オンラインとオフラインの境界をなくす技術
テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例
テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。(2022/1/14)

パンデミックで苦境に立たされるFinTech企業
「Zoom」会議で首切り900人のユニコーン企業 何を考えていたのか?
Web会議で900人に解雇を伝えたFinTech企業のCEOが批判を浴びている。一方で人員整理に踏み切るFinTech企業は、この1社だけではない。業界の現状を紹介する。(2022/1/13)

サイロ化した運用、保守 コスト削減はどう実現する?
「ネットワーク監視」から「サービス監視」へ――DXに備える統合監視とは
日本企業はIT、ネットワークの運用に関して多くの課題を抱えている。それに対し、「運用高度化のカギは自動化とサービス監視」と語るのは、ITとネットワークの管理に情熱を傾ける2人だ。本稿ではその対談の様子をお届けする。(2022/1/14)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第5回】
「Google Pixelbook Go」は仕事で使えるか? “Google純正Chromebook”の中身
「Chrome OS」の開発元であるGoogleが、自ら販売する「Google Pixelbook Go」。ビジネス向け「Chromebook」として、Google Pixelbook Goにはどのような特徴があるのか。簡潔に紹介する。(2022/1/9)

テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】
コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント
コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。(2022/1/6)

ギーク向けプレゼント選定ガイド【後編】
「卓上ガーデン」から「芝生水まきマシン」まで 技術オタクがうなる贈り物は?
テレワークを継続中のギークが喜ぶプレゼントとは何か。テレワーク用ガジェットから衣食住の品まで、選択肢は豊富だ。ギークにぴったりのプレゼント選びをお手伝いしよう。(2021/12/31)

「ハイブリッドワーク」は当たり前になる
オフィス回帰が進んでも「Zoom」がもうかり続ける理由
一部の企業でオフィス回帰が進みつつある中、Zoom Video Communicationsは成長を続けている。同社が分析する「成長の理由」は。(2021/12/28)

無線LANとセキュリティ課題を考える
専門家が解説:ハイブリッドワークで生じたオフィスネットワークの課題と解決法
ネットワークを通じた「リアルタイムコミュニケーション」が求められる今、オフィスに安定した品質の無線LAN環境を提供するとともに、従業員が安全にアクセスするための対策を講じる必要がある。これらの課題をまとめて解決する方法とは。(2022/1/12)

テレワークのオペレーター養成のポイント【前編】
コンタクトセンターのテレワーク 課題は「従業員のマネジメント」
オフィスワークが一般的だったコンタクトセンター業界だが、コロナ禍の影響を受け、テレワーク導入を迫られた企業もある。テレワークのコンタクトセンターエージェントをどうマネジメントするか。(2021/12/23)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【後編】
「ジェネレーションN」がもたらすシャドーITのリスク “デジタル好き”が裏目に
調査によれば、職場のデジタル技術にこだわりを持つ「ジェネレーションN」は「デジタルに精通している」という自負を持つ一方で、セキュリティリスクに疎い傾向がある。この事実が示す新しいセキュリティ課題は。(2021/12/16)

「Microsoft Loop」とは何か【後編】
「Microsoft Loop」はGoogleの“あれ”に類似? AI技術「Context IQ」とは?
専門家が「Microsoft Loop」に似ていると指摘するGoogleのツールとは何か。「Context IQ」とはどのような技術なのか。共同作業を支えるMicrosoftの製品・技術の“謎”に迫る。(2021/12/16)

英国は「スマホで仕事」が盛ん
「スマホで仕事は無理だ」と思い込んでいないか? ここまで進んだビジネス利用
英国ではテレワークの普及を受け、PCではなく、スマートフォンを使って仕事をする動きが広がっている。「5G」準拠のスマートフォンの充実は、この動きを加速させる可能性があるという。何が起きているのか。(2021/12/15)

狙われる教育機関 その理由と対策【前編】
「Zoom」も「Teams」も利用不可に 大学がサイバー攻撃で受けた被害とは
サイバー攻撃を受けた英国のハートフォードシャー大学では、教育や研究に必要なさまざまなシステムが利用できなくなった。その広範な影響範囲は。(2021/12/15)

世界に広がる大容量モバイル通信
「5G」ユーザーを急増させた“あの用途” スマホ利用は今後どうなる?
「5G」の契約数とモバイルトラフィックが急速に増加している。新型コロナウイルス感染症は5Gの利用を抑制するよりも、むしろ増大に影響した。今後5G利用を加速させるものとは。(2021/12/9)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【前編】
自称“デジタル強者”の「ジェネレーションN」とは? 彼らが求める「理想の職場像」
専門家が提唱する「ジェネレーションN」は、デジタルファーストの体験を好む集団を指す造語だ。テレワークとオフィスワークを組み合わせて働く人々への調査データを基に、ジェネレーションNの働き方を探る。(2021/12/9)

クラウドの「エグレス料金」を管理する方法【前編】
“クラウド破産”の真犯人? 「エグレス料金」を無視できない理由
クラウドサービスから外部へデータを移動させようとすると、高額の利用料金が掛かることがある。この主な原因は「エグレス料金」だ。(2021/12/7)

オフィスの本流になる無線LAN【前編】
「Wi-Fi 6」ブームが着火した“単純過ぎる”理由
企業の「Wi-Fi 6」への投資意欲が急速に高まっている。パンデミックが広がる中で、企業は具体的にWi-Fi 6の何に目を付けたのか。(2021/12/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Skype」を使わなくなった“Zoom以外”の理由
かつて「Skype」はコミュニケーションツールの主役だったが、現在はかつての勢いはない。「Zoom」など比較的新しいWeb会議ツールの普及が影響していることは確かだ。だが衰退の原因は本当にそれだけなのだろうか。(2021/12/3)

「Microsoft Loop」とは何か【前編】
Microsoft Loopの理解に必要な「Loopページ」「Loopコンポーネント」「Loopワークスペース」とは?
Microsoftは、「Microsoft 365」のアプリケーションで横断的に使える「Microsoft Loop」を発表した。どのような製品なのか。主要な3つの構成要素を解説する。(2021/12/2)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【後編】
ZoomやTeamsに頼らずに、“沈黙マン”からWeb会議で意見を引き出す方法
会議参加者の発言を促すために、Web会議ツールができることには限界がある。Web会議で活発な議論を促す解決策は。技術とマネジメントの両面から考える。(2021/11/30)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

ZoomのAPAC市場戦略【後編】
Zoomにとってシンガポールこそが「アジアの要」である理由
Zoom Video Communicationsはシンガポールにデータセンターを開設し、APAC市場に向けた投資を続けている。競合ひしめく市場で、Zoomはどのような成長戦略を描いているのか。(2021/11/18)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【中編】
「会議で一切発言しない“沈黙マン”は『Web会議』で増えた」は大きな誤解
「Web会議参加者の約半数は発言していない」というデータがある一方で、これはテレワークに限った問題ではないと考える人もいる。実態はどうなのか。調査結果から見える“真実”は。(2021/11/16)

会議室を刷新するホワイトボードアプリ【第4回】
ZoomやMicrosoftが力を入れる「ハイブリッド会議」向け製品はこれだ
ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは、リモートの参加者と会議室からの参加者が混在する「ハイブリッド会議」の動向を踏まえた機能強化を進めている。UC市場の雄、ZoomとMicrosoftの製品戦略は。(2021/11/15)

ホワイトボードアプリはコンサル企業の会議をどう変えたか【後編】
コンサル企業が「出社再開でもホワイトボードアプリMURALを使い続ける」理由
ソフトウェアコンサルティング企業Thoughtworksはコロナ禍をきっかけにホワイトボードアプリ「MURAL」を導入した。「オフィス勤務を再開してもMURALを使い続ける」と同社が考える理由は。(2021/11/12)

ZoomのAPAC市場戦略【前編】
「Zoom」を“ただのWeb会議ツール”だと思い込んでいないか?
「Zoom」はWeb会議ツールとしての用途だけでなく、さまざまな業界で顧客接点を作り出すためのツールとして変化しつつある。Zoom Video Communicationsが自社イベントで示した「Zoomのクリエイティブな使い方」とは。(2021/11/11)

遠隔医療の普及を阻むデジタルデバイド【後編】
患者の本音「遠隔医療は受けたいがアプリの使い方が分からない」にどう向き合う?
米国患者を対象にした調査によれば「遠隔医療システムの使いにくさ」が普及を阻む一因になっている。医療機関と医療ITベンダーは「オンライン診療受診者への技術サポート」にどう向き合うべきか。(2021/11/10)

「習うより慣れろ」が肝心
ZoomやTeamsで使える「ホワイトボード」機能とは? 使いこなすヒントは
「Zoom」や「Microsoft Teams」に標準搭載されているホワイトボード機能の基本的な使い方を解説する。難しい描画ツールではないので、慣れておくことが肝心だ。(2021/11/9)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【前編】
Web会議で言いたいことが言えない“沈黙マン”が5割 発言しない「残念な理由」
Cisco Systemsの調査で、Web会議の実施時にリモート出席者の約半数が発言していないことが明らかになった。テレワーク時のコミュニケーションを阻害している要因は。(2021/11/8)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelファイルを複数人で編集したいなら「Teamsの併用」が合理的な理由
「Microsoft Excel」のファイルを複数人で共同編集するには幾つかの手段があります。その中でも有力な選択肢が「Microsoft Teamsの利用」です。それはなぜでしょうか。(2021/11/15)

会議室を刷新するホワイトボードアプリ【第3回】
電子黒板(IWB)が「今後売れる」と専門家が断言する理由
これまで普及していなかった「電子黒板」(IWB)の需要が、今後高まると専門家はみる。リモート参加者と会議室からの参加者が混在する「ハイブリッド会議」の実現にも役立つIWBは、どのような期待を集めているのか。(2021/11/8)

コロナ禍で身近になった「レジリエンス」【前編】
危機に強い組織の共通点 パンデミックで飲食や医療、普通の会社は何をした?
危機に直面してもシステムが稼働し、業務を続けられるようにするのが「レジリエンス」(回復力)だ。パンデミックを経験した後だからこそ、知っておくべきレジリエンス向上の秘訣とは。(2021/11/2)

CXを高める、コンタクトセンターにおけるRFPの作り方【第2回】
過不足のない「RFP」を作成するこつ 要件定義は社内の声を第一に
コンタクトセンターが技術パートナーを探すときに重要なのが、RFPの作成だ。要件を漏れなく記載したRFPを用意するにはどうすればいいか。(2021/11/2)

遠隔医療の普及を阻むデジタルデバイド【前編】
米国人がPCよりもスマホで「オンライン診療」を受けようとする“切実な事情”
米国の患者はオンライン診療にPCよりもスマートフォンでの接続を好むという。その背景には人種間のデジタルデバイド(情報格差)の影響がある。米国医療機関のCIOが目の当たりにした情報格差の姿とは。(2021/11/1)

会議室を刷新するホワイトボードアプリ【第2回】
「オフィス内の会議室」こそ“テレワーカー視点”で見直すべき理由
リモート参加者と会議室からの参加者が混在する「ハイブリッド会議」で、参加者全員が満足できる会議室を用意するのは難しい。最適解を模索するヒントは、オフィス内の会議室でもテレワーカー視点を忘れないことだ。(2021/11/1)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度上半期)
人のようなチャットbotの問題とは? 「Microsoft 365」「Office 365」は違う?
「データ分析」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度上半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/10/31)

「Windows 11」×「Surface」の実力は【前編】
Windows 11のためのSurface「Surface Laptop Studio」は“あれ”がすごい
「Windows 11」は、「Surface」シリーズにどのような変化をもたらすのか。Microsoftは「Surface Laptop Studio」をはじめとするWindows 11搭載機種を通じて、その方向性を示そうとしている。(2021/10/30)

ホワイトボードアプリはコンサル企業の会議をどう変えたか【前編】
Zoomを使うコンサル企業が、ホワイトボードアプリ「MURAL」を導入した訳
コロナ禍の影響で経営陣の年次会議をオンライン開催せざるを得なくなったソフトウェアコンサルティング企業Thoughtworksは、Web会議ツール「Zoom」に加えてホワイトボードアプリ「MURAL」を導入した。その成果は。(2021/10/29)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度上半期)
無線LANは危ないのか? Windowsやスマホの迷惑プリインアプリを消す方法は?
「セキュリティ」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度上半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/10/28)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【中編】
「電子処方箋」交換サービスがTwilioのAPIを採用した理由 「SMS品質」が鍵に
オーストラリアが電子処方箋制度を開始する際、そのシステムの開発を手掛けたベンダーは、電子処方箋の交換手法としてTwilioのコミュニケーションAPIを採用した。その理由は。(2021/10/28)

「コロナ禍前には戻れない」 変化に適応するか
Zoom、Microsoft、Ciscoが語る「“次のWeb会議ツール”はこうなる」
パンデミックが落ち着く中でオフィスワークへの回帰が見られる一方、会議の在り方は「コロナ禍前には戻らない」とWeb会議ベンダーは語る。ハイブリッドワークへの移行が進む中、Web会議ベンダー各社はどう動くのか。(2021/10/27)

会議室を刷新するホワイトボードアプリ 【第1回】
テレワーク前提時代には“昔ながらの会議室”がそぐわない当然の理由
テレワークの従業員と、オフィスに出勤する従業員が混在する「ハイブリッド会議」は、いまや当たり前の会議手段になった。従来の会議室は、こうした変化に必ずしも追従できていないという。どういうことなのか。(2021/10/25)

Web会議だけじゃない、Zoomの成長戦略【後編】
Zoomの「ホットデスク」とは? フリーアドレスをAIでもっと効率的に
Zoom Video Communicationsはハイブリッドワークやコンタクトセンター向けのサービスや機能を拡充させようとしている。その具体的な内容から、同社が目指す事業拡大の方向性を探る。(2021/10/25)

働き方改革の救世主「ニューノーマルVDI」とは
VDIで「原因不明のCPU高負荷やパフォーマンスの問題」に悩まされるワケ
VDIのパフォーマンスに悩む企業は多い。十分なネットワーク帯域を確保しているにもかかわらず、操作性が低下して業務効率に直接影響を与えるケースが散見されるが、問題の本質はどこにあるのか。有識者に話を聞いた。(2021/10/26)

金融機関のクラウドサービス利用に関する調査結果
Googleの調査で分かった「金融機関がクラウドを使わない“本当の理由”」
金融業界でハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのIT戦略の採用が進みつつある。ただしクラウドサービスの導入状況は金融機関によってまちまちだ。金融機関がクラウドサービスの導入で抱える課題とは。(2021/10/19)

Web会議だけじゃない、Zoomの成長戦略【前編】
Zoomがバーチャルイベント市場も制覇へ 「Zoom Events」強化の狙いは
Zoom Video CommunicationsはWeb会議以外の分野に事業を広げようとしている。具体策の一つが、バーチャルイベント運営ツール「Zoom Events」の強化だ。Zoom Eventsの進化から見える同社の戦略は。(2021/10/18)

「ハイブリッドワーク」への移行に挑む
テレワーク特需で稼いだZoomは、自社の“脱テレワーク依存”をどう進めるのか?
Zoomは自社のWeb会議ツールを使って、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワーク移行に取り組もうとしている。テレワーク特需の恩恵を受けた同社が考える、ハイブリッドワーク移行のポイントは。(2021/10/13)

「Web会議」と「ビデオ通話」の帯域幅【後編】
Web会議用「理想の帯域幅」の考え方 “ビデオ通話”と“同時接続”がヒント
Web会議への良好な接続を維持するには、「ビデオ通話」と「同時接続数」の関係など幾つかの観点を知っておくとよい。社内のWeb会議ツールを理想に近づけるためのポイントとは。(2021/10/11)

ハイブリッドワーク推進企業はどうすればいい?
「Web会議がつながらない」が解雇理由に? 会議トラブルの想像以上の深刻さ
Web会議のトラブルは、企業や従業員に損害をもたらしかねない。どのような損害が発生しているのか。調査結果を基に、Web会議トラブルの影響の実態を探る。(2021/10/8)

Gartnerの調査レポートから
“Zoom依存”さらに進行か 「Web会議」が急増、「対面会議」は“マイナー”に
テレワークの普及は、企業における会議の在り方を大きく変えている。会議といえば対面会議だった時代はもう終わり、Web会議が主要な会議手段としての地位を築きつつあるのだ。Gartnerの調査から、会議の実態を探る。(2021/10/7)