2021年09月24日 05時00分 公開
特集/連載

学校ITの生命線「ネットワーク」が配電網爆発の巻き添えで停止 何が起きたのか教育コンソーシアムLondon Grid for Learningに聞く

地下配電網での爆発が原因で、ロンドン南東部の教育機関がネットワーク停止に見舞われた。現地の教育機関を束ねる教育コンソーシアムLondon Grid for Learningは、この事態にどう対処したのか。

[Caroline Donnelly,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 2021年7月、英国のISP(インターネットサービスプロバイダー)Virgin Mediaが運用するロンドン南東部のネットワークケーブルが、地下配電網の爆発による損傷を受けた。その影響により、周辺一帯の教育機関や企業、家庭のネットワーク接続サービスが停止。同社は電力会社UK Power Networksと連携してネットワーク接続の復旧に取り組んだ。UK Power Networksは、ロンドン南東部の配電網の管理と保守を担当する電力会社だ。

学校ITを支えるネットワークが停止 何が起きたのか

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...