaが語る「メタバースで働く魅力」と、懸念が残るプライバシー問題
Meta(旧社名Facebook)は仮想3次元空間「メタバース」でのコミュニケーションに意気込みを見せる。一方で専門家は「ユーザーの信頼を得るにはまず、プライバシーへの懸念を解消しなければならない」と指摘する。(2021/12/8)

クラウドサービスの脆弱性にCVEは必要か【第1回】
クラウドサービスの脆弱性に「CVE」がない“なるほどの理由”
IT製品に脆弱性が存在することが判明したら、専門機関が脆弱性に「CVE」を付与することが通例だ。だがクラウドサービスはそうではない。理由を歴史的背景に沿って解説する。(2021/12/7)

国産クラウドベンダーの強み
水インフラ整備のメタウォーターが、あえて富士通のクラウドを選んだ理由とは?
メタウォーターは2011年から富士通のクラウドサービスを利用し、サービスのデジタル化を進めている。選定理由や活用術を、同社の担当者に聞いた。(2021/12/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Skype」を使わなくなった“Zoom以外”の理由
かつて「Skype」はコミュニケーションツールの主役だったが、現在はかつての勢いはない。「Zoom」など比較的新しいWeb会議ツールの普及が影響していることは確かだ。だが衰退の原因は本当にそれだけなのだろうか。(2021/12/3)

顧客の声(VoC)を活用する7つのベストプラクティス【後編】
クリック数稼ぎは無意味 「オムニチャネル」時代のVoC(顧客の声)活用術
顧客の声(VoC)プログラムを軌道に乗せるため、どのような手順で進めればよいのか。前編に引き続き、7つのベストプラクティスのうち残り5つについて紹介する。(2021/12/2)

「Microsoft Loop」とは何か【前編】
Microsoft Loopの理解に必要な「Loopページ」「Loopコンポーネント」「Loopワークスペース」とは?
Microsoftは、「Microsoft 365」のアプリケーションで横断的に使える「Microsoft Loop」を発表した。どのような製品なのか。主要な3つの構成要素を解説する。(2021/12/2)

「メタバース」はビジネスに役立つか【前編】
「ビジネス用メタバース」を始めたFacebook改めMetaは、何を考えているのか?
Facebookは2021年10月に社名を「Meta」に変更し、仮想3次元空間である「メタバース」が今後のビジネスコミュニケーションを大きく変えると意気込んでいる。同社が描くメタバースのコンセプトとは。(2021/12/1)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第1回】
iPhoneの「児童ポルノスキャン」計画を専門家が痛烈批判 何が駄目なのか?
「iPhone」内の画像をスキャンして児童ポルノを検出する機能を、Appleが実装計画中だと発表した。この計画は、人々のプライバシーと安全を危険にさらし、監視への悪用を招く可能性があると専門家は警告する。(2021/11/30)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【後編】
ZoomやTeamsに頼らずに、“沈黙マン”からWeb会議で意見を引き出す方法
会議参加者の発言を促すために、Web会議ツールができることには限界がある。Web会議で活発な議論を促す解決策は。技術とマネジメントの両面から考える。(2021/11/30)

企業の「オペレーショナルレジリエンス」を高める方法【前編】
「オペレーショナルレジリエンス」向上の肝は “回復力”を高める秘策
ビジネス活動の回復力「オペレーショナルレジリエンス」を高める施策に取り組む企業は、どのような施策を打てばいいだろうか。従来の危機管理対策のみにとどまらない、オペレーショナルレジリエンス向上策を探る。(2021/11/29)

顧客の声(VoC)を活用する7つのベストプラクティス【前編】
勝てる組織がやっている「顧客の声」(VoC)の活用法
顧客の声(VoC)プログラムは、うまくやりさえすれば組織にとって非常に有意義なものとなる可能性がある。どのように進めればよいのか。具体策を紹介する。(2021/11/25)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【後編】
「成功するBCP・DR管理職」になる鍵は何? 面接でアピールすべきスキルは?
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職を目指すには、そのためのスキルや認定資格が要る。採用面接の想定質問に沿って、身に付けるべき「武器」を紹介する。(2021/11/25)

失敗を防ぎ最大限の成果を得るには
企業が「クラウド」導入に成功できない4つの理由
クラウドサービスを導入する際には、十分な体制を整えておくことが必要だ。企業が導入プロジェクトを遂行する上で見落としがちな4つの注意点を説明する。(2021/11/23)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

BCP・DRの採用面接を乗り切るために【前編】
「いくらBCP予算が必要か」の狙いは数字ではない いじわるな質問に答えるこつ
企業で「事業継続計画」(BCP)や「災害復旧」(DR)を担当する管理職は幅広いスキルを持つ必要がある。自分が即戦力であることを採用面接でどう伝えればいいのか。質問の具体例に沿ってヒントを探る。(2021/11/18)

ZoomのAPAC市場戦略【後編】
Zoomにとってシンガポールこそが「アジアの要」である理由
Zoom Video Communicationsはシンガポールにデータセンターを開設し、APAC市場に向けた投資を続けている。競合ひしめく市場で、Zoomはどのような成長戦略を描いているのか。(2021/11/18)

「VRM」(ベンダー関係管理)、ありがちな課題と解決策【後編】
サプライチェーンリスク特定のために企業ができるベンダーの「分類」とは?
サプライチェーンリスクの正確な把握は、有事の際に被害を少しでも減らすために重要だ。リスクの特定に有用な、ベンダーの分類方法と対処法とは。(2021/11/18)

コロナ禍で変わったネットワークインフラ要件
無線LANを「クラウドWi-Fi」に置き換えるべき4つの理由
オフィスワークとテレワークの併用など、コミュニケーションやコラボレーション環境の整備に一層の柔軟性が求められている。だが物理機器中心の社内LANがその障害となる例が多い。予算や人に制約がある中、どう解決すればよいのか。(2021/11/18)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【中編】
「会議で一切発言しない“沈黙マン”は『Web会議』で増えた」は大きな誤解
「Web会議参加者の約半数は発言していない」というデータがある一方で、これはテレワークに限った問題ではないと考える人もいる。実態はどうなのか。調査結果から見える“真実”は。(2021/11/16)

会議室を刷新するホワイトボードアプリ【第4回】
ZoomやMicrosoftが力を入れる「ハイブリッド会議」向け製品はこれだ
ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは、リモートの参加者と会議室からの参加者が混在する「ハイブリッド会議」の動向を踏まえた機能強化を進めている。UC市場の雄、ZoomとMicrosoftの製品戦略は。(2021/11/15)

ホワイトボードアプリはコンサル企業の会議をどう変えたか【後編】
コンサル企業が「出社再開でもホワイトボードアプリMURALを使い続ける」理由
ソフトウェアコンサルティング企業Thoughtworksはコロナ禍をきっかけにホワイトボードアプリ「MURAL」を導入した。「オフィス勤務を再開してもMURALを使い続ける」と同社が考える理由は。(2021/11/12)

ZoomのAPAC市場戦略【前編】
「Zoom」を“ただのWeb会議ツール”だと思い込んでいないか?
「Zoom」はWeb会議ツールとしての用途だけでなく、さまざまな業界で顧客接点を作り出すためのツールとして変化しつつある。Zoom Video Communicationsが自社イベントで示した「Zoomのクリエイティブな使い方」とは。(2021/11/11)

「VRM」(ベンダー関係管理)、ありがちな課題と解決策【中編】
「要件が曖昧」「ベンダーの意見無視」「不信感」 失敗する調達担当に足りないもの
ベンダーとのより良い関係構築は、非常時に自社を助けることにもつながる。ユーザー企業がベンダーと同じ方向を向いて業務を進めるためにはどうすればよいか。その方法を探る。(2021/11/11)

“大退職時代”の人材維持・獲得策【中編】
9割の米国企業が支払う「有能人材“引き留め金”」とは?
米国企業は採用難解決のために、さまざまな金銭的インセンティブを用意し始めた。普及しつつある取り組みとは何か。企業の採用における競争力を高める取り組みを探る。(2021/11/11)

「習うより慣れろ」が肝心
ZoomやTeamsで使える「ホワイトボード」機能とは? 使いこなすヒントは
「Zoom」や「Microsoft Teams」に標準搭載されているホワイトボード機能の基本的な使い方を解説する。難しい描画ツールではないので、慣れておくことが肝心だ。(2021/11/9)

CXを高める、コンタクトセンターにおけるRFPの作り方【第3回】
コンタクトセンターが製品導入前に気を付けたい、「RFP」作成後レビューのチェック項目
コンタクトセンターが製品選定前の提案依頼書(RFP)を作る際に重視すべき質問内容は何か。「コスト」「サービスレベルアグリーメント(SLA)」「連携」「アプリケーション」などの観点から解説する。(2021/11/9)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【前編】
Web会議で言いたいことが言えない“沈黙マン”が5割 発言しない「残念な理由」
Cisco Systemsの調査で、Web会議の実施時にリモート出席者の約半数が発言していないことが明らかになった。テレワーク時のコミュニケーションを阻害している要因は。(2021/11/8)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelファイルを複数人で編集したいなら「Teamsの併用」が合理的な理由
「Microsoft Excel」のファイルを複数人で共同編集するには幾つかの手段があります。その中でも有力な選択肢が「Microsoft Teamsの利用」です。それはなぜでしょうか。(2021/11/15)