2021年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

女子生徒が「コンピュータサイエンス」を敬遠の“謎” 英国卒業試験で受験者減女性×ITを英国GCSE受験者動向で考える【前編】

英国のGCSEで、選択受験科目であるコンピュータサイエンスの女子受験者が減少した。総受験者数は増加傾向にあるにもかかわらずだ。女子のみ受験者が減った理由は幾つかある。

[Clare McDonald,TechTarget]

関連キーワード

教育


 2021年、英国の義務教育後の卒業認定試験「GCSE」(General Certificate of Secondary Education)において、選択受験科目の一つであるコンピュータサイエンスの女子受験者数が2020年比で減少した。コンピュータサイエンスの総受験者数は前年比増だったが、女子受験者の数は2020年の1万6919人から約400人減の1万6549人だった。

 GCSEは英国で中等教育を受けたことを証明するための資格で、主な対象は14歳から16歳の学習者だ。一般的には、必修科目や選択科目を2年間学び、試験を受けることで取得できる。成績は、最も良い評価が9、最も悪い評価が1だ。

 eラーニングサービスを提供するSkillsoftで欧州、中東、アフリカ地域のエリアバイスプレジデントを務めるアガタ・ノバコフスカ氏は、コンピュータサイエンスの女子受験者が減ったことについて「残念だ」と述べる。なぜ減ったのか。

コンピュータサイエンスの女子受験者が減った“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...