Web会議の「複数人だと話しにくい」問題を解消する“VR会議”とは?VRの普及は遠くない?【中編】

Web会議はテレワークや遠隔のコミュニケーションを支える手段としてなくてはならない存在だが、参加者が増えるとうまく機能しないことがある。これに悩んだHPEのチームは、VRを活用することにした。

2024年06月19日 07時15分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 Web会議や、対面での会議とWeb会議を同時に実施するハイブリッド会議は、テレワークを実施する組織にとっては便利な手段だ。だが、どういったミーティングにもWeb会議やハイブリッド会議が役立つわけではない。参加者が増えるほど、参加者同士がコミュニケーションを取りにくくなる問題があるからだ。

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)でリードソリューションアーキテクトを務めるロブ・ホンブルグ氏は、Web会議でのコミュニケーションに苦戦していた。そのような時に、ホンブルグ氏はVR(仮想現実)の技術と、VRを使ったあるサービスに興味を持った。

HPEのチームが採用した“VR会議”とは?

 ホンブルグ氏が所属するチームは、世界各地にいる8人のメンバーで構成されている。メンバー同士が顔を合わせる際は、Glue CollaborationのVRサービス「Glue」を使用しているという。チームミーティングだけでなく、戦略会議やポートフォリオ会議にも同サービスを使用する。

 「従来のWeb会議ツールでこれらの会議を効率的に進めることは非常に大変だった」とホンブルグ氏は振り返る。Glueを導入したことで、お互いの存在を共有している感覚が高まり、成果の質も向上したという。こうしたメリットから、HPEでは顧客向けサービスにもVR技術を活用するようになったという。

既存のツールとVRツールを統合

 VRのメリットを実感したHPEは2023年11月、同社の顧客向けワークショップで利用していたオンラインホワイトボードツールのベンダーMiroとVRコラボレーションツールを提供するNaerとの間でパートナーシップを結んだ。これによってNaerのMiro向け統合機能をMiroのマーケットプレースから購入できるようになった。

 Naerの仮想空間内に設置したホワイトボードを、既存のMiroホワイトボードツールと連携させられるため、「仮想空間と現実の作業環境のギャップを軽減するのに役立つ」とMiroは説明している。

 ユーザーは、ヘッドセットとハンドコントローラーを装着してNaerの仮想空間にある洞穴や原っぱに集まる。そこでMiroのホワイトボードを呼び出し、ボタンを押しながらマイクに向けてアイデアを話すと、付箋が自動的に書き起こされるといった仕組みだ。片手を挙げれば、付箋をホワイトボードに貼ることもできるという。

 Miroのシニアプラットフォームアーキテクトであるショーン・ウィンターズ氏は、「Naerはさまざまな景色を見せてくれる、夢のような島」と表現する。例えば、時間設定を切り替えることで空の明るさを調整できる。ブレーンストーミングセッション用にタイマーを設定して、全員が見えるように空に映し出すことも可能だ。

 Naerによると、同社のツールは「企業のオフィスを再現するもの」ではなく「働く人をオフィスから森や島、洞窟へと連れ出す世界を構築するもの」だという。そのためNaer製品のグラフィックスは、意図的に会社を連想させないものになっている。「オフィスや会議室をただ模しただけの仮想空間は、ブレーンストーミングには向かない」とウィンターズ氏は説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...