AWSと英内務省による「謎のクラウド契約」に衝撃が走る その実態とは?英国内務省とAWSの契約更新を巡る議論【中編】

英国内務省が2023年末にAWSと締結したサービス契約料金が「今までにないほどの額」に達していることが、専門家たちの注目を集めている。

2024年03月08日 08時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 英国内務省が2023年末にAmazon Web Services(AWS)と締結した「約4億5000万ポンドの3年契約」の内容が、専門家たちを動揺させている。内務省は以前からAWSのクラウドサービスを利用しているが、今回の契約内容は「今までにないほどの大型案件」だと、専門家たちの注目を集めている。公共事業を専門とするアナリスト企業Tussellが英Computer Weeklyに公開した請求書情報によると、本契約は内務省とAWSの間で締結した契約の中で最大規模のものであり、両者が交わした過去の契約よりもはるかに高額になっていた。

「爆発的に増大する契約金額」に驚く専門家たち

 Tussellのデータによると、2022年における内務省の年間支出は6590万ポンドだった。AWSに対する支払額は2016年時点で87万4691ポンドだったにもかかわらず、2023年には6440万ポンドまで膨れ上がっている。

 前回締結したクラウドサービス利用契約の満了日が2023年12月11日であることと、今回の契約の発効日が2023年12月1日であることを考慮すると、今回の契約が内務省とAWSが過去数年にわたって締結しているクラウドサービス契約の「事実上の更新」であることが見て取れる。

 前回の契約金額は約1億2000万ポンドに上るといわれているが、2023年12月1日から始まる今回の契約金額は約4億5000万ポンドで、ほぼ4倍に増えている。だが内務省が「クラウドサービスのコストは今後3年で急増する」と考える理由は明らかにされていない。

 Computer Weeklyが政府筋から聞き及ぶところによると、契約金額は「確約利用料」ではなく、契約期間中に内務省が実際に使用するAWSサービスの使用状況によって最終支払金額が決まる。契約書に記載のある金額は現時点における評価額に過ぎないと考えられる。

 Computer Weeklyは内務省に対して、今回の契約期間中にクラウドサービスのコストと使用量の増加が見込まれる理由を問い合わせたが、明確な回答は得られなかった。政府が公開する本契約の基本情報には、AWSが内務省にパブリッククラウドサービスを提供する旨を説明しているだけで、この点について推測できる情報は含まれていない。内容は、前回契約の基本情報とほぼ同じだ。

割引に関する契約条項

 一方で、今回のコールオフ契約(注1)に関する文書(個人情報や機密情報を削除してあるもの)によると、内務省はAWSのサービスを割引価格で利用できる旨の記載がある。

※注1 英国の公共機関が資材調達をする際の契約形式の一種。フレームワーク合意に基づき、必要に応じて個別に締結する契約をコールオフ契約(Call-Off Contract)と呼ぶ。今回のようなクラウドサービスのコールオフ契約は、英国政府がクラウドインフラの調達を効率化するフレームワーク合意「Government Cloud」(G-Cloud)に基づいて締結している。

 この割引は英国政府とAWSの包括契約「One Government Value Agreement」(OGVA)によるものだ。内務省がAWSと今回締結したコールオフ契約は、英国政府の調達部門Crown Commercial Service(CCS)が管轄する契約「OGVA 2.0」に基づいている。

 確約利用による割引価格の枠組みを定めている契約「OGVA 1.0」は2023年10月に満了しており、2023年12月1日に更新した契約がOGVA 2.0となる。OGVA 1.0では「政府機関に対して18%の基本割引」「全額前払いでサービスの使用料を支払った政府機関には追加で2%の割引」という割引内容となっていた。2023年12月時点ではOGVA 2.0に基づく具体的な割引率は不明だったが、Computer WeeklyがCCSに問い合わせたところ、「OGVA 2.0に基づいた契約で政府機関が得られる金銭的メリットは、OGVA 1.0のメリットを大幅に上回る見込み」だという。

 「AWSとCCSの間で新たに締結した契約(編注:OGVA 2.0のこと)には、全ての政府機関がその規模や発注量を問わず、AWSから直接、またはライセンス付与されたベンダー経由で、より安価にサービスを利用できる新しい割引構造が含まれている」とCCSは説明する。


 専門家たちは、今回の契約がG-Cloudのフレームワーク合意に基づいていることも問題があると考えている。後編は、その理由について解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。