過去記事一覧 (2019 年)

6 月

/tt/news/1906/11/news04.jpg
大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【後編】

米大学がWeb会議「Zoom」で実現、対面の会議が減ると何がうれしい?

Web会議システム「Zoom」を導入したカリフォルニア州立大学。学生や教職員の反応や実体験を通じて、その有効性をどう評価しているのか。

/tt/news/1906/04/news06.jpg
大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【前編】

カリフォルニア州立大が旧式のビデオ会議システムから「Zoom」に乗り換えた理由

カリフォルニア州立大学はWeb会議システム「Zoom」 を全キャンパスに導入した。従来利用していたビデオ会議システムからの移行に至った背景と、その選定理由は何だろうか。

5 月

/tt/news/1905/29/news05.jpg
IoTが変える大学のキャンパス【後編】

大学が「IoT」で“学びやすいキャンパス”を低コストで運営できる理由

大学の設備運用における課題と、その解決策がもたらす大学関係者への影響について、具体的な運用改善事例と共に紹介する。

/tt/news/1905/21/news06.jpg
IoTが変える大学のキャンパス【前編】

大学がキャンパスの建物管理に「IoT」を生かすべき“これだけの根拠”

大学の設備運用における課題と、その解決策がもたらす大学関係者への影響について、具体的な運用改善事例と共に紹介する。

/tt/news/1905/15/news02.jpg
AIが学生の質問に答える

近畿大学が導入した「バーチャルTA」とは? 多忙な教員やTAを楽に

近畿大学は、JIECの問い合わせ返答サービス「manaBrain」を使ったバーチャルティーチングアシスタント(V-TA)を導入した。講師とTAの業務負担軽減や、時間を問わない受講生の疑問解決に効果が見られたという。

/tt/news/1905/09/news02.jpg
開発者向けの「対話型学習」ツールはどうあるべきか【後編】

プログラミング学習で誰もがきっとつまずく「2つの障害」とは?

プログラミング言語学習の手段は、どのように進化するのか。対話型のプログラミング言語学習サイト「Educative」の開発者に、対話型学習ツールの現状の課題と、今後の展望を聞いた。

4 月

/tt/news/1904/30/news01.jpg
AIベースのネットワーク監視ツールを活用

「学生寮の無線LANが遅い」 米大学はPCゲーム好き学生の嘆きにどう応えたか

ニューハンプシャー大学は学生寮のネットワークを有線LANから無線LANへ移行した。その際に直面したのが、無線LANのパフォーマンスの問題だ。どのようにして解決したのか。

/tt/news/1904/16/news05.jpg
開発者向けの「対話型学習」ツールはどうあるべきか【前編】

プログラミングを対話型で学べるWebサイト「Educative」はなぜ生まれたのか

プログラミング言語学習のためのWebサイト「Educative」開発者に、同サイトが生まれたきっかけや、他の対話型学習ツールに対する意見を聞いた。

3 月

/tt/news/1903/01/news06.jpg
先生と子ども両方が恩恵を受ける

西条市教育委員会が「Azure」でクラウド化、業務改善と成績アップを実現

愛媛県西条市は「Microsoft Azure」を導入し、教職員の業務システムのクラウド化を実施。仮想デスクトップによるテレワーク環境を整備することで、業務改善やセキュリティ強化を実現した。

2 月

/tt/news/1902/15/news11.jpg
文法の習得に終始していないか?

最初に学ぶのに最適なプログラミング言語が存在しない理由

開発者が最初に学ぶのに最適なプログラミング言語はJavaだという意見がある。だが本当にそうだろうか。どの言語でも構成要素はほぼ変わらない。

/tt/news/1902/14/news06.jpg
落第しそうな生徒も特定

Qlik Senseを使った教育機関の予測分析は現場に何をもたらしたか

米バージニア州ラウドン郡の学区では、2018年にセルフサービスBIツール「Qlik Sense」を使った教育機関分析の試みを開始した。一人一人に合った教育を提供するための予測分析を、ラウドン郡はどう実現するのか。

1 月

/tt/news/1901/30/news07.jpg
Web出願システムから「UCARO」へ

青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由

青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。

/tt/news/1901/21/news03.jpg
設備やノウハウ不足をどう扱う?

プログラミング教育に不安を抱く先生を救う、専門教材に込められた秘策とは

小学生を対象としたプログラミング教育が注目を集めている一方、教える側の設備やノウハウの不足といった課題がある。この課題を解消すべく、教育関連企業はさまざまな工夫を凝らしている。