女子生徒が感じる「コンピュータ科目が苦手」は大きな誤解だった?コンピュータサイエンスと女子生徒の選択【前編】

英国の大学入学統一試験「GCE A Level」でコンピューティング科目を選択した女子生徒の数は2019年から徐々に増加している。ただしある専門家はこの動きを「納得できる状態ではない」と指摘する。その理由は。

2024年03月07日 08時00分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

教育 | 教育IT


 英国の8つの資格授与機関から成る会員制組織Joint Council for Qualifications(JCQ)は、英国の大学入学統一試験「General Certificate of Education Advanced Level」(GCE A Level)の受験者数や成績を公開している。同組織が2023年8月に公開したデータによると、コンピュータサイエンスを扱う「コンピューティング」科目を選択した受験者数は2022年が1万5693人、2023年は1万8306人だった。

 女子の受験者数は2019年の1475人に対して、2023年には2765人となり増加傾向にある。だが企業向けのオンライン学習サービスを提供するSkillSoft Corporation傘下のSkillSoftでEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域担当バイスプレジデントを務めるアガタ・ノバコフスカ氏は、この状況を「納得できる状態ではない」と指摘する。

女子生徒が感じる「コンピュータが苦手」は誤解だった?

 2023年にGCE A Levelでコンピューティング科目を選択した受験者の中で、成績の最高評価であるA*を獲得したのは全体の5.3%で、2022年の14.5%に比べて大きく減少した。ただし2019年の3.4%と比較すると増加している。性別で比較すると、女子生徒の6.3%がA*を獲得したのに対し、男子生徒は5.1%だった。女子生徒の方がA*を獲得した割合が高いものの、人数は3000人に満たないのが現状だ。

 ノワコフスカ氏によれば、STEM(科学、技術、工学、数学)科目の履修者は依然として男子生徒に偏っており、女子生徒は敬遠する傾向にあるという。消えることのない偏見がGCE A Levelでの女子生徒の科目選択を左右し、進学やキャリア形成にも影響を与えている。「STEM分野が女子生徒に開かれるまでの道のりは長い。STEM分野が女子生徒も歓迎しているという状況を教育機関や企業、政府が共に作る努力が必要だ」(同氏)


 後編は、コンピューティング科目の課題を整理する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。