2021年09月24日 05時00分 公開
特集/連載

学校ITの生命線「ネットワーク」が配電網爆発の巻き添えで停止 何が起きたのか教育コンソーシアムLondon Grid for Learningに聞く

地下配電網での爆発が原因で、ロンドン南東部の教育機関がネットワーク停止に見舞われた。現地の教育機関を束ねる教育コンソーシアムLondon Grid for Learningは、この事態にどう対処したのか。

[Caroline Donnelly,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 2021年7月、英国のISP(インターネットサービスプロバイダー)Virgin Mediaが運用するロンドン南東部のネットワークケーブルが、地下配電網の爆発による損傷を受けた。その影響により、周辺一帯の教育機関や企業、家庭のネットワーク接続サービスが停止。同社は電力会社UK Power Networksと連携してネットワーク接続の復旧に取り組んだ。UK Power Networksは、ロンドン南東部の配電網の管理と保守を担当する電力会社だ。

学校ITを支えるネットワークが停止 何が起きたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...